映画鑑賞メモ保管場所 mottoは簡潔に
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
キム氏漂流記(原題:김씨 표류기)  2009年  ☆☆ヽ(*^ω^*)ノ
監督:イ・ヘジュン
出演:チョン・ジェヨン、チョン・リョウォン

20100121-2.jpg


よくできてる映画でしたね
面白かった
イ・ヘジュン監督は脚本もたくさん書いてきた人なのね
これはヨコズナマドンナを観なくてわ☆
最高

どこに漂流するのかと思ったら
漢江のパム島
漢江の中洲にある無人島で、実際に自然生態系保存地域として指定されているそうです

目の前にはソウル(汝矣島)のビルが並び63ビルが見えて車が走り観光船が通っていく
泳いで渡れるだろーって突っ込むも早々に泳げないことが判明(納得、、、)
携帯電話で助けを求めるが誰も信じてくれない(そのうちバッテリー切れ、、)
そしてそこで野人のように暮らし始めるキム氏(チョン・ジェヨン)

考えつかない発想
無人島で必死なキム氏が可笑しくて可笑しくて(笑)
チョン・ジェヨンの熱演にしばし引き込まれます

自殺しようとするんだけど下痢して便意を催すのよね
まずは自殺するよりそっちが先(笑)
用を足しながら(韓国映画ですからそりゃーリアルです、笑)
目の前にある真っ赤なサルビアに気がついてその蜜を吸うの
そしてその蜜の甘さにキム氏がさめざめと泣くんだけど(やっぱり用を足しながら、笑)
これがいいシーンなんですよね
チョン・ジェヨンさんは良い俳優だ~☆

無駄なものがひとつもないっていうのか
使われてる小道具も全部いいんですよね

人生で初めて持ったマイホームがアヒルのボート
着ていた背広は案山子になって彼の唯一の話し相手
春と秋にある20分間の民間防衛訓練
糞つながりで言うと(笑)鳥の糞さえもそのあと大事なアイテムになります
あひるのボートとお別れするときのキム氏の切ない表情に涙しちゃいました

そしてもう一人のキム氏(チョン・リョウォン)
今まで可愛くて恵まれた女性の役の印象が強かったんだけど
ガラッと印象が変わって、汚くてブサイクにさえ見えた
頑張りましたよね
人を拒否してネットの中だけで存在する引きこもり
ものすごくリアルに描かれてます
人ごとじゃないよね
今の社会、人と関わらなくても生きていけるし
そういう傾向になってる人たくさんいそうだもん

コメディ映画じゃないけどたくさん笑える映画
そして世の中から思いっきりはじき飛ばされたキム氏だけど
二人の心がだんだん変化していって希望があって心が軽くもなる
最後もとってもいい

無人島で孤軍奮闘するキム氏をキム氏が望遠レンズで覗いて
リップルをつけるようにワインボトルでメッセージを送る
(※リップル→ネット上で掲示板やブログにコメントを書き込むこと)
手紙をビンに入れて送るなんて超アナログな行為なのに
二人の関係がネットで人と繋がる今を象徴しててシュールだわ

男性のキム氏は漂流してしまってやむ終えず野人生活を始めて
そのうちそれを楽しみ始めるんだけど
映画の最後になって急展開してアッて思うのよね
いるんだもん現実にこういう人、世の中にたくさん。。。
現実社会に戻ると
キム氏は普通にホームレスなのよ(涙)

韓国だけじゃなくて日本の社会に対する
強烈な風刺の映画でもあったのね
キムさんって韓国では代表的な苗字で
日本でいうと佐藤さんとか鈴木さんとか
つまりどこにでもいる、あなたの漂流記でもあるかもしれないって言いたかったのかなぁ

都会のど真ん中にある二つの不思議な違空間で漂流するキム氏二人
笑って、泣いて
ものすごく楽しめました
これ、久々に満点つけたい映画
10人に会ったら10人に薦めちゃいます☆☆☆☆☆

 

more

20100121-3.jpg

20100121-6.jpg

20100121-4.jpg

20100121-5.jpg



自殺を試みたが失敗に終わり漢江の島に漂着した男。助けを求めても信じてもらえず、死ぬことも容易くなく、とりあえず島で生活することにした。砂浜に書いたHELPがHELLOに変わり無人島での野生生活もいいものだと感じ始めた頃。匿名のメッセージが入ったワインボトルを発見する。
自分の狭くて暗い部屋が世の中の全てな女。ホームページ管理、一日一万歩歩くこと・・・彼女だけの生活リズムもある。唯一の趣味である月の写真を撮る事に熱中していたある日。遠く漢江の島に不思議な姿を発見する。

 

 

Comment

 

うわっ☆

これ、予告観たときから絶対おもしろい!!と思って、待ってるんですけど…
だから上もよくは読んでないんですけど(でも予告で大体読めるけど^^;)
これってDVD出たんですか~?!それともどこかの映画祭?!日本上陸はしてたような
気がするけど
札幌ってK-POPのイベントもあるみたいだし、なにかと韓国関係多そうですよね~
羨ましいです…

NAME:mim | 2010.01.22(金) 09:48 | URL | [Edit]

 

mimさん☆

これ面白かったですよ
映画に点数をつけるのは難しくてやらないけど
これ☆5つです(もちろん満点)
こういう映画好き
韓国ではそれほど興行成績はよくないのよね
俳優もいいし、クチコミで広まりそうな気がするのにな
チャンスがあったらぜひ見てくださいね

どっかで上映されたって(映画祭みたいので)話は聞いたことあるけど
まだ日本で発売されてないですよね
私は韓国版で見ました(いろいろ方法はあるので、、(^^ゞ)
それぞれのキムさんは孤独に暮らしているので(笑)あまりセリフがなくて
韓国語わからなくても楽しめる映画でした
札幌もどっちかというと遅い方で、、
東京だといろいろ観るチャンスが多いみたいで羨ましいですよね
どっかでやったってことは字幕がついたのはあるわけで、、
ほんと早く見せてーーーー!!って思います

NAME:ルピナス | 2010.01.22(金) 15:16 | URL | [Edit]

 

おすすめの作品 いつも行ってるレンタル屋さんで
やっと見つけて観られました~♪♪

ほんとにこういう離れ小島みたいな(島じゃないですね(笑))ところ
あるんですね 随所にクスッと笑えて でも考えさせられて
おもしろかったです~(^^)
これだけ情報が発達して 便利な世の中でも
その中になじめなかったり 外に放り出されたり
孤独を感じることって少なくないですよね

ふたりのやりとりを見ていて
これもひとつの現代を表してるなぁ って思いました
キム氏のたくましさや 自分の状況を受け入れて
行動していく姿は 元気でました! 

NAME:たんたん | 2011.01.07(金) 19:43 | URL | [Edit]

 

たんたんさん☆

これは実際にある島で、保護区になってて人は入れない(住めない?)らしいですよ
名前も聞いたけど忘れちゃった
目の前にヨイドかな?って思えるビル郡が見えるもんね

現代を象徴するような二人よね
まさに漂流しているキムさん二人、、
面白くて考えさせられて、、いい映画で
チョン・ジェヨンはこの役が一番好きです~♪

NAME:ルピナス | 2011.01.08(土) 18:24 | URL | [Edit]

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 はっぴーるぴなす別館, all rights reserved.

るぴ

Author:るぴ
復習し再考し記録する
モットーは簡潔に
sutakorasassaなとこは相変わらずです


++sutakorasassa++

日本映画 (133)
韓国映画 (452)
香港・中国映画 (5)
アメリカ映画 (24)
フランス映画 (1)
イギリス映画 (1)
インド映画 (2)
アルゼンチン映画 (1)
その他 (3)
INDEX (20)

このブログをリンクに追加する

海にかかる霧 2015.4.24~ TOHOシネマズ
国際市場 2015.5.16~ シネマート新宿
予告犯 2015.6.6~
海街diary 2015.6.13~
グラスホッパー 2015.11.7~
母と暮らせば 2015.12.12~
猫なんかよんでもこない。2016年

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。