映画鑑賞メモ保管場所 mottoは簡潔に
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
あなたは遠いところに(原題:님은 먼곳에)  2008年  
監督:イ・ジュニク
出演:スエ、チョン・ジニョン




どうも私はイ・ジュニク監督、チョン・ジニョンの組み合わせと相性がいいみたいで
好きなんですよねー
理屈で理解しようと思うと、オイオイッてところだらけなんだけど
スニ(サニー)が可愛く感じたりもして、、、



親同士が決めた結婚で言われるがままに結婚したんじゃないかと思うのよね
姑になにを言われても「はい」っていうだけ
このスニがボーーっとした嫁なのよ
息子が生きがいの姑は跡取りを早く生んでほしくて
月に一回、丁度いいころ(笑)に嫁を徴兵中の息子に面会に行かせる
(つわりが始まるんじゃないかと期待してるんだけど、二人はそんなことしてないのよね)
それどころか夫には恋人がいて
「お前は俺を愛しているのか」「お前に愛がわかるのか」と冷たく言われるの
ボーーっとしたスニはそんなこと言われても何も答えられずに帰ってきちゃう

姑は息子が不倫してることを知ると
不倫相手に子供ができたらそれを跡取りにすると言い出すし
実家に相談に行くと、一度嫁に出した娘は帰ってくるなと冷たく追い返される

そんな状態の中、夫はベトナム戦争に派兵されてしまい
姑に代わってスニが夫に会いにベトナムに行くことになる

。。。。。。

意味わかんないよね(笑)
なんで戦争してるベトナムに行くの?
なんで夫に会いに行くの? 

そこが納得できないとこの映画始まらんでしょ、たぶん(笑)

最初は謎のまま(納得できないまま)見てたんだけど
何をしてものろまでおっとりして、ボーっとしてるスニを見てたら
「お前に愛がわかるのか」
その答えを夫に言いに行くんだなぁって、、なんか妙に納得してしまって、、、

そのあたりを納得させたはスエの演技力なんでしょうかね
最初はオドオドしてたスニ(サニー)がだんだん自信をつけてたくましく綺麗になったもんなー



ベトナムでバンド活動して一儲けしようと計画するジョンマン(チョン・ジニョン)と出会い
慰問公演団のボーカル「サニー」として戦争最中のベトナムに行くあたりからは
私の好きなチョン・ジニョンの一人舞台といいますか(笑)
「イテウォン殺人事件」では真面目な検事役を演じてたけど
ちゃらんぽらんで、ずる賢くて、でも最後はいいやつじゃ~んっていう役のチョン・ジニョン
好きなんですよね

ジョンマンにパスポートを売り飛ばされサイゴンに取り残されたベーシストのヨンドク(チョン・ギョンホ) 
「ごめん、愛してる」に出てたなー
バンドのメンバーと戦場のベトナムで捕虜になりながらも演奏活動をして
最初は金稼ぎが目的だったのに、最後はスニが夫に会えるように協力するようになる過程がなかなか感動でした

夫役のオム・テウンは
「家族の誕生」でもこんな感じの役回りでしたよね
重要な役なんだけど物語の中心にいなくて
エピローグとモノローグに登場、、、みたいな

最後のシーンは、戦争最中なのにそこだけ止まってて
綺麗な絵のようでもあったんだけど
生きるか死ぬかの極限状態で、ここまでまわりに迷惑かけて
旦那に会いには行かないだろ、、、っていう突っ込み心は
当然ありますよね

結婚してすぐ、妻をさけるように兵役に行ってしまった夫
そんな夫を愛していたのかどうか、、
そんな夫婦のあやふやな愛もありだと思ってしまう私は
ヘンですかね(笑)

イ・ジュニク監督の音楽三部作の第三作目
戦場に流れる音楽
そういうインパクトは充分に感じる映画だったと思います









平凡な農家のひとり息子サンギル(オム・テウン)のもとに嫁いだスニ(スエ)は村人の前で歌うことが唯一の楽しみだった。息子だけが生きがいの姑が命じるままにスニは徴兵で軍に入っているサンギルに毎月会いに行っていた。常に無言のサンギルだが、ある日「お前は俺を愛しているのか」と問いただすがスニはその問いに答えられない。そして、その質問を最後にサンギルはベトナムの前線へ行ってしまう。姑は泣き喚くばかりだった。スニは夫がどこにいるのかも分からないままベトナムへひとり向う決意を固める  

 

 

Comment

 

初 韓国映画(^_^)v

るぴなすさん こんばんはー☆彡

別館 初カキコミでございます v-221
それにしても たくさん観てるんですね~v-265
しかも 解説が わかりやすい!
いつか るぴなすさんのとなりで 観たいです~!(^^)!

 初めて韓国映画を 映画館で観て来ましたv-353
『Sダイアリー』(2004)という作品です コン・ユさんファンの友達と
行きましたが キム・ソナさん主演でした
こちらのレビューを探したら 無かったようなので
内容はお楽しみにしますが コメディでしたよ
(もしご覧になってたら感想聞かせてください!)

この女優さんは コメディお得意なんですか?
前半は ちょっとダラダラしていて どんな展開になるのか?
と思っていたら 後半けっこう笑えましたe-454
あと 韓国ならではなのか 描写が過激?リアル?なのか
刺激が強いシーンもありました(^_^;)

そこの映画館 韓国映画に特化してるみたいで
いろいろ公開してました 大画面で観るのはいいですね!
そう言うと どこに観に行ったのか わかっちゃうかも・・・
そこで撮った写メと道中記(ふふふっe-291)を メールしますね! 








NAME:たんたん | 2010.01.15(金) 19:58 | URL | [Edit]

 

たんたんさん☆
別館へいらっしゃいませ~~~♪
遊びに来てくださって嬉しいです^^

そちらでもシネマフェスティバル始まっているんですね
札幌では「Sダイヤリー」は上映しないんですよ(たぶん)
でもこれってかなり前に韓国で上映された映画ですよね
探したらどこかで観られるかな?
面白そうな映画なので、今度観てみますね

そして、、、
パンパカパ~~~ンv-315
初韓国映画リアル映画館鑑賞チュッカエヨ~~~~☆(笑)
お初だったんですね
いつかそこでミョンミンさんの映画も観られるといいですね(*^^)v

NAME:ルピナス | 2010.01.18(月) 17:21 | URL | [Edit]

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 はっぴーるぴなす別館, all rights reserved.

るぴ

Author:るぴ
復習し再考し記録する
モットーは簡潔に
sutakorasassaなとこは相変わらずです


++sutakorasassa++

日本映画 (133)
韓国映画 (452)
香港・中国映画 (5)
アメリカ映画 (24)
フランス映画 (1)
イギリス映画 (1)
インド映画 (2)
アルゼンチン映画 (1)
その他 (3)
INDEX (20)

このブログをリンクに追加する

海にかかる霧 2015.4.24~ TOHOシネマズ
国際市場 2015.5.16~ シネマート新宿
予告犯 2015.6.6~
海街diary 2015.6.13~
グラスホッパー 2015.11.7~
母と暮らせば 2015.12.12~
猫なんかよんでもこない。2016年

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。