映画鑑賞メモ保管場所 mottoは簡潔に
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
きみに微笑む雨(原題:호우시절)  2009年  
監督:ホ・ジノ、イ・ハノル
出演:チョン・ウソン、カオ・ユアンユアン、キム・サンホ

20100129-11.jpg


原題は「好雨時節」
中国の詩人、杜甫の「春夜喜雨」の一節で
~やさしい雨は降る時を知っていて春の生命をもたらす~という意味だそうです
恋愛もタイミングが大切ってことか(そんなじゃない?)

ストーリはとても単純でこういう雰囲気は嫌いじゃない
竹やぶを歩くところ「春の日は過ぎ行く」でこういうシーンなかったっけ?
映像が綺麗

こうなってくると2人の演技力がとても重要になってくるんだけど
カオ・ユアンユアンさんが素敵でした
ナチュラルに綺麗で韓国の女優さんとは雰囲気が違うなぁ

告白できないまま帰国してしまった微妙な関係だったけど
でも連絡を途絶えさせたのはドンハの方なんでしょ(しかも彼女がいたって告白してるし、笑)
嫌いじゃないけどもう過去のことなんだっていう出会いよね
そのあたりの微妙な関係からすこしずつ変化して
今ドンハに迫られても(?)それに応えられない自分を抑える辛そうな感情とか
なんだかフツーにわかるわかるって思ってしまった
(で、どこにもありそうな話かも、、って今あらためて思ってしまった、笑)

チョン・ウソンは「消しゴム」のときは思わず惚れそうになったんですけどね
今回は、、ちょっと愛が足りない?(ファンの皆さんゴメンナサイ~)
メイを愛してる感じがあんまり伝わってこなかった(迷ってる感じはあったけど)

中国支店長役のキム・サンホが毎度ながら良かったですね
一人で中国に赴任していて、頑張って中国に馴染んで仕事してるけどちょっと人恋しい(韓国人恋しい)
わかっていそうなわかってなさそうな(笑)キャラが面白かった

なにげに「愛にも国籍があるんだ」なんて、自分の人生から得た名言を言ったりして
きっと若かりし頃、留学した中国で恋してそして破れたのね
セリフひとつでいろいろ想像させちゃうんだからニクイ(笑)

ところで、ドンハは中国語がわからなくて、メイは韓国語がわからなくて、支店長は英語がわからない、って設定は面白かったですけどどうして中国が舞台なんでしょうねぇ

ラストのシーンはさもありなんって感じでちょっと照れくさいけど、自転車に乗るって前向きで明るいイメージ
ハッピーエンドを感じさせる映画は嬉しいです

20100131-4.jpg

20100131-3.jpg

20100131-1.jpg

<

出張で四川省・成都にやって来た建築重機会社勤務のドンハ(チョン・ウソン)は
支社長(キム・サンホ)と観光に出かけた杜甫草堂で聴き慣れた声を耳にする。そこで英語ガイドをしていたのは、10年前、留学先のアメリカで知り合ったメイ(カオ・ユアンユアン)だった。お互い恋心を抱いていたが告白できずに帰国し連絡が途絶えていた2人。当時の感情を思い出し惹かれ合うが、メイの表情にはドンハが近づけない影があった。
 
スポンサーサイト

 

 

 

 

仁寺洞スキャンダル(原題:인사동 스캔들) 2009年
監督:パク・ヒゴン
出演:キム・レウォン、オム・ジョンファ

20100128-8.jpg

400年前に消えたある絵の復元プロジェクトが全国民の関心の中で公開される
復元に成功すれば韓国最高額でオークションされることは間違いない
朝鮮時代に実在した画家アン・ギョンの知られざる名画「碧眼図」
その名画を手に入れた美術界の大物ギャラリー「秘門」のぺ・テジン(オム・ジョンファ)は
神の手を持つ復元専門家イ・ガンジュン(キム・レウォン)をスカウトして
400億ウォン相当のその名画の復元作業に乗り出す


複製技術者たちの絵画戦争が始まった!なんてフレーズから
詐欺だろうが殺人だろうがお構いなしで美術品の売買で金儲けをするぺ・テジン(オム・ジョンファ)と、それを守ろうとする若き天才復元専門家イ・ガンジュン(キム・レウォン)の
絵画を巡ってのガチンコ対決かな?
とイメージしつつ観始めたんですけど、、

 

>>>Read more

 

 

 

 
ハッピー☆クリスマス(해피 에로 크리스마스)  2003年  
監督:イ・ゴンドン
出演:チャ・テヒョン、キム・ソナ

20100127-111.jpg

タイトルにクリスマスとついた映画が何本かあって
12月に入ったら観ようと思いつつすっかり忘れてました
チャ・テヒョンつながりと、それからキム・ソナも来日してるっていうから
観てみようかな~って思って
この2人ならって、期待したのが大間違い

原題はハッピーエロクリスマス
別にエロかろうがなんだろうがいいんだけど
ちっともエロくないし
中途半端に出てくるエロがストーリと何の関係があるのさっぱり意味不明
チャ・テヒョン、キム・ソナ、温泉組のヤクザの親分の三角関係がメインで
サイドストーリとして、ドングァンとヘミンの恋物語、ミンギョンの友人のミスコンテスト、アダルトビデオの撮影隊、ヤクザの抗争の話が出てくるんだけど
どれも何の接点もなくて(面白くもなくて)
謎だらけで終わってしまった??????

いい役者さんが出てるのにもったいないよねー
これ、ほんとにシノプス(脚本)があって
納得して出演したんだろうか
とさえ思ってしまう映画でした
最後まで頑張って観たけど途中なんどか意識がモウロウと、、(そこまで言わせるかー




温泉都市の新人警官ビュンギ(チャ・テヒョン)には二つの大きな夢があった。一つは子供の頃からの目標であり彼が警察官になった理由でもあるが温泉組のパン・ソクト(パク・ヨンギュ)を逮捕すること。二つ目はボーリング場で働いているミンギョン(キム・ソナ)のハートを射止めること。一方ミンギョンにはクリスマスの前につきあっている男に振られるジンクスがあり恋愛に対して非常に臆病になっていた。ある日、パン・ソクトはミンギョンにひと目惚れをして猛烈なアタックを始める。ビュンギは二つの夢を叶え、ミンギュンは失恋ジンクスを破ることができるだろうか。  

 

 

 

 
過速スキャンダル(原題:과속 스캔들) 2008年  ☆ヽ(*^ω^*)ノ 
監督:カン・ヒョンチョル 
出演:チャ・テヒョン、パク・ポヨン、ワン・ソッキョン

20100126-11.jpg


韓国では「できちゃった婚」のことを「速度違反」と表現するんですよね
まさに過速スキャンダル

828万人の観客を記録したミラクルヒット映画
面白かった
でも800万人を超えるくらいにすごいかというと、そうでもなかったりして?
でも確かに面白い!(どっちやねん)

いろんな映画があるけど、結局は
シンプルがベスト

全く事前知識なしで(予告編も確認せずで)観たので3人の関係に意表をつかれて驚いたけど(なるほどなるほどって思ったけど)、あとは特別目新しいストーリではないんですよね
なのにこんなに楽しく最後まで観られるのね~☆

3人のキャラクタがあまりにもぴったりで楽しい
チャ・テヒョンの自己チューだけど周りに翻弄される役どころは彼の真骨頂だもんね
気持ちいいくらいにはまってる

パク・ボヨンの天然で傍若無人な女の子が超キュート
ぼさっとした姿で現れたジョンナムがだんだん可愛くなってきて、そして歌が上手いのね
チャ・テヒョンはプロ級(プロかな?)の歌い手だから
まさに二人が歌が上手な遺伝子を持った親子みたいに素晴らしい歌声を聞かせてくれます(孫のソッキョン君も音楽的才能を発揮するし)

そしてなんと言っても最高なのがワン・ソッキョン君
可愛い~☆

1回観てももう1回観たくなるような楽しい映画でございました~

20100126-22.jpg

20100126-33.jpg

20100126-44.jpg




いち時代アイドルスターとして10代の少女ファンを魅了していたナム・ヒョンス(チャ・テヒョン)は現在は30代半ばだが今でも人気があり聴取率第1位を誇る人気ラジオのDJでもある。ある日、ラジオのリスナーだというファン・ジョンナム(パク・ボヨン)が男の子(ワン・ソッキョン) を連れて現れた。彼女は自分はあなたの娘だと告白、その男の子がヒョンスの孫であると告げる。 

 

 

 

 
宿命(原題:숙명)  2008年  
監督:キム・ヘゴン
出演:ソン・スンホン、クォン・サンウ、キム・イングォン

20100125-11.jpg


映画の撮影を見守って公開を心待ちしたファンとしては
レビューしにくいっていうか、ちょっと切ない映画

ソン・スンホン、クォン・サンウという韓流スターの二人を揃えて、さらにチソンも出演ってことで
韓流ファン目的に作られたように揶揄されることもあるけれど
だったらこんな暗いヤクザモノの映画は作らないと思ったりもするのよね

ともかく公開されるまでにトラブル続きの映画で
作ってる時からお金がなくて大変そうだったし
制作会社と出資会社でもめて、さらに日本の版権を購入した会社といろいろあって、、
詳しいことはわからなけど
いろんな意味を含めて切ない
韓国で公開時に映画を観てきたけど
日本では音楽がガラッとかわってます
使われた音楽はぜんぶ素敵な曲ではありましたけど
音楽は映画の大事な要素だから
そのままの形で日本で公開されることが映画にとっては一番良いことだから
そいう意味でもちょっと切ない

スンホンは兵役逃れの騒動から2年間の軍隊生活を送って復帰第一作目
チソンも同じく兵役から帰ってきて最初の作品
サンウは事務所問題からなにからかにから、もうファンも思い出せないくらいの様々なトラブルから抜け出しそうな時にやっと仕事再開した作品だったから
かなりの思い入れを持って作った作品だったんですよね

初の悪役ということで注目されたサンウですが
キャラクタの描かれ方が全然悪役じゃないよね
でも、虚勢をはってヤクザの世界でのし上がっていこうとしたけど(友達を裏切っても)
実は気が小さい小物のチンピラを上手く演じてたと思うんですよね
妹を思う兄のシーンが好きです

キム・イングォンのヤク中毒の演技に関しては言うまでもなく迫力があって素晴らしかった
舞台挨拶で見たときは体型はすっかり丸くなってました(あれが基本体型?笑)
そして、チソンがいいところを持ってったってみんな言うけど
あれれは持ってくでしょ、、、(ちょっとずるい~笑)チソンって低くていい声してるのね

サンウが悪役ができないとは思わないけど
あの声にセッキヤーをあれだけ連呼させると、軽すぎて
ちょっと似合わなかったかなぁ

20100125-22.jpg

20100125-33.jpg

20100125-44.jpg




裏社会から足を洗うつもりでいたウミン(ソン・スンホン)はカンソプ(アン・ネサン)、チョルジュン(クォン・サンウ)、ドワン(キム・イングォン)の仲間4人でカジノ襲撃を決行する。だが、チョルジョンの裏切りによって失敗、ウミンは2年間の服役生活を送ることになる。出所後裏社会に戻った彼が目にしたのは、多くの部下を従えるチョルジュンと麻薬漬けになったドワン(キム・イングォン)の姿。そしてカンソプは行方不明になっていた。 

 

 

 

 
恋する神父(原題:신부 수업)  2004年  
監督:ホ・インム 
出演:クォン・サンウ、ハ・ジウォン、キム・イングォン 

20100125-111.jpg

これ私が初めて映画館で観た韓国映画なんですよね
懐かしい
サンウ見たさで映画館に行ったので
その時はぽーっとしてあまりストーリは記憶になかったかも(笑)

久しぶりに観て、改めてという感想ですが、、

サンウはウブで真面目で泣き虫な神父修行中の学生を楽しそうに演じてますね
そしてアメリカ帰りの破天荒で解放的な女の子はジウォンちゃんのお得意なキャラクタ
これって、当時流行ったハチャメチャな女の子に男の子が振り回されるラブコメのパターンですよね
前半はもっともっとはじけてボンヒがギョシクを振り回す方が笑えてよかったのになぁ

でも真面目なギュシクと不良神学生のソンダル役のキム・イングォンの組み合わせが楽しくて
ちょっととぼけたナム神父役のキム・インムンと共に笑いの部分をカバーしてくれてます

なんといいってもいいのは聖歌隊のシーン
田舎の教会のおばあちゃんたちが結婚式の聖歌の練習をするんだけどこれがすごい音痴で
ギュシクの閃きで神学生の仲間たちを呼んで即席の聖歌隊を結成するんです
「彼女を与えてください」
明るくて健康的で良い歌なんですよね~、とっても楽しい気持ちになります
 (もちろんOST持ってます、笑)

神様に「私にかわいい花嫁(彼女)を与えてください」ってお願いする歌
この映画全体に言える気がするんですけど
ラブコメ風に作られているけれどドタバタ感がなくて
神様に仕えようと誓う神学生が真面目に描かれてると思うんですよね
クライマックスの叙階の儀式のシーンはとても厳かな雰囲気で興味深く観ました
この役を演じるにあたってクォン・サンウとキム・イングォンは
確か実際に神学生といっしょに生活をしたはずですが
検証に基づいて丁寧に真面目に作られた映画だったんだなぁと改めて感じました

因みに
神父と牧師の違いは
神父はカトリック、牧師はプロテスタント
神父はカトリックの聖職者の呼称で神の代理として神と信者の間を仲介する
プロテスタントでは、牧師はあくまでも信者の代表として礼拝をする
牧師は信者を代表する立場なので結婚もできるそうです

ギョシクは神様を取るか恋人をとるかという選択をしたわけで
演じるのはむずかしかったでしょうね

そして、、スーダン姿のサンウはやっぱりカッコよかった

チョ・ジェヒョンが特別出演でちょっとだけ出てますけど
サンウファンの娘にせがまれて一緒に食事した縁で(お礼に)出演とあいなったそうです(笑)
それから、ギュシクとボンヒがわたあめを食べる時に
隣でベタベタしながらわたあめを食べてたカップル
イ・ソンギュンとキム・ヘナ(鏡の中へに出てたらしい、、)なんですよね~
最初は全然知らなくて、今回やっと確認できました(笑)

20100125-555.jpg

20100125-444.jpg

20100125-333.jpg

20100125-222.jpg



品行方正なカトリックの神学生のギュシク(クォン・サンウ)はミサの最中に学友ソンダル(キム・イングォン)のせいで大失敗を起す。2人は罰として田舎の教会で修行をすることになる。教会に到着した翌朝ギュシクが聖堂を掃除していると二日酔いでベンチで寝ている若い女性がいた。この女性は教会の神父の姪のボンヒ(ハ・ジウォン)で恋人と結婚するためにアメリカから韓国へ戻ってきたばかりだった。その日からギュシクの煩悩の日々が始まる。  

 

 

 

 
俺たちの街(原題:우리 동네)  2007年  
監督:チョン・ギリョン
出演:オ・マンソク、イ・ソンギュン、リュ・ドックァン 

20100124-11.jpg

見ていてしんどい映画だった
暗くても重くても大丈夫な方だけど
ちょっと、、
邦題は「俺たちの街」だけどタイトルを直訳すると동네だから
街じゃなくて町内
う~~ん
どうしてこんなにたくさん人が死ぬのを見なくちゃいけないの?
いくら映画とはいえ納得できない、、、

リュ・ドックァン君、「ヨコズナマドンナ」でぽっちゃりと可愛い役をやった翌年に
「息子」と「俺たちの街」に出演したとはね
キャラクタごとに見事に変身する役者さんはたくさんいるけど、これほど激しく変貌する人はいないんじゃないかな
優しそうな青年の雰囲気で登場してラストの狂気溢れる連続殺人犯としての顔(演技)は凄かった
若くて小柄であの風貌なので(どうしても可愛い)殺人シーンも迫力が若干ない感じが否めなくもないけど、でも演技力は抜群
まだ20才だもんねー
これから大人の雰囲気が出てきたらどんな俳優になるのか楽しみです

ストーリはね
正直ね、わかんないなー
と何度も呟きながら映画みてたんですよね
3人の繋がりとか理由とか謎解きとかされてもいまひとつ
どこにも救いがなさ過ぎて
どうしてこういう映画を撮ろうと思ったのか、、
ラストの子供の頃のシーンを見ると
ほんと、救いようがないじゃない?



女性ばかりを狙った連続殺人事件が発生。被害者はすべて両手を縛られ十字架型に吊るされていた。事件の担当となったのは凶悪犯罪課のチェシン刑事(イ・ソンギュン)。何の手がかりも発見できずに苛立ちを募らせていた。推理小説家キョンジュ(オ・マンソク)はチェシン刑事と高校時代の同級生で親友
キョンジュは家賃を催促しにきた大家と口論になったあげく彼女を殺してしまう。町で起こっている連続殺人事件のことを思い出したキョンジュはその手口をまねて遺体を処理し自らの殺人の隠蔽を企てる。
 

 

 

 

 
ヨコヅナ マドンナ(천하장사 마돈나)  2006年  ☆ヽ(*^ω^*)ノ 
監督:イ・ヘヨン、イ・ヘジュン
出演:リュ・ドックァン、ペク・ユンシク、キム・ユンソク、イ・サンア 

20100124-1.jpg

リュ・ドックァン君は映画「息子」で初めて見たときに
賢そうで冷静で凛とした雰囲気もあって存在感のある子役(?)だなぁって思ったんですけど
その前年にヨコズナマドンナで主演してるんですね
当時19才
この映画のために27キロ太ったそうです
恐るべき19才、プロフェッショナルです

オ・ドング(リュ・ドックァン)は仁川に暮らす高校生。ぽっちゃりめの男子だが心は女子。マドンナような女性になることが夢で憧れの日本語教師(草剛)に告白する日を夢見ている。そのために毎日港で力仕事のアルバイトをしてお金を貯めていた。ドングの家庭は酒浸りで暴力沙汰が耐えない父(キム・ユンソク)と弟の3人暮らし。幼い頃に母(イ・サンア)は父に愛想をつかして家を出てしまっていた。ある日「インチョン市杯高校生相撲(シルム)大会」の優勝者には500万ウォンの奨学金が出ることを知る。自分のとりえは力が強いこと、この賞金があれば女の子になれる。ドングは意を決意してシルム部の門を叩く

ドングは男の子なんだけど小さい頃から心は女の子
性同一性障害という重いテーマを持っているんだけど
この映画、さわやかなんですよね
それはドングがこれからの人生に苦労が待っていることを承知の上で
女性として生きていくこと自分らしく生きることに迷いがないからなんだよね

ドングのお父さん(キム・ユンソク)は若い頃はボクシングで有名だったけど
怪我をしてボクシングができなくなってからは自分の人生を否定し続けて生きてきた人
自分が嫌いで自分を認めない人生を過ごしてきた

韓国相撲(シルム)トーナメント大会で優勝を狙う話が映画の中心なんだけど
この父と息子の話がいいんですよね

飲んだくれの父が息子が口紅をさしてるところを目撃してうろたえる(そりゃそうでしょ)
そして息子と激突するシーンがすごくよかった
父は息子が女になるなんてこと頑として認められない
だからバカヤロってひたすら殴る
ガチンコで殴る(ドックァン君、殴られ方上手いよね、笑)
でも殴りながらカードしろ!って教える
理解を示したり優しい言葉をかけたりなんかしないけど
苦しいことがあっても生き抜くんだって殴りながら教えてるみたいで
あぁ父親にはかなわないなぁって思う(母として実感、笑)
そしてキム・ユンソクはいいなぁってまたまた思う

と、まぁ、私の感動ポイントはそこだったんですけど
映画は「ヨコズナマドンナ」というタイトルどおり
相撲(シルム)部を舞台とした高校生のスポーツ青春もの
心は女の子のドングが上半身裸で相撲をとるわけですからなんとも可笑しいわけで
ドングをとりまく部員たちがこれまた可笑しくてコメディタッチで楽しめます

主将役のイ・オンは学生時代に実際にシルムのチャンピオンだった経験があって
ぽっちゃり太った部員たちの笑えるシルムだけでなく
日本の相撲とはまた全然違う躍動感のあるシルムが見られました
この作品の直後に交通事故で亡くなってしまったことが本当に残念で冥福を祈るばかりです

ところで突然出てきて驚いた草君ですが
韓国の人が聞くとどれくらいのレベルの韓国語を話しているのかはわかりませんが
さすがですよね
でも、日本では「人柄の良いつよぽん」というイメージの彼しか見たことがないので
ちょっと違和感を感じちゃいましたね、正直なところ
草薙君がどうっていう意味じゃなくて
韓国映画に出てくる日本人って、韓国人の日本人イメージを見せられるからちょっとしんどいかも(苦笑)

たくさんのテーマがずっしりと詰まっているんだけど
軽く笑って楽しんで観られる映画でした
痩せたリュ・ドックァン君、観なくちゃ

20100124-2.jpg

20100124-3.jpg

20100124-4.jpg

 

 

 

 

 
キム氏漂流記(原題:김씨 표류기)  2009年  ☆☆ヽ(*^ω^*)ノ
監督:イ・ヘジュン
出演:チョン・ジェヨン、チョン・リョウォン

20100121-2.jpg


よくできてる映画でしたね
面白かった
イ・ヘジュン監督は脚本もたくさん書いてきた人なのね
これはヨコズナマドンナを観なくてわ☆
最高

どこに漂流するのかと思ったら
漢江のパム島
漢江の中洲にある無人島で、実際に自然生態系保存地域として指定されているそうです

目の前にはソウル(汝矣島)のビルが並び63ビルが見えて車が走り観光船が通っていく
泳いで渡れるだろーって突っ込むも早々に泳げないことが判明(納得、、、)
携帯電話で助けを求めるが誰も信じてくれない(そのうちバッテリー切れ、、)
そしてそこで野人のように暮らし始めるキム氏(チョン・ジェヨン)

考えつかない発想
無人島で必死なキム氏が可笑しくて可笑しくて(笑)
チョン・ジェヨンの熱演にしばし引き込まれます

自殺しようとするんだけど下痢して便意を催すのよね
まずは自殺するよりそっちが先(笑)
用を足しながら(韓国映画ですからそりゃーリアルです、笑)
目の前にある真っ赤なサルビアに気がついてその蜜を吸うの
そしてその蜜の甘さにキム氏がさめざめと泣くんだけど(やっぱり用を足しながら、笑)
これがいいシーンなんですよね
チョン・ジェヨンさんは良い俳優だ~☆

無駄なものがひとつもないっていうのか
使われてる小道具も全部いいんですよね

人生で初めて持ったマイホームがアヒルのボート
着ていた背広は案山子になって彼の唯一の話し相手
春と秋にある20分間の民間防衛訓練
糞つながりで言うと(笑)鳥の糞さえもそのあと大事なアイテムになります
あひるのボートとお別れするときのキム氏の切ない表情に涙しちゃいました

そしてもう一人のキム氏(チョン・リョウォン)
今まで可愛くて恵まれた女性の役の印象が強かったんだけど
ガラッと印象が変わって、汚くてブサイクにさえ見えた
頑張りましたよね
人を拒否してネットの中だけで存在する引きこもり
ものすごくリアルに描かれてます
人ごとじゃないよね
今の社会、人と関わらなくても生きていけるし
そういう傾向になってる人たくさんいそうだもん

コメディ映画じゃないけどたくさん笑える映画
そして世の中から思いっきりはじき飛ばされたキム氏だけど
二人の心がだんだん変化していって希望があって心が軽くもなる
最後もとってもいい

無人島で孤軍奮闘するキム氏をキム氏が望遠レンズで覗いて
リップルをつけるようにワインボトルでメッセージを送る
(※リップル→ネット上で掲示板やブログにコメントを書き込むこと)
手紙をビンに入れて送るなんて超アナログな行為なのに
二人の関係がネットで人と繋がる今を象徴しててシュールだわ

男性のキム氏は漂流してしまってやむ終えず野人生活を始めて
そのうちそれを楽しみ始めるんだけど
映画の最後になって急展開してアッて思うのよね
いるんだもん現実にこういう人、世の中にたくさん。。。
現実社会に戻ると
キム氏は普通にホームレスなのよ(涙)

韓国だけじゃなくて日本の社会に対する
強烈な風刺の映画でもあったのね
キムさんって韓国では代表的な苗字で
日本でいうと佐藤さんとか鈴木さんとか
つまりどこにでもいる、あなたの漂流記でもあるかもしれないって言いたかったのかなぁ

都会のど真ん中にある二つの不思議な違空間で漂流するキム氏二人
笑って、泣いて
ものすごく楽しめました
これ、久々に満点つけたい映画
10人に会ったら10人に薦めちゃいます☆☆☆☆☆

 

>>>Read more

 

 

 

 
恋の罠-淫乱書生-(原題:음란서생)  2006年  ☆ヽ(*^ω^*)ノ  
監督:キム・デウ 
出演:ハン・ソッキュイ・ボムス、キム・ミンジョン、オ・ダルス 




笑ったー、真面目に笑ったわ(笑)
他の方のレビューをざっと読んだんですけど、これ男性は意外と笑えないらしい
本質を真面目に描いてる、、なんて感想もあって
そっか、、男性は身につまされたりするのかなぁ(よくわかりませんが、笑)
もしかして女性の方が単純に楽しめちゃうんでしょうかね

なんといってもハン・ソッキュとイ・ボムスの共演ですよ
ハン・ソッキュは初の史劇映画ですか?
この映画をチョイスするところがなんとも素晴らしいです
ハン・ソッキュさんが真面目にエロを演じるから面白いんだけど、やっぱり硬い(笑)
いまひとつ笑われる存在になりきってないですねー

そこはもう断然イ・ボムスが光ってました
ボムスさん、上手い~☆
全部面白い
今はかなりスリムになりましたけどちょっと重そうな体でアクションシーンまで見せていただきました

そしてもう一人
楽しませてもらったのは怪しげな小説の発行元(貸本屋)役のオ・ダルス 
彼が良かったですね~
彼を初めて見たのは「オールドボーイ」だったかなぁ
歯を抜かれる役、それだけでも衝撃的なのに、さらにびっくりしたんです、、顔に(笑)
こういう顔した人が映画に出ていいの?って思って(真面目に)←スイマセン、、
あれからいろんな映画でお目にかかりましたけど
今回の役が一番好きだわ

キム・ミンジョンはあまり好きなタイプの女優さんじゃなかったんですけど
綺麗でしたね
キム・ユンソ(ハン・ソッキュ)を誘惑する表情とか黒谷秘事の評判を知って怒る表情とか
ちょっと凄みのある綺麗さでした

アン・ネサンの王様が登場したあたりから物語が急展開して
あれれれれ??
いつから恋愛モノになったの?
いつ二人は恋愛してたんじゃーーーー!って思ってワケワカラズ
チョ内侍(キム・ルェハ)は切なく死んでったんだけど可哀相だわ、あんまり意味なさそうで、、(あらら)
まあ、邦題が「恋の罠」だからそこなんだろうけど
あれはいらない(バッサリ、笑)

などとブツブツ言ってたら
ラストのハン・ソッキュの登場で(島流しになったの?)
ぶははははは~~~
あまりの可笑しさに椅子から転げ落ちそうになりました
だってあんな状況になっても楽しそうなんだもん
 ハン・ソッキュさん、硬いって言ってごめんなさい~~笑(>_<)
そのまま最後まで笑い続けて映画はジ・エンド(笑)

あれ?そういう映画じゃない?

すごく真面目に描いてたと思います
だから笑えたんですよ、きっと

面白かったです、私は(好き嫌いはあると思うのでアシカラズ











李朝きっての名文家として知られるキム・ユンソ(ハン・ソッキュ)は司憲府に勤める実直な官吏、しかし気が小さくて“臆病者”と陰口を叩かれていた。ある日ユンソは唐代の名画を複写してすり替えた事件の捜査のため「義禁府の死神」と称されるイ・グァンホン(イ・ボムス)とともに市場の食器屋に踏み込んだ。その店の奥でユンソが目にしたのは初老の男が書き写していた淫らな小説だった。「戯作者の真髄は夢の中でしか味わえないものを描くことだ」その言葉頭から離れなくなったユンソは官能小説を書き始める 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2010 はっぴーるぴなす別館, all rights reserved.

るぴ

Author:るぴ
復習し再考し記録する
モットーは簡潔に
sutakorasassaなとこは相変わらずです


++sutakorasassa++

日本映画 (133)
韓国映画 (452)
香港・中国映画 (5)
アメリカ映画 (24)
フランス映画 (1)
イギリス映画 (1)
インド映画 (2)
アルゼンチン映画 (1)
その他 (3)
INDEX (20)

このブログをリンクに追加する

海にかかる霧 2015.4.24~ TOHOシネマズ
国際市場 2015.5.16~ シネマート新宿
予告犯 2015.6.6~
海街diary 2015.6.13~
グラスホッパー 2015.11.7~
母と暮らせば 2015.12.12~
猫なんかよんでもこない。2016年

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。