映画鑑賞メモ保管場所 mottoは簡潔に
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
鳥肌(原題:소름 )  2001年  ☆☆ヽ(*^ω^*)ノ
監督:ユン・ジョンチャン
出演:キム・ミョンミン、チャン・ジニョン





タクシー運転手のヨンヒョン(キム・ミョンミン)は取り壊し寸前のアパートの504号室に引っ越してくる。彼は同じアパートに住むコンビニでアルバイトをするソニョン(チャン・ジニョン)が気になる。ある日ソニョンが血だらけになって現れる、暴力をふるう夫を偶発的に殺してしまったのだ。そしてヨンヒョンは、505号室に住む作家のイ(キ・ジュボン)から504号室で起こった不気味な事件の数々を聞かされる。


興行的にいまひとつだったけど作品の評価は良かったとは聞いてましたが
びっくりです、ものすごく面白かった
映画とドラマって面白さが違うから
そういう意味では今までに見たキム・ミョンミンとは全然違う面白さでした



ミョンミンさんは役になりきるために実際に1ヶ月タクシー運転手の仕事をしたそうです
演じることに対するそういう姿勢は若い頃からだったのね
平凡さと異常さをあわせもつキャラクターを演じるために専門書で心理的な演技を研究し、5kgの減量をしてギリシャ彫刻のような身体を披露(お尻に見惚れました、キュッですキュッ、照)
おまけにちょっと(かなり、笑)色っぽいシーンもありです

主演二人の抑制の効いた確かな演技が素晴らしかった
ジニョンさんはたくさんの主演女優賞を取ったんですね
ミョンミンさんも第2回(2001)釜山映画評論家協会賞 新人男優賞を取ってます



最初はこれはホラーなのか、、と思いながらずっと観てました
どこに向かっていくのかまったく予測がつかなかったけど
ラスト数分でホラー映画だと納得
ドキドキしながら、えっ?えっ?って思いながら
下手すると映画が終わって、ゆっくり考えてから怖い~~~~って気がつく人もいるかも

私は怖さと同時に狂気を帯びたヨンヒョンが切なくて、息が詰まるような思いで観てました
殺人者を愛おしみながら怖がるって初体験(笑)








↓ここから先はネタバレ
徹底的なネタバレです
これから映画を観る人は絶対に絶対にネタバレは見ない方がいいと思います 

>>>Read more

スポンサーサイト

 

 

 

 
Mirror鏡の中(原題:거울 속으로 ) 2003年 
監督:キム・ソンホ
出演:ユ・ジテ、キム・ミョンミン



オープン準備中のデパートを舞台に奇怪な連続殺人事件が起きる
デパートの保安室長のウ・ヨンミン(ユ・ジテ)は刑事時代に鏡に映った犯人を誤認して同僚を失った過去を持つ
ヨンミンは鏡の前で起きたこれらの殺人事件が非現実的で奇異な死の形態であることから、人の犯行でないということを直感する
事件の担当刑事になったハ・ヒョンス(キム・ミョンミン)
ヨンミンのミスで亡くなった同僚は彼の親友だった


 

>>>Read more

 

 

 

 
追撃者(原題:추격자 )  2008年  ☆ヽ(*^ω^*)ノ
監督:ナ・ホンジン
出演:キム・ユンソク、ハ・ジョンウ




観てきました「追撃者」
昨年韓国で500万人を動員し、各賞を総ナメした作品
ハリウッドリメイクも決定
あまりにも評判が良いので思わず確かめてみたくなりまして、、、
連続殺人の話(しかも実在)なので、かなりのグロさであることは覚悟して行って来た



圧倒されて123分間があっという間でした
最後に音楽と共にエンディングロールが流れた時
映画には音楽が必要不可欠なのに
「あれ?この映画、音楽はあったっけ?」と思ってしまった(笑)
それくらい集中して観てたんだね

連続殺人だから、死体もたくさんでてくるし、殺人シーンもあるし
苦手な人にはキツイかもしれないけど
ホラー映画ではないのでドキドキさせる恐怖はなくて
私はそれほどでもなかった

「復活」や「野獣」で観たことがあって味のあるいい役者さんだとは思ってたけど
主人公のジュンホ(キム・ユンソク)が圧巻だったなぁ
正義とかヒューマニズムとは言い切れない、そこまでいかないけど血の通った人としてのまっとうさを感じるというか、警察に拘束されそうになりながらミンギを救うために一人奔走するジュンホにしっかりと気持ちが入った
ミンギの娘の存在を知って気持ちが変化して、突き放しつつ見守りつつみたいなところはあったけど、そのへんの感情の部分はあまり描かれてなかったような気がします
ヨンミンの殺人動機についても同様で(想像させる部分はあったけど断定してないし)
そういうものを省いた分、映画にスピード感がでたのかもしれない
ヨンミン(ハ・ジョンウ)の異常な殺人犯なのに普通の青年にも見えるところがすごくリアルで怖くて、二人の役者さんが作品の完成度をぐっと上げている気がしました



今年の夕張映画祭に行こうかって迷って結局行かなかったんですけど、チェイサーが上映されてナ・ホンジン監督も来てたんですね
△夕張の印象は
「自分がイメージしていた日本と違う、こんな風景の中に住んでいる人たちがうらやましい」
その言葉だけで素敵な監督さんだなぁと思ってしまった

 →→ 「チェイサー」ゆうばりで初上映 ナ・ホンジン監督に聞く(映画の森)



元刑事で今はデリヘルを経営するジュンホ(キム・ユンソク)は、デリヘル嬢2人が消えてしまい契約金を持ち逃げされたと怒る。風邪で休みたいというミンジ(ソ・ヨンヒ)を無理やり行かせるが、失踪した2人と同じ携帯電話からの依頼であることに気付き、ミンジに相手の家についたら電話するように指示するが連絡がなく苛立つジュンホ。偶然衝突事故を起こした男ヨンミン(ハ・ジョンウ)の服に血がついていることに気付く。彼はその電話番号の持ち主だった。 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2009 はっぴーるぴなす別館, all rights reserved.

るぴ

Author:るぴ
復習し再考し記録する
モットーは簡潔に
sutakorasassaなとこは相変わらずです


++sutakorasassa++

日本映画 (133)
韓国映画 (452)
香港・中国映画 (5)
アメリカ映画 (24)
フランス映画 (1)
イギリス映画 (1)
インド映画 (2)
アルゼンチン映画 (1)
その他 (3)
INDEX (20)

このブログをリンクに追加する

海にかかる霧 2015.4.24~ TOHOシネマズ
国際市場 2015.5.16~ シネマート新宿
予告犯 2015.6.6~
海街diary 2015.6.13~
グラスホッパー 2015.11.7~
母と暮らせば 2015.12.12~
猫なんかよんでもこない。2016年

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。