映画鑑賞メモ保管場所 mottoは簡潔に
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
神機箭(原題:신기전)  2008年  
監督:キム・ユジン
出演:チョン・ジェヨン、ハン・ウンジョン、ホ・ジュノ、アン・ソンギ

20100414-1.jpg


舞台は15世紀、名君とされる世宗の時代
神機箭(シンギジョン)という兵器開発をとりまく話
矢に爆弾がついているロケット爆弾みたいなものです

小難しそうで、ちょっと想像ができなかったんですけど
いやぁ~、ファンタジーアクションラブストーリーじゃぁないですかぁ~
理屈抜きで楽しめる映画でした

序盤はラブストーリなるには無理があるじゃんって思いながら見てましたけど
それなりに可愛くまとまりましたよ
テンポが良くて
チョン・ジェヨンが笑わせてくれてお茶目でアクションも超カッコいい☆

ハン・ウンジョンはヒロインの仇役っていうちょっと意地悪なイメージの女優さんでしたけど
この映画で印象が変わりましたね
聡明で綺麗で健気なホンリを素敵に演じてました☆

かなりの制作費をつぎ込んだ作品らしく
ラスト30分の戦闘シーンはものすごい迫力でした
これはぜひぜひ大きなスクリーンで観たかった
これを観るだけでも損はしないって気分です

ただ、内容が何でもありというか欲張りすぎてて
父が逆賊の濡れ衣を着せられ処刑されたというソルジュの恨みはどこに向かったのかなって思うし
朝鮮と明の兵器開発をめぐっての神機箭の開発のための銃筒謄録の奪い合いがあり
遼東の領土をめぐる外交問題があったり
最後は、10万の明の大軍とチャンガン率いる100人の戦い
2人のラブロマンスも核になるくらい強いわけじゃなくて
あれもこれもすぎて
どれが映画の芯なのかわからない

ハングルを制定した世宗大王(アン・ソンギ)が出てましたね
こんなに歴史上の有名な王様がでる映画初めて観たわ~(笑)

世宗大王の時代は明からの圧迫や干渉があったのね
大勢の若い娘さん達が去勢させられて宦官にされるシーンは心が痛みました
朝鮮の歴史をあまり知らない私にとっては
映画が何かを知るきっかけになることがあって、そこも楽しみのひとつでもあります

「不滅の李舜臣」のソン・ヒリプ役のキム・ミョングクが明の皇帝役
そんなに妻は要らないと貢女を返してちょっと笑っちゃいました(本当は笑えないけど)
さらに脇坂安治役のキム・ミョンスが明のキャオリュン将軍
彼は怒りの中で負けていく役が似合うのね(はまり役?)

この映画は自国の人にとってはこの上ない痛快な映画でしょうね
380万人の興行成績も納得です
10万人対100人の戦いで勝利するのは
そこは荒唐無稽だから面白いんであって
エンターテイメントとして充分に楽しめましたけど
時代考証という部分もあるわけで難しいです

日本の映画だったら最後に、これはフィクションですって但書がでそうよね


20100414-2.jpg

20100414-3.jpg

20100414-4.jpg

20100414-5.jpg




1448年 世宗(セジョン)30年 。朝鮮の新しい武器開発を恐れた明は極秘裏に火砲研究所を襲うが、研究所の責任者ヘサンは完成直前の’神機箭’と一緒に自爆する。計画が失敗に終わると明は大規模使臣団に偽装した武将勢力を派遣し、神機箭開発のすべてが書き込まれた’銃筒謄録’とヘサンの娘ホンリ(ハン・ウンジョン) を探し始める。プボ商団のソルジュ(チョン・ジェヨン)は、明の商団が来るという話を聞き付けて商売を計画するが来たのは使節団のみで大損をし金策に頭を痛めていた。そこに世宗(アン・ソンギ)の護衛武士チャンガン(ホ・ジュノ)がやってきて大金を提示してホンリを預けていく。ソルジュは彼女が秘密兵器’神機箭’開発の核心人物だと知って彼女の受け入れを拒否するが’神機箭’の威力に魅かれて仲間たちと一緒に神機箭開発に参加することになる。  

 

 

Comment

 

この映画ね、すごく気になってたんですよ。タイトルも読めなかったし^^;
日本ではほとんど取り上げられませんでしたよね?
でも韓国では賞レースにもからんでて。
なるほど、こういうストーリーだったんですね~奇想天外?
そしてチョン・ジェヨン氏。まだ作品で見たことないんですけど、
ものすごく多作なんですね!!びっくり~
スンウォン氏と同い年で、スンウォン氏も1年に1本半は撮影してる
って言ってましたけど、それより多い^^;
すごいですね~~~この2枚目も3枚目もいけちゃう感じが(失礼?)
ひっぱりだこの原因でしょうか。

NAME:mim | 2010.04.15(木) 19:50 | URL | [Edit]

 

mimさん☆

大鐘賞で最優秀作品賞、編集賞、音響編集賞を取ったですもんねー
それなのに日本ではほとんど話題になってないし
そういう意味でも気になってました
(やっぱり日本は知られている俳優が出てないと話題にならないのよねー)

チョン・ジェヨンってすごくたくさん映画に出てますよね
韓国ではどんな位置づけの俳優なのかしら~
ちょっと気になります
チャン・ジン監督のお気に入り俳優さんよね
たくさんでてます(ほとんど?)
それに、このところカン・ウソク監督の作品にも続けて出演していて
有名監督さんに気に入られてるって感じで
きっとまた仕事したくなる俳優さんなんでしょうねー

うん、2枚目も3枚目もいけちゃう感じ
あーー、でも完全なる2枚目はちょっと無理っぽい(笑)

NAME:ルピナス | 2010.04.18(日) 14:17 | URL | [Edit]

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 はっぴーるぴなす別館, all rights reserved.

るぴ

Author:るぴ
復習し再考し記録する
モットーは簡潔に
sutakorasassaなとこは相変わらずです


++sutakorasassa++

日本映画 (133)
韓国映画 (452)
香港・中国映画 (5)
アメリカ映画 (24)
フランス映画 (1)
イギリス映画 (1)
インド映画 (2)
アルゼンチン映画 (1)
その他 (3)
INDEX (20)

このブログをリンクに追加する

海にかかる霧 2015.4.24~ TOHOシネマズ
国際市場 2015.5.16~ シネマート新宿
予告犯 2015.6.6~
海街diary 2015.6.13~
グラスホッパー 2015.11.7~
母と暮らせば 2015.12.12~
猫なんかよんでもこない。2016年

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。