映画鑑賞メモ保管場所 mottoは簡潔に
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
王の男(原題:왕의 남자)  2005年  ☆☆ヽ(*^ω^*)ノ
監督:イ・ジュニク
出演:カム・ウソン、チョン・ジニョン、イ・ジュンギ

20100901-1.jpg


こんなに面白い映画だったのか~!
へそ曲がりな私は、あまりにも大ヒットした映画なのでなんとなく敬遠してたけど
超納得、面白かった☆

「王の男」ってタイトルもそうだけど
宮廷を揺るがした究極の愛憎劇とか、タブーの同性愛を描くとか
ぜんぜん違うじゃないですか!

朝鮮時代に舞踊や歌の興行的な公演をしながら全国をまわった芸人集団のことを男寺党(ナムサダン)というそうです
私が今楽しんでる映画も好きな俳優も、原点はここよね
ジャンセンが現代に生きてたらものすごい名監督だったんじゃない?

仮面をかぶって演じる芝居の動きが可笑しくて
人形劇のシーンもよかった
そして「王の男」を観て涙するとは思いませんでした
コンギルは優しい子ね

正気ではない王の振る舞いや孤独、それを諫言する重臣たちの苦悩が物語の中心で
ヨン・サングンは凶暴な独裁政治の果てにクーデターにより失脚した王として実在するんだそうです

お互いをかばいあうジャンセンとコンギルは長年連れ添った夫婦みたいね(笑)
性という窮屈なものをとっぱらったもっと大きな結びつきを感じる
目を失っても芸人としての誇りを失わないジャンセンに、コンギルは「生まれ変わってもまた芸人になる」と告げる、あーー、なんて幸せそうな二人
二人が高く高く飛んで映画は終わる
実に爽やかで感動的でした

あっ、これを忘れちゃいけない
イ・ジュンギは妖艶で綺麗でした~

 

more

20100901-2.jpg

20100901-3.jpg

20100901-4.jpg

20100901-5.jpg



朝鮮時代燕山朝。女性よりも美しい芸人仲間のコンギル(イ・ジュンギ)を率いて漢陽(今のソウル)に上京して来たジャンセン(カム・ウソン)は、王とその愛人であるノクス(カン・ソンヨン)の関係を風刺した劇で街の名物となる。しかし、王を茶化したその芝居を宮廷が知り、屈辱罪で芸人一行は捕まってしまう。

 

 

Comment

 

連投すみません^^;でも お話したくって!!

これもおもしろかったですね~☆
ジュンギさん 歌舞伎の女形のようで 女らしかったですね~
コンギルとジャンセンの関係が 男同志っていうのを超えた
つながりがみえましたよね 
へんな意味じゃなく(笑)ちょっとうらやましかったです
この監督さんの新作がもうすぐ公開なんですか?きっとおもしろいですよね!
王のジニョンさんの演技が 『楽しき人生』を観たあとだったので
びっくりしました!(これもまさに人生って楽しいじゃん!って言える作品でした~^^)

話はとんで 年末~お正月に ひとりトム・ハンクス祭をやってまして(笑)
『ターミナル』、『レディ・キラーズ』がよかったですよ(^_^)v
いつか観てみてください!

NAME:たんたん | 2011.01.07(金) 19:58 | URL | [Edit]

 

たんたんさん☆

はい、、何連投でも(笑)大歓迎です~♪

性別を超えた人と人が大切に思いやりあう大きな愛情を感じましたよね
それと芸能、伝統芸能の原点っていうか
上手く言葉で表現できないんですけど
そういうのも感じて
スケールの大きな映画だなぁって思って、ものすごく面白かったです
韓国映画のなかではとても異色な広がりを感じる映画でした

「朝鮮名探偵」の強力なライバル映画の監督さんですよね
実は私は「王の男」も好きですけど
「楽しき人生」がもっと好き
この映画でイ・ジュニク監督のファンになりました
それとチョン・ジニョンさんも
楽しき人生、、まさにそのままの映画でよね

トム・ハンクス祭りしてたのね(#^.^#)
まだ今年になって映画観てないわ
『ターミナル』、『レディ・キラーズ』、いつか観ます~♪

NAME:ルピナス | 2011.01.08(土) 18:32 | URL | [Edit]

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 はっぴーるぴなす別館, all rights reserved.

るぴ

Author:るぴ
復習し再考し記録する
モットーは簡潔に
sutakorasassaなとこは相変わらずです


++sutakorasassa++

日本映画 (133)
韓国映画 (452)
香港・中国映画 (5)
アメリカ映画 (24)
フランス映画 (1)
イギリス映画 (1)
インド映画 (2)
アルゼンチン映画 (1)
その他 (3)
INDEX (20)

このブログをリンクに追加する

海にかかる霧 2015.4.24~ TOHOシネマズ
国際市場 2015.5.16~ シネマート新宿
予告犯 2015.6.6~
海街diary 2015.6.13~
グラスホッパー 2015.11.7~
母と暮らせば 2015.12.12~
猫なんかよんでもこない。2016年

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。