映画鑑賞メモ保管場所 mottoは簡潔に
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
菊花の香り ~世界でいちばん愛されたひと~(原題:국화꽃 향기) 2003年
監督:イ・ジョンウク
出演:チャン・ジニョン、パク・ヘイル、ソン・ソンミ 

20100905-1.jpg

大学新入生のイナは電車で見かけた女性から菊の香りを感じ恋に落ちる
サークルに入部したイナ(パク・ヘイル)は、そこで偶然にもその女性に再会する
彼女はサークルの先輩ヒジュ(チャン・ジニョン)だった
夏の浜辺の合宿でイナは愛を告白するがヒジュには恋人がいた


しかしこの映画のストーリはどうしてこうも悲しいんでしょう
両親と婚約者を交通事故で一度に亡くし、生き残った罪悪感からやっと解き放たれて幸せになろうとした矢先に、自分が病気で死ぬなんて、しかも赤ちゃんを産んで
いくらなんでも悲惨すぎないですかね~

こんなに悲しい物語なのにちっとも泣けなくて、、、トシとって涙もろくなってるはずなのに
最近映画の観すぎで感受性がマヒしてる?(などと心配になってしまいました)

ヒジュは学生の頃は違うことは違うとスパッと言いきれるカッコいい女性で
だからイナも惹かれたんだと思うんだけど
事故の後はすべて内向きに自分を否定して生きてきて
イナの一途な愛がそれをすべて受け止めたのに
結局、ヒジュは最後まで我慢して一人で耐えて自分が病気であることを夫に伝えなくて
ラジオ番組を通して心情を語るっていうのがちょっとわかりにくかった
映画「ラストプレゼント」でもそうだったけど、自分の病気を隠しとおして死んでしまうのは優しさなのかなぁ(私には理解できない)

パク・ヘイルって顔が小さくて女の子みたいに見えるときあるのね
図書館で先輩を隠れて盗み見るシーンがとても綺麗でした
結婚しても「ヒジュさん」って呼んでるところが微笑ましかった

MBCスペシャルで「チャン・ジニョンの最後の1年」のドキュメンタリ番組を見た直後なので、辛いですねこの映画は
イナと結婚してつかの間の幸せな時間を過ごすヒジュだったけど悲しげで幸せに浸ってない感じがあって、どうしてもどこか重なるんでしょね
俳優と作品が出会うということ、そしてその作品をこうして私が観ることの出会いをいろいろと考えてしまいました
チャン・ジニョンさんの人生ってまさに映画のようだったんだなぁ
本当に可愛くて魅力的な俳優だったとしみじみ思いました

20100905-2.jpg

20100905-3.jpg

20100905-4.jpg

20100905-5.jpg

20100905-6.jpg  

 

 

Comment

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 はっぴーるぴなす別館, all rights reserved.

るぴ

Author:るぴ
復習し再考し記録する
モットーは簡潔に
sutakorasassaなとこは相変わらずです


++sutakorasassa++

日本映画 (133)
韓国映画 (452)
香港・中国映画 (5)
アメリカ映画 (24)
フランス映画 (1)
イギリス映画 (1)
インド映画 (2)
アルゼンチン映画 (1)
その他 (3)
INDEX (20)

このブログをリンクに追加する

海にかかる霧 2015.4.24~ TOHOシネマズ
国際市場 2015.5.16~ シネマート新宿
予告犯 2015.6.6~
海街diary 2015.6.13~
グラスホッパー 2015.11.7~
母と暮らせば 2015.12.12~
猫なんかよんでもこない。2016年

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。