映画鑑賞メモ保管場所 mottoは簡潔に
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
私の中のあなた(原題:MY SISTER'S KEEPER)
脚本・監督:ニック・カサヴェテス
出演:
キャメロン・ディアス(母、サラ)アビゲイル・ブレスリン(アナ)ソフィア・ヴァジリーヴァ(ケイト)ジェイソン・パトリック(父、ブライアン)エヴァン・エリングソン(ジェシー)



11歳のアナは白血病を患う姉・ケイトに臓器を提供するドナーとして
遺伝子操作によって生まれたデザインベイビーだった
彼女は輸血や骨髄移植など様々な犠牲を強いられてきたがケイトの病状は一進一退
両親は腎臓移植を決意するがアナはこれを拒み弁護士を雇い訴訟を起こす


泣けました、、、
かなり早い時点で涙ポロポロ出てきて困りました
なんせ、あまりにも早い段階でボロ泣き状態になって
映画終了後に「あのね、泣くの早過ぎ!!!」と友達に警告された経験があるので(笑)
こっそり泣こうと思いましたが
一緒にいったPちゃんも泣いてるっぽい、、ほっ
いわゆる難病ものだけどそこじゃないんですよね
泣かせようとする映画じゃなくて
だからどっかで号泣するとかじゃないんだけど
映画が終わるまでずーーーっと泣き続けました
酸欠状態で疲れた

姉のドナーになるために生まれた妹
この映画はかなり衝撃的な予告をされてます

姉のドナーとして生きることを拒否する醒めた視線を家族に送るアナ
彼女が裁判を起こそうと弁護士のところへ依頼することから物語が始まる

自分が誰かのドナーになるために生まれた(意図的に作られた)ってどういうことだろう、
そういうことはありえない。と私は思うので
複雑な思いが一気に込み上げて最初は辛くて泣けたんだけど
この物語は本質は全く違うところでしたね
アプローチの仕方が上手い
ハードなテーマから入っているのに
いつの間にか家族愛にどっぷりつかって優しい気持ちになって観てました



家族がケイトの病気と向き合って、労わりあって愛しあっているけれど
それでもやっぱり傷ついて生きてきたことが
それぞれ視線でエピソードが描かれていて切ないんです

ケイトが病院で知り合った男の子と恋をするエピソードが悲しかった
お父さんが娘を見つめるシーンがあって
その父の眼差しが、、、(涙)



キャメロン・ディアスのお母さん、、、良かったです
母は強いのよ
何があっても子供を守りたい

家族に難病患者がいると家族は必死で頑張るけど
ギリギリのところで耐えているぶんちょっとしたことで崩壊しそうだ、、
という父の言葉が印象的でした
子供を必死で守る母と、すこし違う視点で子供達を愛して見守る父

そしてなにより素晴らしかったのは白血病のケイト役のソフィア・ヴァジリーヴァと
アナ役の アビゲイル・ブレスリン
この二人凄いわ



死を受け入れるとはどういうことか、、、
生きていくということはどういうことか、、、
そんなことを考えて
優しい気持ちになる映画でした


 

 

 

Comment

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 はっぴーるぴなす別館, all rights reserved.

るぴ

Author:るぴ
復習し再考し記録する
モットーは簡潔に
sutakorasassaなとこは相変わらずです


++sutakorasassa++

日本映画 (133)
韓国映画 (452)
香港・中国映画 (5)
アメリカ映画 (24)
フランス映画 (1)
イギリス映画 (1)
インド映画 (2)
アルゼンチン映画 (1)
その他 (3)
INDEX (20)

このブログをリンクに追加する

海にかかる霧 2015.4.24~ TOHOシネマズ
国際市場 2015.5.16~ シネマート新宿
予告犯 2015.6.6~
海街diary 2015.6.13~
グラスホッパー 2015.11.7~
母と暮らせば 2015.12.12~
猫なんかよんでもこない。2016年

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。