映画鑑賞メモ保管場所 mottoは簡潔に
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
ラブ・レター~パイランより~(原題:파이란)  2001年  ☆☆ヽ(*^ω^*)ノ
監督:ソン・ヘソン
出演:チェ・ミンシク、セシリア・チャン、ソン・ビョンホ、コン・ヒョンジン

20100909-1.jpg


"세상은 날 삼류라 하고, 이 여자는 날 사랑이라 한다."
~世間は私を三流だと言うが、この女は私を愛だと言う~

感動しちゃったよー
こういうのに遭遇して感動するから映画って楽しいよね☆
ありえない設定なのに、全然納得しちゃう
会ったこともない偽装結婚した相手が死んじゃってから話が始まるなんてね
驚きだわ
前半、二人の接点が見えないときはどうなるのかわかりにくかったけど
パイランが洗濯屋で働くようになってから俄然面白くなった
ラブストーリとはちょっと違う
お互い会ったことも話したこともなくて純愛かと思うけど、それも違う
人って誰かを愛する生き物で
誰かを愛して誰かに必要とされて、そうしてやっと生きていられるっていうか
そう思うと切なくて切なくて、、、

身よりのない異国でひとりで生きるしかない若い女性にとって
偽装結婚であっても夫と呼べる人がいることだけで生きる支えになるってことが切ない
東海の海の見える田舎町で暮らすセシリア・チャンの寂しげで清楚な美しさが本当によく似合ってました

で、そんな彼女に「世界で一番優しい人」と言われたダメやくざのカンジェ(チェ・ミンシク)が真から駄目な奴なんだよね
一緒にヤクザの世界に飛び込んだ相棒(ソン・ビョンホ)は組の親分になってるのに自分は今だ下っ端で若いやつからもバカにされて、人がいいからヤクザの仕事もまともにできないし、でもすぐ頭にきて喧嘩するし、気が弱くてどーしようもないおっさんヤクザ
この駄目っぷりがチェ・ミンシク最高なの
セシリア・チャンの身綺麗さとチェ・ミンシクの汚れっぷりの対比が面白い

カンジェが海で手紙を読んで男泣きするシーンは、あれ観て泣かない人はいないと思うわ
たどたどしく書かれた手紙を読んで浄化されたというか、しみじみ自分の人生が嫌になったんだろうな
ラストはね、あれはそうなってもそうならなくてもどっちでもいいな(笑)
私的にはカンジェがパイランのお骨をもって田舎に帰ろうとした時点でこの物語は完結しちゃった

カンジェといつも一緒にいるギョンス(コン・ヒョンジン)と洗濯屋の女主人のキム・ジヨンの存在がこの映画を明るくさせてくれて大事な存在になってます
コン・ヒョンジンは何処でお逢いしても本当に良いです☆
 

more

20100909-2.jpg

20100909-3.jpg

20100909-4.jpg

20100909-5.jpg



三流のチンピラ、カンジェ(チェ・ミンシク)。彼はボスの身代わりとなってムショ入りすることになるが、そんな時「奥さんが死んだ」という連絡を受ける。中国から来た女性パイラン(セシリア・チャン)と金目当てで偽装結婚していたのだが、彼女が東海(日本海)海岸沿いにある寒村で亡くなったのだ。カンジェはギョンス(コン・ヒョンジン)と共に会ったこともない妻の遺体を引き取るために江原道へと旅立つ。

 

 

Comment

 

おもしろそう~!
見てみた~い!
これレンタルされてるかな?

チェ・ミンシクの出てる作品は
いつも何となく惹かれます ^^

NAME:あ~にゃ | 2010.09.11(土) 17:07 | URL | [Edit]

 


あ~にゃさん☆おっひさ~~(そろそろなんかいっしょに映画観たいね~)

これね、原作は浅田次郎の「鉄道員」の中にある短編小説集「ラブ・レター」で、中井貴一主演で日本で映画化されてるんだって(設定がちょっとだけ違うらしいけど)
さらに韓国版の脚本に「宿命」の監督したキム・へゴンも参加してるの
なんだかーどの話題もじゃっいっか(笑)って感じで、映画観る気にならない気もしないでもないんですけど

いやいやいやいやー、これは絶対に観るべし!って映画でした
原作超えてそう(観てないからなんとも言えないけど、笑)
レンタルされてるよ
今なら100円で観られる(贅沢だー)

チェ・ミンシクいいよね
「醉画仙」はちょっと、、でしたが他は全部面白い
☆5つ満点つけたくなる映画が多いです
ぜひぜひお薦めです~~(*^。^*)

NAME:ルピナス | 2010.09.11(土) 20:36 | URL | [Edit]

 

 このお話は浅田次郎さんの小説が最初で、電車の中で読んだんですけど泣けて泣けて恥ずかしいったらありゃしないって感じで・・・
 原作ではラストはルピナスさんが完結したところで終わります。
 映画であのシーンは蛇足かなという気もしますけど、ミンシクさんの演技が素晴らしいので私はありかなと思ってます。

 中井貴一さん主演で日本でも映画化されてますが、私は観て無いです。
 このお話はミンシクさんで再生されることになってますi-236

NAME:harp | 2010.10.01(金) 18:54 | URL | [Edit]

 

harpさん☆

原作を読まれたんですね
そっか、原作はそこで終わりなんだ

あのラストシーンですが、ミンシクさんのファンブログで記事を読んで知ったんですけど
数十秒首を絞めても死んだりはしないから、真剣に絞めて欲しいってミンシクさんが自ら申し出たんですって
あの苦しみ方は本当だったってことですよね
ミンシクさん、すごいなぁ☆

私も中井貴一さん主演版は観てないのでなんとも言えないですけど
でもミンシクさんのを観たらこれ以上のものはないと感じました
韓国では当時そんなにすごい興行人数ではなかったらしいんですけど
コアなファンがたくさんできた映画だったそうです
マニアのようにファンになった人が繰り返し観たんですって
惹かれる気持ちわかるような気がします

NAME:ルピナス | 2010.10.01(金) 23:24 | URL | [Edit]

 

色々ですね

ルピナスさん、
私はこのラストは苦手でした。

途中居眠りしちゃったせいかなあ。。。伝わってこなかった。
ものすごく言いたいことはわかるんだよね。
この境遇の2人がお互いを支えにするしかない。
すがるような多分愛とも言えない様なお互いへの気持ちはとってもよくわかるの。
でも、女性が弱くて辛いままではかなく~
っていう作品はどうも私苦手なようです。
私の場合は、ラストがああじゃなければ印象違ったかもなあ。
というのが正直な感想です。
もう1度見たら印象変わるかもっていう気もしてます。
映画って出会うタイミングもありますよね。

NAME:happa | 2010.11.06(土) 02:15 | URL | [Edit]

 

happaさん☆

わっ、そうなんだ~
面白いね
いろんな感想があるから面白い

女性が弱くて辛いままで儚いのが苦手っていうのはすごく分かります
たぶん私が面白いと感じて、この映画の中でずっと見てたのはチェ・ミンシクだと思う
彼のダメさ加減と情けなさと心の動きに感動したんだと思うわ
だってストーリ的には現実には成り立たないような不思議な話なんだもん
そういえばこの映画って、そんなにヒットしなかったんだけど
一部の人にものすごくコアに愛された映画なんだって
なんとなく分かるような気がしますね

やっぱり好みとか好き嫌いの感覚ってあるんだと思うよ
出会うタイミングとか自分の調子もあると思うし
happaさんと私って微妙に感覚が違う部分があって
同時にすごーく理解できる部分と両方あって面白いよね~"^_^"

NAME:ルピナス | 2010.11.06(土) 02:35 | URL | [Edit]

 

そうそう☆

ルピナスさん、多分興奮して私たち眠れない?

まったく感覚違うとさすがにどーかなあと思うけど、
私たちって本当びみょーに違う感じが、わたしも心地よいです。
違ってても理解できるっていいよね。
なるほど、チェ・ミンシクのダメっぷりね~
この映画をコアに愛する人はまさにそこに面白みを感じるんでしょうね。
それは、なんか納得だわ。
あり得ない設定や状況を面白く見せてくれるのも映画の醍醐味だよね。
こういうふうに映画を観る面白さに誘ってくれたのは、ミョンたんだわ。

NAME:happa | 2010.11.06(土) 02:51 | URL | [Edit]

 

happaさん☆

くくく、、(>_<)
「まったく感覚違うとさすがにどーかなあと思うけど」がちょっとツボに入ってしまった(笑)
そうなったらhappaさんお話してくれないよね、きっと(爆)
私もびみょーに違う感じが心地良くて
違う部分を違うと言い合ってるところも面白いし(*^。^*)

いや~~、こんな時間だわ(笑)
やっぱ嬉しくてちと興奮気味かしらんi-239
ミョンたんの手形に触れられないのはちょっと残念でしたけどi-235

NAME:ルピナス | 2010.11.06(土) 03:05 | URL | [Edit]

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 はっぴーるぴなす別館, all rights reserved.

るぴ

Author:るぴ
復習し再考し記録する
モットーは簡潔に
sutakorasassaなとこは相変わらずです


++sutakorasassa++

日本映画 (133)
韓国映画 (452)
香港・中国映画 (5)
アメリカ映画 (24)
フランス映画 (1)
イギリス映画 (1)
インド映画 (2)
アルゼンチン映画 (1)
その他 (3)
INDEX (20)

このブログをリンクに追加する

海にかかる霧 2015.4.24~ TOHOシネマズ
国際市場 2015.5.16~ シネマート新宿
予告犯 2015.6.6~
海街diary 2015.6.13~
グラスホッパー 2015.11.7~
母と暮らせば 2015.12.12~
猫なんかよんでもこない。2016年

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。