映画鑑賞メモ保管場所 mottoは簡潔に
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
美人図 (原題:미인도)  2008年  
監督:チョン・ユンス
出演:キム・ミンソン、キム・ヨンホ、キム・ナムギル

20100415-1.jpg


キム・ホンドは18世紀後半から19世紀にかけて英祖、正祖、純祖の3代の王に渡って寵愛され、たくさんの絵を残した歴史上最も有名な朝鮮の画家
男女の愛情を描いた絵で有名なシン・ユンボクも有名な画家ですが、彼に関する記録はほとんどないそうです
シン・ユンボクが女性だったという仮説をたてたイ・ジョンミョンのベストセラー小説「風の画員」が話題になり、ドラマ「風の絵師」が放映され、映画「美人図」公開となったわけですね
私はドラマは観てないですけど、男装して絵を描くところは同じでも、映画とドラマではかなり描き方が違うんでしょうね
グニョンちゃんがあんな官能的な役をするわけがないもんな~

キム・ミンソンの大胆な露出が話題になったり(キム・ナムギルも頑張りましたけどね)
ベットシーンや官能的なシーンが多くて一部削除したとか
そんなことでも話題になってたみたいです
たしかに官能的な映画でございました、かなり(笑)
この場面は必要かなぁってのもあったし、、
そういうが話題になるのって関心はもたれるでしょうけど
映画の本質から離れるから本当は嬉しい話じゃないですよね

妓生ソルファはキム・ホンドが好きで
師匠キム・ホンドは弟子ユンボクを実は幼い頃からずっと愛していて
そんなユンボクは突然現れたカンムと恋に落ちてしまう
という四人の恋愛関係と、宮廷画家の世界が描かれるわけなんですけど
映像がとても綺麗で官能美もあって独特でしたね、結構面白かった

シン・ユンボクは「美人図」という有名な絵を残していて
宮廷画家として官職にいながら風俗画もたくさん描いてるんですよね
すべて美しいものとして捉えて描いたんだということは理解できるけど
キム・ミンソン、ベットシーンは相当頑張りましたけど
そこの天才絵師ぶりがあんまり伝わってこなかった
で、師匠のキム・ホンド役がキム・ヨンホというのもピンとこないんですよね(すいません、、)
キム・ヨンホは好きな俳優さんなんだけど
私の中ではちょっととぼけた楽しい役のイメージの俳優なので
男装をした弟子を育てながら、実は密かに愛していた、、っていう色気のある役とかなりイメージがかけ離れてて
それでも最後の方はなかなかいい感じでしたけど
キム・ホンドやシン・ユンボクの師弟関係や宮廷画家の世界を期待して観ると
ガッカリするかもしれないですねー

と、あれこれ言いつつも
思わずこの映画に☆5つけそうになってる私がいるんですけど(笑)
なんでかと言いますと

キム・ナムギル
カッコよかった~~~~☆☆

周囲の状況や偶然の運命によって悲劇的結末を迎えた「ロミオとジュリエット」のロミオ
もしくは、映画「タイタニック」で一瞬のうちに恋に落ちた彼女を救うために海に沈んだディカプリオをイメージしちゃいました
なはは、、言いすぎ?(笑)

ちょっとベタな感じのストーリを楽しませちゃうって
やっぱり俳優の持ってる魅力だと思うんですよね

20100415-4.jpg

20100415-2.jpg

20100415-3.jpg

20100415-5.jpg



宮廷画家一族に生まれた兄ユンボクと妹ヘウォン。たぐいまれな才能のヘウォンは人知れず兄の代わりに絵を描いていた。兄のユンボクは人前で腕前を披露しろという父に応えることができずに自殺をしてしまう。父ハンピョンは家門のため7歳のヘウォンに男装をさせて兄シン・ユンボクとして暮すように決意させる。そして時がたち、天才画家キム・ホンド(キム・ヨンホ)の弟子になったユンボク(キム・ミンソン)は、宮廷画家として修行に励んでいた。ユンボクは師匠キム・ホンドの腕を脅かすほどの実力をつけ、世俗を描くことに熱中しだす。そんなとき、鏡職人のカンム(キム・ナムギル)と出会う。ユンボクが川に落ちたときに透ける体をみて、カンムはユンボクが女性であることに気づく。  

 

 

Comment

 

キム・ナムギル主演映画『美人図』

おじゃまします。
9/25(土)から公開されるキム・ナムギル主演映画『美人図』日本公式サイトに予告がアップしました。
http://www.bijinzu.com/

8/21(土)には韓流シネマフェスティバルのオープニング作品としても上映されます。
http://www.cinemart.co.jp/hanfes2010/

よろしくお願いします。

NAME:ぱぶ | 2010.08.19(木) 02:01 | URL | [Edit]

 

ぱぶ様☆

韓流シネマフェスティバル毎年楽しみにしています
(個人的には「私の愛私のそばに」が入ることを期待してましたが、笑)
「美人図」はオープニング上映作品なんですね
札幌で上映される際には是非観に行きたいと思います

お知らせありがとうございました

NAME:ルピナス | 2010.08.19(木) 16:51 | URL | [Edit]

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 はっぴーるぴなす別館, all rights reserved.

るぴ

Author:るぴ
復習し再考し記録する
モットーは簡潔に
sutakorasassaなとこは相変わらずです


++sutakorasassa++

日本映画 (133)
韓国映画 (452)
香港・中国映画 (5)
アメリカ映画 (24)
フランス映画 (1)
イギリス映画 (1)
インド映画 (2)
アルゼンチン映画 (1)
その他 (3)
INDEX (20)

このブログをリンクに追加する

海にかかる霧 2015.4.24~ TOHOシネマズ
国際市場 2015.5.16~ シネマート新宿
予告犯 2015.6.6~
海街diary 2015.6.13~
グラスホッパー 2015.11.7~
母と暮らせば 2015.12.12~
猫なんかよんでもこない。2016年

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。