映画鑑賞メモ保管場所 mottoは簡潔に
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
下女(原題:하녀)  2010年  
監督:イム・サンス
出演:チョン・ドヨンイ・ジョンジェ、ソウ、ユン・ヨジョン

20100529-1.jpg

賛否両論でしょうね~
最後びっくりしちゃいました
終わった後、映画館の中がざわざわーってしましたよ、ちょっと笑い交じりで、、
  (CINUS明洞で映画観ました☆)


1960年の同名映画(キム・ギヨン監督)のリメーク作品
ブルジョア家庭の主人とメイドの不倫を衝撃の展開で描き
当時アジアで注目された作品だそうです
原作のストーリをちょっと見てみたけど、現代版とは若干違う
かなりのホラーちっくというか怪奇的な雰囲気もある映画だったみたい

「下女」っていうタイトルがね
今この言葉生きてるのかなぁ
所得格差が進んだ韓国社会の荒れ果てた風景を描いているっていうけど
ウニは学歴がある女性みたいだし
ここまで卑下される必要があるのか?って疑問は残ります

副題をつけるとしたら
   ~家政婦は見た~ (笑)

チョン・ドヨンが下女(メイド)を演じるわけですが
もう一人のベテランメイドのユン・ヨジョンも下女なわけで
これが面白かった

結局、何が言いたいのか、、とか 
ストーリ展開とか
そういうことは抜きにして
チョン・ドヨン、ユン・ヨジョン、イ・ジョンジェを見てるだけで面白かった
さすがです

イ・ジョンジェは完全に脇役ですね
そして、すごい役を引き受けましたね~
彼はもともととても色気のある俳優ですけど
いやー、参りました
ここまで傲慢にご主人様を演じられると、お見事です~って言うしかない
いやらしくで下品で、充分に不愉快です(笑)

いい映画か?って聞かれると正直よくわかんないんですけど
私はすごく面白かったです☆


20100529-2.jpg

20100529-3.jpg

20100529-4.jpg

20100529-5.jpg



離婚後、食堂で働くウニ(チョン・ドヨン)は貧しくも明るく素直に生きる女性だ。ある日ウニは大富豪フン(イ・ジョンジェ)の邸宅にメイドとして入る。そこには双子を妊娠中の若く美しい妻ヘラ(ソウ)と子供のナミ。そしてベテランメイドのビョンシク(ユン・ヨジョン)がいた。ある日、ウニはフンに誘惑されて関係を結んでしまい本能的な幸福を感じる。その後もウニとフンは妻の目を避けて激烈な関係を続けていく。そしてウニは妊娠する。ウニの妊娠が明らかになると周囲はそれをなかったものにしようとする。  

 

 

Comment

 

るぴなすさん☆

「ハウスメイド」こちらでやっていたので観に行きました♪
チョン・ドヨンさんはもちろん、イ・ジョンジェも観たくてi-233

「家政婦は見た」ククク。。私も同じこと思いました。
ユン・ヨジョンが・・市原悦子ってとこでしょうかね。
ユン・ヨジョンもいい女優さんですよね。
ハルモニ役なんて絶品i-189
ここではがらりと雰囲気変わってモダンな感じがステキでした。

私は面白かったけれど、誰にでもお薦めできる映画ではないですね。
チョン・ドヨンはやっぱり上手です。。
純粋な顔から怪しい女まで・・本当にゾッとするほど見せてくれます。
イ・ジョンジェの役も面白かった。
もう、どうしようもなく厭味なご主人様。
最後まですっきりしない不思議な映画。
そこがまた面白かったです。
結局、あの家族は何も変わらないんですよね。
でも・・娘の心の中には確かに何かが宿ったのだと思いました。

前から気になっていた映画を観られて満足ですi-176

NAME:tamapi | 2011.12.19(月) 16:50 | URL | [Edit]

 

tamapiさん☆

なんだかわかんないけどパワーのある映画でしたよね
出演する俳優さんすべてが素晴らしかった

何が言いたいのかさっぱりわからなくて
いや、わからんでもないけど、そこまででもないっつーか(笑)
金持の傲慢さはたっぷり伝わってきましたけどね
そこまで下女する理由は?って思うし

ともかくインパクトのある映画でした
(字幕なしで1回見ただけなのにえらく鮮明に覚えてます^^)

NAME:るぴなす | 2011.12.20(火) 00:20 | URL | [Edit]

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 はっぴーるぴなす別館, all rights reserved.

るぴ

Author:るぴ
復習し再考し記録する
モットーは簡潔に
sutakorasassaなとこは相変わらずです


++sutakorasassa++

日本映画 (133)
韓国映画 (452)
香港・中国映画 (5)
アメリカ映画 (24)
フランス映画 (1)
イギリス映画 (1)
インド映画 (2)
アルゼンチン映画 (1)
その他 (3)
INDEX (20)

このブログをリンクに追加する

海にかかる霧 2015.4.24~ TOHOシネマズ
国際市場 2015.5.16~ シネマート新宿
予告犯 2015.6.6~
海街diary 2015.6.13~
グラスホッパー 2015.11.7~
母と暮らせば 2015.12.12~
猫なんかよんでもこない。2016年

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。