映画鑑賞メモ保管場所 mottoは簡潔に
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
約束(原題:国境の南側 국경의 남쪽)  2006年  ☆ヽ(*^ω^*)ノ
監督:アン・パンソク 
出演:チャ・スンウォン、チョ・イジン、シム・ヘジン

20100720-14.jpg


「国境の南側」は原題
日本人にはピンと来ないタイトルだし内容的にも「約束」がピッタリだとは思うけど
「約束」っていう映画ほかにもあったよね~、確か
こっちの方が区別つきやすいので「国境の南側」でエントリあげました

先日「クロッシング」を見てきたもんですから脱北する話なんだなぁって思って若干気が重かったんです
クロッシングは本当に良い映画だったけど、辛い映画は見るには気合が必要だもん

でもこの映画、ラブストーリだったのね

彼女は親に勧められて結婚を決意したもののどうしてもソノが忘れられなくて
家族を捨てて決死の覚悟で脱北してきた
しかし彼女が結婚したと思ったソノは結婚していた


下手すると食傷気味なベタベタなラブストーリにもなっちゃいそうなんだけど
これ、かなーり面白かったです

20100720-16.jpg

本国では興行的にはいまひとつだったらしいですけど
大ヒット作品でも実際に観るとそうでもないなぁってのもあるし
感覚が違うんでしょうかね~

ソノ一家が頼みにしていた祖父が亡くなって親戚も頼れず
言葉から北から来たとすぐにわかってしまい、疎外感を感じ
ストレスを抱えながらソウルで慣れない生活を送る様子が上手く描かれてました
戸惑いながらソノが資本主義で動く南の生活にだんだん馴染んでいくのがよくわかって
チャ・スンウォンいいわ~

20100720-12.jpg

結婚して、開業した食堂もなんとか形になってきた頃に
あなたの婚約者が脱北してきましたと知らせが入って、、

そのあとは、メロドラマの定番みたいなのでもあり、、(笑)
でもすごくいいシーンがたくさんありました

2人で逃げてった海の見える田舎
あれってドラマ「悲しき恋歌」で登場したウェモンマウル(ドラマではそう言ってた)じゃないですか? 2人が泊まった宿も、バス停もそっくり同じでした
それだけでも懐かしくて切なくなってきちゃいました

こっちでは愛してるって言う時に、頭の上に「桃」を作るんだぜ
っていうシーン、、良かったですね~

20100720-13.jpg

辛いすれ違いのメローなんだけど
救われるのはヨナが弱い女性じゃなくて聡明で逞しいってこと
それはソノの奥さんにも言えますね
出演分量はそれほどたくさんじゃなかったけど
ソウルで孤独に生きてきたギョンジュがソノと出会って結婚して
ソノの家族と幸せに暮らす様がとても自然に感じられました
2人は第44回大鐘賞映画祭で女優助演賞(シム・ヘジン)新人女優賞(チョ・イジン)を受賞しています

エンディングは涙が出たけど
これってハッピーエンドよね

ところでアン・パンソク監督って
ドラマ「白い巨塔」を撮ったあのアン・パンソク監督さんでしょうか、、、

20100720-15.jpg



2001年ピョンヤン、楽団でホルンを演奏するソノ(チャ・スンウォン)は出生身分もよく家族と共に穏やかに暮らし、恋人ヨナ(チョ・イジン)との結婚を夢見ていた。しかしある日、家族が韓国の親族と連絡を取り合っていることが保衛部に感づかれ一家で亡命を決意する。ヨナは家族と一緒に準備して待っているから必ず迎えをよこしてほしいと言い、ソノは約束を交わし旅立った。韓国での厳しい暮らしの中で必死に働いて彼女の脱北資金を貯めようとするソノ。しかし彼のもとにヨナが北で結婚したという知らせが届く。  

 

 

Comment

 

即反応しました~♪いや~、私、これルピさんに観て欲しかったんです≧▽≦
これ、面白いですよね~?!いいですよね~?!
私は好きなんです。スンウォン氏は初メロってことで、北朝鮮の人の役だし、
すごく頑張ったのに、興行的に初めて?失敗してすごく落ち込んだそうです。
スンさんは映画のプロモーションにもすごく積極的ってことで有名らしいん
ですけど、この時は『ヘルスクラブ』っていうジムでの体作りの番組やってた
んですって。芸人さんとかが出てくるんですけど、そこでのイメージとあまり
にも違うのが災いしたって言われてるそうです。(本人も失敗したって言ってた)

そうそう、北朝鮮を見に行って泣くシーンも、再会した後の「桃」のシーンも
良かったですね^^ 北朝鮮での2人もよかったけど~
最後はああするしかなかったし、ヨナの相手もあの人で安心しました。

監督さんは『白い巨塔』の監督さんです。
実はそれが縁で、スンさんはジュンヒョク役のオファーがあって、本人もやる気
だったみたいです・・・ 表向きは撮影開始の遅れで降りて、別の映画に出た事に
なってますが、実際はどうなのか・・・この映画が興行失敗して監督が起用に弱気
になったとかも聞きますけど、強い力を持つという原作者のNGか?なんて憶測して
しまいますが^^;
でもやっぱりジュンヒョクはミョンミンさんですよね^^
スンさんのも見てみたい気がするけど。


NAME:mim | 2010.07.22(木) 12:27 | URL | [Edit]

 

mimさん☆

面白かったです~!
右のタイトル一覧の「国境の南側」に王冠マークついてるでしょ☆
私のお薦め映画です(*^^)v

興行失敗が不思議ですよね
すごい反転があったり刺激のあるストーリじゃないけど
丁寧に作られたいい映画だなぁって思いました
登場人物のキャラクタが全員良く描かれてて優しい映画

スンウォンさん初メローだったのね
まぁ、普段のスンさんは明るくて楽しい人だから
涙を流す切ないメローのイメージはなかったかもしれないけど
いや~、この映画スンさんよかったです~♪

やっぱり白い巨塔の監督さんだったのね
そういえば最初スンさんがキャスティングされたって話は聞いたことあります
そしたらチェ・ドヨンがミョンミンさんだった?
たしかそんな話もあったような、、、
この映画から繋がってたのね
不思議な縁ですね
それがなかったら今のミョンミンさんもまた少し違う歩みをしてたかもしれないし、、
作品との出会いってありますよね
私もスンさんのジュンヒョクが観たいっていうか
2人の共演が興味あったな~(*^。^*)

NAME:ルピナス | 2010.07.22(木) 13:49 | URL | [Edit]

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 はっぴーるぴなす別館, all rights reserved.

るぴ

Author:るぴ
復習し再考し記録する
モットーは簡潔に
sutakorasassaなとこは相変わらずです


++sutakorasassa++

日本映画 (133)
韓国映画 (452)
香港・中国映画 (5)
アメリカ映画 (24)
フランス映画 (1)
イギリス映画 (1)
インド映画 (2)
アルゼンチン映画 (1)
その他 (3)
INDEX (20)

このブログをリンクに追加する

海にかかる霧 2015.4.24~ TOHOシネマズ
国際市場 2015.5.16~ シネマート新宿
予告犯 2015.6.6~
海街diary 2015.6.13~
グラスホッパー 2015.11.7~
母と暮らせば 2015.12.12~
猫なんかよんでもこない。2016年

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。