映画鑑賞メモ保管場所 mottoは簡潔に
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
4人の食卓(原題:4인용 식탁)  2003年  ☆☆ヽ(*^ω^*)ノ
監督:イ・スヨン
出演:パク・シニャン、チョン・ジヒョン、ユ・ソン

20100830-5.jpg


これはかなり面白いです
「箪笥」も良かったけど、こっちの方がさらに上いく面白さでした
やっぱりこれもホラーじゃないよね
心霊心理サスペンスとでも言いますか

この世に存在するものは目に見えるものだけでなくて
現実に人それぞれの目に映る形だって、自分にはこう見えてても他人には違う形に見えるかもしれないし、全部が同じじゃない
個々の記憶だって他人には見えなくてもそこには存在するし
事実かそうじゃないかなんて本当のことはわからない
「受け入れられない事実は事実じゃない」
逆を言えば「受け入れれば事実は事実」ってことよね

最初は、地下鉄でたまたま遭遇した少女毒殺事件にジョンウォン(パク・シニャン)が霊を見るくらいに動揺するのかが不思議だったんだけど
彼が忘れていた潜在意識で罪を感じたんだわね

パク・シニャンとチョン・ジヒョン
「ホワイト・バレンタイン」は1999年だからそれから4年後の共演
その間「猟奇的な彼女」などで大ブレイクしたチョン・ジヒョンが、この映画を選び、精神科で嗜眠症(しみんしょう)の治療を受けるヨンの役を見事に演じてます
パク・シニャンもやっぱり上手いなぁ

ラストシーンが印象的
4人かけの食卓でジョンウォンが投身自殺したヨンと母親に毒殺された少女二人といっしょに
食事をする
彼は事実として受け入れたのね
ってことは、目があったのかもしれないってことね
、、、ちょっとぞくっとしました

 

>>>Read more

スポンサーサイト

 

 

 

 
グエムル 漢江の怪物(原題:괴물)  2006年  ☆☆ヽ(*^ω^*)ノ
監督:ポン・ジュノ
出演:ソン・ガンホ、ピョン・ヒボン、パク・ヘイル、ペ・ドゥナ 

20100830-1.jpg


面白かった
韓国では大ヒットでも日本では散々、、なんて聞いてたから、あんまり期待しないで見たんですけど、期待して見てもしないで見ても、どっちで見てもこれは面白いと思うわ
怪獣映画なんていうと昔の「ゴジラ」とか「モスラ」(ザ・ピーナツが出てる方ね)とかね
今思うと笑っちゃうような特撮なんだけど怖かったのよね、子供心に夢に出るくらい怖かった

でも、この映画は怪獣映画と言うより家族の映画よね
怪獣は凝った造形で不気味なんだけど襲われる怖さとかあんまり感じない
そしてアメリカ批判だったり、政府批判だったり、社会風刺だったり
「ほえる犬は噛まない」を思い出します
何の力もないどっちかというと間抜けな家族が高校生の娘ヒョンソを助けるために必死になるんだけど、必死さよりも可笑しさの方が勝ってて、大事なところでずっこけて脱力して笑う感じ、、好きだわ~

パク・ヘイルってこんな顔だし(どんな顔?)
笑わせる役ってイメージなかったんだけど、「そういえばグッドモーニング・プレジデント」で反則ワザのおならで爆笑したんだっけ
今回もなーんかそこはかとなく可笑しいのよね
家族で逃げ出して指名手配されたときに、あんたは特徴がないからニュースで名前がでないって言われてて可笑しかった
それとね、カンドゥ(ソン・ガンホ)の写真が無茶苦茶人相悪くて笑えた~
そんなちっちゃな笑いどころがあちこちにあるのよね

国はありもしないウィルス対策に右往左往して、怪物を追うより感染家族をひたすら追ってただけで、結局、怪物をやっつけたのは、火炎瓶とホームレスがかけたガソリンと、致命傷はナムジュ(ペ・ドゥナ)の放ったアーチェリーの矢
アメリカ介入でイエローガス噴射に反対活動が始まって、肝心の怪物からは本末転倒して大騒ぎになってるところが笑えました

 

>>>Read more

 

 

 

 
スカーレットレター(原題:주홍글씨)  2004年  
監督:ピョン・ヒョク
出演:ハン・ソッキュ、イ・ウンジュ、ソン・ヒョナ、オム・ジウォン

20100829-10.jpg

観終わった後、こんなに疲れた映画は初めてだわ
ラストの壮絶さと予想外の種明かしで驚いてヘトヘトでした
衝撃度では断トツだけど
決して後味がいいとは言えない

この映画が遺作になったから、ということだけじゃなくて
イ・ウンジュの存在感が圧倒的でした
何かに耐えているような役が多かったけど今回もそうで
悲しげで、そしてものすごく可愛いかった
この若さでここまでこういう存在感をだせるって稀有だと思う

この映画のいいたかったことは何?
罪と罰?
どうしてカヒ(イ・ウンジュ)だけがすべてを引き受けてあんな最期を迎えるかなぁ

ハン・ソッキュは好きな俳優なんだけど今まで感じたことがないような印象を受けました
作品の中の役割で印象もかわるから上手く言えないけど
キャラクタの作り方が作為的に感じて、、
オペラに陶酔しながらクルマを走らせる登場シーンからそれはあった

インパクトの強さからいったら凄くて注目度も上がるだろうけど
できればこれ以上は勘弁して、、、と思った映画でした

20100829-11.jpg

20100829-12.jpg

20100829-13.jpg

20100829-14.jpg



ギフン(ハン・ソッキュ)は従順な妻スヒョン(オム・ジウォン)と美しく情熱的なジャズシンガーの愛人カヒ(イ・ウンジュ)の間を自由に行き来し、じきに子どもが生まれる喜びをかみしめ、優秀なエリート刑事としての仕事も順調、まさに順風満帆な人生を謳歌していた。ある殺人事件が発生、容疑がかけられた被害者の妻のギョンヒ(ソン・ヒョナ)が謎めいているため解決の糸口がみえず難航する。 

 

 

 

 
下流人生(原題:하류인생)  2004年  
監督:イム・グォンテク
出演:チョ・スンウ、キム・ミンソン

20100829-5.jpg

1950年代末から1970年代初にかけての政治的、社会的混乱期を生きた男の波乱万丈な人生の物語


 

>>>Read more

 

 

 

 
H [エイチ] (原題:에이:치)  2002年  
監督:イ・ジョンヒョク 
出演:ヨム・ジョンア、チ・ジニ、チョ・スンウ 

20100828-6.jpg


「カル」みたいにたくさん死体が出てくるね~
カルはそんなに気にならなかったのに今回はちょっと嫌だったのは
被害者が女性や胎児だからでしょうか
いや、別に男性ならいいって言ってるわけじゃないですけど

女性の生理周期で殺人事件が起きるなんて
興味をそそりそうだけど、なんだか現実離れした話で
なによりシン・ヒョン(チョ・スンウ)の生い立ちが
ん~~~
まっ、そういうことを言うある種の精神異常なら理解できるけど
などと思いつつ見てたわけですが
ラストにきてビックリ
そんな結末になるとは素直に驚きました

ラストのラストは、またまたえっ???
なんでーー?って思ったけど
自殺した恋人と同じ苦しみを持って欲しくなかったから?
ぐらいしか思い浮かびませんが、、、
あれ?恋人も催眠術にかけられたって思ったんだけど
違うかな?

でもミヨン刑事と自殺した刑事との話ってほとんど語られなかったし
最後にあーなるのならカン刑事(チ・ジニ)が主役の映画ってことだけど
そのわりには、彼の内面がほとんどわかんなかったよね
彼の生い立ちやお母さんの話なんかもちょっとあったけど

催眠術だけで終わらせるのはちょっと、、
面白い話だと思うんだけど
なーんかぼやけるのはそのせい?

20100829-1.jpg

20100829-2.jpg

20100829-3.jpg

20100829-4.jpg



女性の猟奇的連続殺人事件が発生する、その手口は1年前に起きた6連続殺人と全く同じだが当時の犯人シン・ヒョン(チョ・スンウ)は監獄の中で犯行に及ぶことは出来ないはずだった。事件を担当することになった女性刑事ミヨン(ヨム・ジョンア)と刑事カン・テヒョン(チ・ジニ)の捜査が始まる。 

 

 

 

 
箪笥(原題:장화,홍련) 2003年  ☆ヽ(*^ω^*)ノ
監督:キム・ジウン
出演:イム・スジョン、ムン・グニョン、ヨム・ジョンア、キム・ガプス

20100828-7.jpg


ホラーってあんまり得意じゃないんですよね
怖がりってわけじゃないんだけど怖がることを楽しむ気がないのよね
でもこれはかなり面白かった
ホラーとはちょっと違う気がします

姉のスミがイム・スジョン、妹のスヨンがムン・グニョン
それだけでも見たいって思うキャストなのに
継母が・ヨム・ジョンアだもんな~!観たくなるキャスト
彼女は意地悪で冷徹な役が似合うよね
目がすごーく怖い
可愛くて色っぽい役もコメディも何でもできて幅の広い俳優です
娘といっしょに観てたんだけどヨム・ジョンアを見て小池栄子に似てるて言ってた、なるほど~

多重人格とか手法としてよく使われたりするのかなぁ
詳しくはわからないけど
でもビックリしたー
いると思ってた人が実はいなかったなんて
さらには継母までとは、、
結局この家にはお父さんとスミしかいないってことでしょ
二重人格じゃなくて三重人格までとは想像もしなかった

何重にも仕掛けられた細かい部分があって、観終わってから後で色々考えると面白い
実はノベライズ本が出ていて、仕掛けの部分が解明されてネットで盛り上がったらしいです
映画としての楽しみ方とは離れるかもしれないけど、そんな部分もちょっと楽しんじゃいました

 

>>>Read more

 

 

 

 
リベラ・メ(原題:리베라 메)  2000年  
監督:ヤン・ユノ 
出演:チェ・ミンス、チャ・スンウォン、ユ・ジテ、キム・ギュリ

20100828-1.jpg

これまたゴメンナサイな「消化不良」な映画でした
テーマは面白いし、凄くお金もかかってそうだし、俳優も揃ってて名演してるのに
こうなっちゃうのね
上手くいったら最後は号泣もんの終わりかたなのになぁ
たぶんコレ相当撮影も苦労したと思うんですよね
火災のシーンはすごい迫力だったもん
 
ヒス(チャ・スンウォン)は子供の頃に父親に虐待を受けていて
それに耐えかねた姉が自分の目の前で父親もろとも焼身自殺した
ヒスが放火をするのは子供を虐待している親狙いで、いわば敵討ちみたいなもんなんだけど
彼はもう精神が狂っていて、自分は「救世主」だと言って最後は自分が働く子供病院もろとも全部燃やそうとする、という設定なんだけど
そこがもっときっちりと感じられたら、消防隊員たちの苦労も報われたのに

リベラメとはラテン語で「われを救い給え」
タイトルもそこなんだからさ
ヒスがもっともっと不気味でおぞましくて、最後は悲惨に悲しく死ななくちゃ
そしたらヒスを救えない不条理に涙するのに

それともシンス(ホ・ジュノ)先輩が死んた話とか最初すごくこだわってたし
ヒョンテ(ユ・ジテ)消防士が「火の中で死ぬのは嫌だ」って言ってたのにあんな死に方したし
そこに時間をかけてたってことは消防士の仕事の辛さを描きたい映画だったのかなー
このポスターだって↑どうしてジテさんなのかちょっと謎(普通チェ・ミンスかチャ・スンウォンよね)

火災現場に現れる消防士に市民が拍手したり
消防士登場シーンに流れる音楽が「俺達カッコいいだろ」みたいな音楽に聴こえたり
休日にかかわらず消火活動をしたハンム(パク・サンミョン)消防士の殉職とか
、、、そこ必要かなぁ、、

でも火災シーンの迫力はかなりのものでした
チェ・ミンスもカッコイイし、スンウォンさんやジテさんがまだ幼い顔してるし、ハンマー専門隊員のキム・スロは全然目立たない存在で、今見るとそんなところも楽しめます

20100828-2.jpg

20100828-3.jpg

20100828-4.jpg

20100828-5.jpg



放火犯の疑いをかけられ少年時代から監獄の中で過ごしたヒス(チャ・スンウォン)。彼が10数年に及ぶ刑期を終えて出所したその瞬間、刑務所のボイラー室が大音響と共に爆発する。 

 

 

 

 
優雅な世界(原題:우아한 세계)  2007年  
監督:ハン・ジェリム
出演:ソン・ガンホ、オ・ダルス、チェ・イルファ

20100827-16.jpg


あらら、結論はそこ(笑)
「優雅な世界」とはずいぶん逆説的なタイトルだったのね

それにしても最後すごい力技でもってったもんです
職業をヤクザに設定する必要性があるのかないのか
っていうか、あのヤクザ抗争はなんだったのか謎
親身になってくれるいい親分だし
兄弟分だって、最後は嫉妬してたんだって正直に言ってるし
必然性がないところで40になるおっさんがカーッとなってあんなことされると
マジで私の旦那なら困ると思っちゃました(マジすぎ?笑)

ヤクザの世界で生きる辛さとか
家族を愛しているのに疎まれる寂しさとか
本当は中年男のわびしさを感じてラストを迎えたいところでしたが
なんだかなー
ぜーーんぶ中途半端だなぁ

いや、なんたってそこはソン・ガンホですから
ラストのシーンだけでもちゃんと見せてくれますけどね

幼なじみのオ・ダルスと子供みたいに水の掛け合いの喧嘩が始まったときは
面白そうって期待したんだけどなー

20100827-17.jpg

20100827-18.jpg

20100827-19.jpg

20100827-20.jpg



愛する家族と日当たりの良い庭付き一戸建で暮らす日々を夢見るヤクザのカン・イング(ソン・ガンホ)。しかし妻ミリョン(パク・チヨン)は足を洗うよう文句を言い、思春期の娘ヒスン(キム・ソウン)は父の稼業を恥じ父を避けるのだった。そんなとき組織内ナンバー2のノ・サンム(ユン・ジェムン)との関係が悪化する。  

 

 

 

 
NOWHERE 情け容赦なし(原題:인정사정 볼 것 없다)  1999年  ☆☆
監督:イ・ミョンセ
出演:パク・チュンフン、アン・ソンギ、チャン・ドンゴン、チェ・ジウ

20100827-11.jpg


どーーーもねぇ、イ・ミョンセ監督作品は好みの問題っていうか感性の違いっていうか
ダメだわ(苦笑)
もうちょとストーリに入り込んでから綺麗な映像を見せてくれないと
いきなり凝った映像オンパレードされても
どうやって入ればいいのかわからない~

黄色い落ち葉がいっぱいの釜山の四十階段でのアン・ソンギの殺人のシーンとか
パク・チュンフンとチェ・ジウが一緒に車に乗ってて彼女を見つめる目線とか(惚れたのね)
どしゃ降りの中でのアン・ソンギとパク・チュンフンの殴り合いとか
印象的なシーンはたくさんあるんだけど、、、
どうみてもパク・チュンフンのほうがガタイが大きくて力が強そうなのに
一方的にアン・ソンギに殴られてましたね(それまであんなに殴ってたのに、笑)


20100827-12.jpg

20100827-13.jpg

20100827-15.jpg



どしゃ降りのある日40段もの長い階段で斬殺事件が発生しウ刑事(パク・チュンフン)とキム刑事(チャン・ドンゴン)が現場に出動する。被害者の身元照会をした結果、この事件は麻薬取引をめぐった暴力団同士の暗闘であることが分かる。やがて、神出鬼没の殺人鬼チャン・ソンミン(アン・ソンギ)が犯人であることが判明し、彼の女であるキム・ジュヨン(チェ・ジウ)の家から追撃戦が始まる。 

 

 

 

 
真実ゲーム(原題:진실게임)  2000年 
監督:キム・ギヨン
出演:アン・ソンギハ・ジウォン

20100827-6.jpg

ハ・ジウォンの映画デビュー作
先日見た「ホワイト・バレンタイン」で映画デビューのチョン・ジヒョンは
高校生ということもあって素人っぽい感じで可愛かったけど
いや~、ジウォンちゃん初出演でこれですかっ!って驚きました
名優アン・ソンギと密室の取調室で堂々とにらみ合ってます(笑)目が迫力あるよね~

そんなジウォンちゃんの体当たりの役どころに驚きつつ
へぇ~韓国のファンクラブってこんなにすごいの?って衝撃を受けつつ
いろんな意味で面白かったんだけど
観終わってから、実際にあった事件の話が元になってると知って本当に驚きました

1995年当時大人気だったグループDEUXのキム・ソンジェがホテルで疑問死を遂げた
1998年始めに殺害嫌疑をかけられた元恋人に対して証拠不充分という理由で無罪判決が出された


無罪判決になった事件だけど、映画ではあーんな結末になってるし
マネージャーをあんなふうに描いちゃって問題ないんですかね
いや~~韓国映画って凄いわ

ちなみに「真実ゲーム」というのは韓国の若者の間で流行ったゲームで
相手の質問に対して真実のみ答えなくてはならないが、1回だけは嘘を言ってもいいというルールのゲームだそうです

20100827-7.jpg

20100827-8.jpg

20100827-9.jpg

20100827-10.jpg



ある晩、人気歌手チョ・ハロク(チョ・ハロク)が死体で発見される。そして彼のファン・クラブ会長である女子高校生ハン・ダヘ(ハ・ジウォン)が「強姦されそうになったから殺した」と警察に自首してくるが、事件を担当したチョ検事(アン・ソンギ)はダヘが犯人ではないと感じる。  

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2010 はっぴーるぴなす別館, all rights reserved.

るぴ

Author:るぴ
復習し再考し記録する
モットーは簡潔に
sutakorasassaなとこは相変わらずです


++sutakorasassa++

日本映画 (133)
韓国映画 (452)
香港・中国映画 (5)
アメリカ映画 (24)
フランス映画 (1)
イギリス映画 (1)
インド映画 (2)
アルゼンチン映画 (1)
その他 (3)
INDEX (20)

このブログをリンクに追加する

海にかかる霧 2015.4.24~ TOHOシネマズ
国際市場 2015.5.16~ シネマート新宿
予告犯 2015.6.6~
海街diary 2015.6.13~
グラスホッパー 2015.11.7~
母と暮らせば 2015.12.12~
猫なんかよんでもこない。2016年

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。