映画鑑賞メモ保管場所 mottoは簡潔に
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
クロッシング(原題:크로싱)  2008年  ☆☆ヽ(*^ω^*)ノ
監督:キム・テギュン
出演:チャ・インピョ、シン・ミョンチョル、チュ・ダヨン 

20100618-1.jpg


札幌シアター・キノで鑑賞
全国拡大 命がけのロードショー!(命がけ?なにかあったんでしょうか、笑)
たくさんの人に観て欲しい映画だわ~
お近くの劇場は公式サイトでチェックできます  →オフィシャルサイト

伝えたいことたくさんある映画
監督の「過酷な現実を知ってほしい」という願いは充分に伝わってきました

監督は脱北者100人以上から話を聞き「正確を期す」ことに力を注いだそうです
融和政策の前政権下では秘密裏に作られ現政権でやっと公開できたとか
日本での公開に際しても紆余曲折あったとかなかったとか、いろんな話が聞こえてきます

そういう部分を抜きにしてこの映画が語れないことは重々承知だけど
映画として楽しんで(楽しんでもいいですよね)
人間の本質を感じる素晴らしい映画だと思いました

父はひたすら家族を守ろうとし
息子は父を信じ、父と約束したのに母を守れなかったことを悔いて
そして父との再会を信じてたった11才の少年が想像を絶する道を進む
国境超え、陰惨な収容所、中国の延辺や瀋陽、モンゴルの砂漠が半端ないスケールの大きさです

過酷な運命の下でも人間が持つ力や家族を愛する心はこれほど強いものだと
魂が揺すぶられる思いでした

炭鉱で働く父キム・ヨンスを演じるのはチャ・インピョ
ドラマ「白い巨塔」のマッチョな外科医が印象的で、映画「木浦は港だ」のヤクザの親分役が好き
一瞬チャ・インピョとわからなかった
彼(ヨンス)はあれからどうやって生きて行くんでしょう
映画を観終わった後もあれこれ考えると涙してしまうくらいキム・ヨンスを見事に演じてました

息子ジュニのシン・ミョンチョル君は膨大な人数のオーデションから選ばれたそうです
風貌がピッタリ
あまりにも過酷な状況なのにジュニの純粋で無垢な存在が物語の重さを少し楽にしてくれてたような気がします
後半、彼が電話で話すシーンは悲しくて胸につまりました

どうか悲惨なエンディングになりませんように、、祈りながら映画を観てました
飛行場のあのラストシーンにしてくれた監督さんに感謝したい気持ちです

キム・テギュン監督はデビュー作が「パク・ボンゴン家出事件」
その後「火山高」「オオカミの誘惑」「百万長者の初恋」と続いて今作品へ
今までの映画とずいぶん違う映画を撮ったのね
これからどんな映画を作っていくのか楽しみです

  追記:映画「裸足の夢」はキム・テギュン監督の作品だったんですね
       ほぉ~~、観たかった


 

>>>Read more

スポンサーサイト

 

 

 

 
月に囚われた男(原題:MOON)  2009年
監督:ダンカン・ジョーンズ
出演:サム・ロックウェル

20100610-555.jpg


宇宙飛行士のサム(サム・ロックウェル)は世界最大のエネルギー企業“ルナ産業”と契約して地球で必要なエネルギー源“ヘリウム3”を採掘するために3年間の契約で月にたった一人で滞在する仕事に就く
地球との直接通信は許されず話し相手は1台の人工知能コンピュータ(ケヴィン・スペイシー)だけ、愛する妻と幼い愛娘の通信映像を見て気を紛らわす毎日
常に孤独感に苛まれた日々だったが任務終了まあと2週間だった
ある日、サムは月面車で事故を起こして負傷し気をうしなう
やがて医務室のベッドで目覚めたサムは自分と同じ顔をした人間に遭遇する


究極の単身赴任(笑)
もうちょっとファンタスティックな映画をイメージしてたけど
全然違いました
自分が存在するってなんだろう、、って考えちゃう

登場人物はサム・ベル(サム・ロックウェル)ただ一人

話相手は人工知能ロボットのガーティーだけ(彼がいろいろ面倒を見てくれる)
月でたった一人で暮らすのは想像を絶することだけど
基地内には運動するシステムもあって
重要な仕事もあって
なによりそれで地球のエネルギー危機が救われてるんだもんね
すごいやりがいのある仕事です

3年の契約期間ももうすぐ終わるし
映画の始まりはけっこう快適だったんです(笑)

それがある事故をきっかけにして
絶対にありえ得ない状態になって
その謎が解けるまでが
この映画の見所でした

ロボット(人工知能)のガーティーとか(声を担当してる人は超有名な俳優さんらしい)
ビデオメッセージで家族は登場するけど
登場するのはサム・ベルだけ
途中から他の彼が登場するけど(さらにもう一人も、笑)
これはすごいアイデアだわ


謎が解けたら

ひたすら愕然として

愕然としたあとには、解決もなにも、、、


派手なアクションもないし
激的な解決もしない
果てしない宇宙で
主人公はひたすら孤独で

あ~~、人間の存在ってナニ?って思う映画でした
アイデアひとつででこんな斬新な映画が作れちゃうんですね

面白かった☆

20100610-222.jpg

20100610-333.jpg

20100610-444.jpg

 

 

 

 

 
火山高(原題:화산고)  2001年  ☆☆☆
監督:キム・テギュン
出演:チャン・ヒョク、シン・ミナ、キム・スロ、ホ・ジュノ 

20100610-1.jpg


 

>>>Read more

 

 

 

 
青春漫画 ~僕らの恋愛シナリオ~(原題:청춘만화)  2006年  
監督:イ・ハン
出演:クォン・サンウ、キム・ハヌル

20100125-1.jpg

この映画が撮影されてた頃は、クォン・サンウファンど真ん中
撮影中から実にたくさんの情報が出てきて韓国で上映されてる時もたくさんのレビューを読んであらすじはほとんどわかってて、やっと日本で公開されて観に行った時は見たことのないシーンは一つか二つくらい、映画の鑑賞の仕方としては最悪だったかも
こんなにいい映画だったのにもったいなかったですよね
久しぶりに観たら本当に面白かった

サンウのおかっぱ頭に注目が集まったけど
ジャッキーチェンに似てるかどうかはわかんないけど
今見ると全然違和感ない

サンウと言えば涙の貴公子って言われてメローのイメージだったり
アクションノワールに挑戦したりしたけど
このジファンの役が一番サンウに似合ってる気がします

20100125-2.jpg

ジファンとダルレの子供の頃がめちゃくちゃ可愛いんですよね
そのふたりが大人になってサンウとハヌルちゃんに成長しても
相変わらず可愛くて負けてない(負けられない?笑)
定職を持たない父と暮らしてるジファンは質素な暮らしをしてるし
ハヌルも病気で動けない父と看病する母と3人で暮らしていて決して裕福じゃない
でも家族を愛して夢も持っていて夢に向かって頑張ってて
悪い人も出てこないし
ストレスのない観ていてホッとする映画です

ジファンのアクションヒーローものから自転車のアクション
ふたりのカラオケシーンと
前半はともかく楽しませて
中盤からあることがきっかけで物語が一転するんだけど

そこがね
あまりにもありきたり、と言えなくもないけど
「青春漫画」というタイトルどおり
物語の展開を楽しむというより
2人のいる世界を漫画のように楽しめます

こういう、そこはかとなく(?)楽しめる映画
いいですね~、好きです☆

20100125-3.jpg

20100125-4.jpg




ジャッキー・チェンを尊敬し世界的なアクション俳優を夢見るジファン(クォン・サンウ)と俳優志望生のダルレ(キム・ハヌル)は喧嘩ばかりするけど何もかも知り尽くした幼なじみ。ある日ダルレにスポーツ万能のボーイフレンドができジファンにはスタイル抜群のガールフレンドができる。互いに微妙なすれ違いを感じつつもかけがえのない友情は変わらない。2人は夢に向かって精一杯の毎日を過ごしていた。
 

 

 

 

 
同い年の家庭教師(原題:동갑내기 과외하기)  2002年  
監督:キム・ギョンヒョン
出演:キム・ハヌル、クォン・サンウ、コン・ユ

20100610-22.jpg


「オオカミの誘惑」「あいつは格好よかった」と同じく
当時流行った(のかな?)インターネット小説が原作の映画

インターネット小説はファンがファン活動の一環として
好きな歌手、映画、漫画などでの登場人物を主人公にして新しい話を創り上げていくことから始まったという話を聞いたことがあります
現実にはありえなさそうで
でもあったら楽しいだろうなぁっていう夢のような話だったりもして
基本はアイドルを楽しむ映画なんでしょうね

初めてこの映画を観た時はクォン・サンウってカッコいい~~!って思ったけど
今観てもカッコいい(*^。^*)
若いし☆

ストーリはあるようなないような、、
ジフンが成績が上がってよかったね、、、だもんね(究極のはしょり方、笑)
クライマックスもスワンの一発逆転の蹴りだし~
最初に観た時は大笑いしましたけどね、、それがクライマックスで(爆)

コンユがこういう役をするってのも今はないでしょうから、そこも楽しめます

余談ですけど
韓国ではチキン屋さんは圧倒的に個人経営が多いらしいだけど、ノウハウが比較的単純で失敗する確立が低いということで通貨危機で失業した人がチキン屋を始めることが多かったそうです
スワンのお父さんもそうだったのかな
でも頑張って働いてたのはお母さんでしたけどね
そういう時代背景もわかると面白いです

20100610-23.jpg

20100610-24.jpg

20100610-25.jpg



父親の失業によりチキン料理屋の娘となったスワン(キム・ハヌル)は大学2年生。学費のため家庭教師のアルバイトをしていたが鏡でスカートの中を覗こうとした生徒ともめ7日目でクビになった。そんなスワンは母親から新たに生徒を紹介される。それがジフン(クォン・サンウ)だった。初日からタメ口で話しタバコを吸いながら授業を受けるジフンにスワンは切れるが学費のためやめることもできない。 

 

 

 

 
1724妓房狼藉事件(原題:1724 기방난동사건)  2008年 
監督:ヨ・ギュンドン 
出演:イ・ジョンジェ、キム・オクピン、イ・ウォンジョン、キム・ソックン

20100609-2.jpg


面白くてビックリ!
予備知識ナシで観たんですけど (韓国でヒットしなかったって知識くらいで、笑)
ジョンジェが壊れてる
変~~
変なのに
壊れてるのに
むっちゃカッコいい~~☆

20100609-7.jpg
史劇なのにチョンドゥン普通に今な感じです

開始早々、劇画になるわ、顔だけ漫画になるわ、スローモーションになるわ
こ、これはナニ?
ともかくジョンジェが変(笑)
ええ~~っ!!!っと驚くまもなく大爆笑しちゃいました

ハチャメチャな感じが「良い奴、悪い奴、変な奴」と似てるけど
馬鹿馬鹿しさ加減はこっちの方が断然突き抜けてて
私は「1724 妓房狼藉事件」の方が面白いです
韓国で大ヒットして日本で派手にプロモーションした映画
まったくヒットしなくて日本でDVDさえも発売されない映画
ナニが違うのか理解できない

テンポがいいんですよね
見たことないジョンジェが活き活きして
これぞ水を得た魚かー
カッコつけないのにカッコいいから本当にカッコいい~
「渇き」で若いの妖しげな魅力に注目したキム・オクピンがやっぱりここでも光ってます
ニヤケ顔で昏睡する親分チャックィが何度見ても笑えるんですけど
この人監督なんですよね
「パク・ボンゴン家出事件」でもこの監督さん夫役で出てたっけ
要所要所でとりあえず出てくる三国志(チョ・ドッキョン←トッコ親分)の動きが可愛い
他にもチョ・ヒボン(最近立て続けに彼を見てる気がする~)がチラッと
ホン・ソクチョン(チャーリー~~、笑)もチラッと
そして「達磨よ、ソウルに行こう!」でお気に入りのイ・ウォンジョンが出てるから嬉しい~☆

なんでもありで
喧嘩になるとCGになってコミック漫画を見てるようなんだけど
不思議なくらいに違和感がない
そうかと思うと
キム・オクピンが足袋に墨を含ませて踊りながら紙に絵を描いていくシーンとか
竹やぶでのラブシーンとか
すごーい綺麗なんですよね

ストーリは単純なんだけど
任侠の世界の心意気はちゃんと描けてるし
で、最後はハチャメチャで終わりつつも
ちゃんと一件落着させて
ラブストーリも完結してる

これってもしかして(笑)
傑作映画なんじゃない?


20100609-3.jpg

20100609-4.jpg

20100609-5.jpg

20100609-6.jpg




1724年景宗末期。日々喧嘩に明け暮れる一匹狼チョンドゥン(イ・ジョンジェ)は拳一つで麻浦を守ってきた。間違えて麻浦の娼館「名月香」に送られてきた朝鮮最高の妓生ソルジ(キム・オクビン)に一目惚れするが彼女は最高級娼館ピル区の「名月香」の妓生だった。そんなある日、チョンドゥンはひょんなことから麻浦を支配するヤンジュ派親分チャックィ(ヨ・ギュンドン)とシマを賭けて闘い昏睡状態にしてしまう。チャックィの子分チルガプ(イ・ウォンジョン)は約束を守りチョンドンを臨時の親分に祭り上る。嫌がるチョンドンだったが全国ヤクザ会議がピル区の「名月香」で開かれることを知り、ソルジに会えると引き受けてしまう。名月香の主人マンドク(キム・ソックン)は186人を相手に闘ったことがあるというツワモノ。2人はソルジを巡って対立、闘いはチンピラたちを巻き込み、やがて国王も無視できないほどの大騒動となる。 

 

 

 

 
オーバー・ザ・レインボー(原題:오버 더 레인보우)  2002年  
監督:アン・ジヌ
出演:イ・ジョンジェ、チャン・ジニョン

20100608-11.jpg


見所は、雨の中でイ・ジョンジェが傘を持ってバート・バカラックふうに踊るダンス??

きっと頑張って練習したんだろうなー
上手だったけど、見てるこっちがちょっと照れくさかった

イ・ジョンジェもチャン・ジニョンも大好きな俳優だから
はい、最後までちゃんと見ましたけど
なんだかも~やも~やする映画だった

ジンスが事故後に覚えのないことが起きる(記憶がない)あたりは
ちょっとサスペンス風かと思ったけど
すぐに謎が解けちゃって
だって誰がどう考えても相手は彼女しかいないんだもん
あとは綺麗に謎が解けるのを見守るしかないんだけど
それがまどろっこしくてまどろっこしくて(笑)

現在と学生時代が交互に出てくるのもちょっとややこしかった

それでも最後までそこそこ楽しんだのは
やっぱりイ・ジョンジェとチャン・ジニョンだからかなぁ
2人を見てるだけでけっこう楽しかった

20100608-22.jpg

20100608-33.jpg

20100608-44.jpg



お天気キャスターのイ・ジンス(イ・ジョンジェ)はある雨の夜に交通事故に遭ってしまう。幸い大きなケガには至らず職場復帰を果たしたジンスだったが髪の長い女性の幻覚を見たり不安定な状態が続き医者から部分記憶喪失と診断される。幻覚は失われた重要な記憶を蘇らせようとする無意識の現象だった。そこでジンスは失われた記憶を探るため大学時代のサークル仲間カン・ヨニ(チャン・ジニョン)に助けを求め、髪の長い女性の記憶を辿る2人の共同作業が始まる。 

 

 

 

 
シングルス(原題:싱글즈)  2003年  ☆ヽ(*^ω^*)ノ 
監督:クォン・チリン
出演:チャン・ジニョン、オム・ジョンファ、イ・ボムス、キム・ジュヒョク

20100608-1.jpg


やられちゃましたね
チャン・ジニョンの魅力に
なんて可愛いんだーー
役に全力にぶつかってる感じ
でもすごく自然に演じてる

いい女優さんでしたね、、もっとたくさんの作品を見たかった
本当に残念です

20100608-3.jpg

初めてオム・ジョンファを見たのは「どこかで誰かに何かあれば間違いなく現れるMr.ホン」で
顔の不自然さばかり(ミアネ)が気になって苦手かなぁって思ったんですけど
「ホロビッツのために」に続いてこの「シングルス」でファンになりました
こういう元気な普通の女性を演じる彼女は可愛い

若いボムスさんのロン毛もなかなかです~(笑)
主役でもこうして脇役やっても、ちょうどいい感じにそこにいるのよねボムスさんって
キャラクタとして強烈に迫ってくるわけじゃないけど
すごく魅力的
毎回言うけど、ほんっとボムスさんっていい☆

ラストは小説「肩ごしの恋人」を思い出したりしたんだけど(映画は見てないんですけどね)
なんとっ!
これ、鎌田敏夫の「29歳のクリスマス」が原作なんですね
っていうか、ドラマをほぼ踏襲してるらしい
私でさえタイトルを知ってる有名なドラマを見てないから比較できないけど
面白かったー
元気をもらって私もガンバロって思えたし(年のわりには思考が素直なので、笑)
娘にも見せなくちゃって思いました

20100608-2.jpg

20100608-4.jpg

20100608-6.jpg



デザイン事務所に勤める29才のナ・ナン(チャン・ジニョン)は頭に円形脱毛を発見した。不吉な予感は的中、恋人から一方的に別れを告げられ会社では左遷される。ナンの親友イ・ドンミ(オム・ジョンファ)は恋愛に関して自由奔放な女性。自分の企画を男性社員に横取りされ、おまけにセクハラで迫られたドンミは啖呵を切って会社を辞める。ドンミのルームメイトのチョン・ジュン(イ・ボムス)。年下の彼女がいるが「いい人」と褒められ結婚までのつなぎ的存在でしかない。ナンと同じビルにある証券会社に勤めるスホン(キム・ジュヒョク)。ときどきすれ違うナンが気になり彼女が働くレストランに通い始める。 

 

 

 

 
私のちいさなピアニスト(原題:호로비츠 위하여)  2006年   
監督:クォン・ヒョンジン
出演:オム・ジョンファ、シン・ウィジェ、パク・ヨンウ 

20100604-1.jpg


ストーリはシンプルなんだけど
シンプルでいいんだなぁ
こんなに素敵な映画ができるんだなぁって思いますね
思ったとおりに物語が進んで
思ったとおりの結末なのに
自然に感動して楽しめて、気持ちがほっこりしました

ユン・ギョンミンを演じたシン・ウィジェ君は子役俳優じゃなくて
実際に7歳からピアノを始めて9ヶ月目で全国大会で優勝したんだそうです
実際に弾いてるもんね
あまりにピアノが上手なので俳優じゃないだろうとは思ったけど
ジスと別れたくないと泣いたシーンは迫真の演技でした
っていうか演技に見えなかった
ジスがギョンミンを見送ったあとピアノの前で泣くシーンもすごくよかった
胸打たれる感じ

クリスマスの日
音楽家が集まるホームコンサートにちょっと気後れして行って
ギョンンミンがすごく素敵にピアノを弾いて
2人で雪の中を走って帰るシーン
綺麗でしたね~

裕福でない家庭に育ったジスは
両親や兄が苦労して音大に行かせてもらったけど留学するまでのお金はなくて
結局才能にも限度があってピアニストにはなれなかった
そのヒロインの挫折がとても上手く描かれてます

祖母に暴力でしつけられながら育ってられたキョンミンは
そこには祖母の深い愛情があったことや
キョンミンがライトに怯える理由も最後のほうでわかるんだけど
おばあちゃんとの関係がもっと丁寧に描かれてたらもっと良かったかもしれない

そして、ジスに憧れるピザ屋の店主のグァンホ(パク・ヨンウ)が優しくて凄くいい~☆
自信がないからいつもアハハって大きな声で笑うグァンホ
コンクールに失敗したキョンミンを責めるジスに
「ピザを焼く時にたまに失敗して焦げることがあるけど、焦げたピザに怒ったりはしない」って
励ましになっているのかなってないのかわからないんだけど(笑)
そういうのたまんないんですよね~(ヨンウファンなので(^^ゞ)

20100604-6.jpg

20100604-5.jpg

20100604-3.jpg

20100604-2.jpg

20100604-7.jpg



ウラジミール・ホロビッツに憧れピアニストを夢見るジス(オム・ジョンファ)。ともに音楽を学んだ友人たちが華やかに活躍する中、ピアニストとして大成出来なかったジスは、取り残されたようにソウルの郊外でピアノ教室を開く。ある日彼女は近所に住む7歳の問題児キョンミン(シン・ウィジェ)が“絶対音感”を持つ天才だと気付く。ジスは彼をピアノコンクールで優勝させ自らもその教師として名声を得ようと彼の猛特訓を始める。 

 

 

 

 
偶然ですが、妻の恋人に会うとチョ・ウンジ繋がりとなりました~☆

死んでもハッピーエンド(原題:죽어도 해피엔딩 )  2007年  
監督:カン・ギョンフン
出演:イェ・ジウォン、イム・ウォニ

20100603-11.jpg

これね、あまりの面白さにぶっ飛んで
そのままヨンウファンになっちゃった
映画「甘く、殺伐とした恋人」に似てるのかなぁ?って期待して観たんですけどねぇ
冒頭でジウォンが観ていたTVにパク・ヨンウとチェ・ガンヒが映ってたから
ほらほらやっぱりーー!!!ってさらに期待したんですけど

残念、、ちょっと乗りそこねました(笑)

1998年に公開されたフランス映画「シリアル・ラヴァー」のリメイク作品だそうです
最初の殺人(殺人じゃないけど)が起きた後あたりが、どーも不自然に感じて
違和感持っちゃったらあとはダメね、、
ストーリは面白いし
出てくる役者さんたちもかなり面白いから
あんまりゴチャゴチャ言わないで、がはは~って笑うつもりで観るといいのかも
シモネタも交えつつのドタバタギャグは笑えなくもなかった(←何故笑ったと書かない!笑)

最初の死に方は「ワイルド・アニマル」のパロディなんですね
映画の中でもキム・ギドクの話をしているし
突然貞子が出てきたり
キムチ冷蔵庫に死体を隠そうとしたり
そのあたりのパロディが楽しめるかどうかでしょうかねー
面白いか面白くないかの境目は(そんな境目があるのか~~?笑)

ユ教授って「甘く、殺伐とした恋人」でキムチ冷蔵庫に入れられちゃったヤクザでした
なんか繋がりあるの?
今回もムッチャ汚かった、どうもあれだけは苦手だわ、、慣れない(笑) 慣れるのか?


20100603-12.jpg

20100603-13.jpg

20100603-14.jpg



カンヌ映画祭で主演女優賞を受賞した女優ジウォンは授賞式を控えて心躍らせていた。クリスマスイブのその日、4人の客が自宅にやってくる。アメリカ人ハーフのデニス(リチャード・キム)、無知な暴力団ボスのチェ(チョ・ヒボン)、俗物知識人のユ教授(チョン・ギョンホ)、小心者のパク監督(パク・ノシク)。事前の連絡もなくやってきた男たちはジウォンにプロポーズするが、何故かジウォンの前で次々に不慮の死を遂げる。ジウォンは殺人を揉み消すためさまざまな努力をするが、マネジャーのドゥチャン(イム・ウォニ)と死体処理に躍起になっている間も招かれざる客の来訪は続く。 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2010 はっぴーるぴなす別館, all rights reserved.

るぴ

Author:るぴ
復習し再考し記録する
モットーは簡潔に
sutakorasassaなとこは相変わらずです


++sutakorasassa++

日本映画 (133)
韓国映画 (452)
香港・中国映画 (5)
アメリカ映画 (24)
フランス映画 (1)
イギリス映画 (1)
インド映画 (2)
アルゼンチン映画 (1)
その他 (3)
INDEX (20)

このブログをリンクに追加する

海にかかる霧 2015.4.24~ TOHOシネマズ
国際市場 2015.5.16~ シネマート新宿
予告犯 2015.6.6~
海街diary 2015.6.13~
グラスホッパー 2015.11.7~
母と暮らせば 2015.12.12~
猫なんかよんでもこない。2016年

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。