映画鑑賞メモ保管場所 mottoは簡潔に
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
ワイルド・アニマル(原題:야생동물보호구역)  1997年  
監督:キム・ギドク
出演:チョ・ジェヒョン、チャン・ドンジク 

20101002-5.jpg

キム・ギドク監督の第二作品
なんと言っても印象的なのはこのポスターでしょ
冷凍鯖で殺人、そして後ろの女性(石像ではないのです)
たしかなんかの映画でこれをパロってましたよね、、なんだったかなぁ?
ストーリー的にはここの部分はものすごい重要というのではないんだけど
ともかく強烈なインパクトよね

舞台はパリ、住んでいる舟を自分のアトリエにして好きな絵を描くことがチョ・ジェヒョンの夢で、様々な小道具が登場して芸術の香りが漂うけど
ストーリとしてはごくありきたりで
わかりやすくて普通に楽しめました
キム・ギドク作品の独特さや難解さはなかった
でも邦題はワイルド・アニマル、原題は野生動物保護区域
タイトルは難解でわかりにくい

チョ・ジェヒョンが姑息でいきあたりばったりで、若くて、憎めない感じが妙に可愛いくて
チャン・ドンジクが若い頃のチェ・ミンスばりの渋さとカッコよさでした
最後はこの二人に凸凹コンビでパリで幸せに暮らして欲しいと思ったけど
無理よね、、、最初からこうなるなぁって思ってた結末で終わり
二人の血がパリの石畳を雨に混じって流れるのよね
そんな結末なのに何故か辛い感じが残らない不思議な終わり方でした

20101002-6.jpg

フランス外人部隊に入隊しようとパリに来た北朝鮮特殊部隊脱走兵ホンサン(チャン・ドンジク)は到着そうそうチョンヘ(チョ・ジェヒョン)に騙されて荷物と金をネコババされそうになる。チョンヘを追いかけて叩きのめそうとするホンサンだったが、彼の口車に乗せられて奇妙な友人関係を結ぶ、チョンヘは韓国からフランスにやってきた画家の卵だったが落ちぶれて同僚の絵を盗んで売って生計を立てていた。二人はフレンチマフィアのボス(リシャール・ボーランジェ)の下で働くことを決める。チョンヘはボディ・ペイントで生計を立てている女性コリンヌ(Sacha Rvkavina)と出会い恋に落ち、ホンサンは密入国の際に手助けをしてくれたローラ(チャン・リュン)のことが忘れられない。  

 

 

Comment

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 はっぴーるぴなす別館, all rights reserved.

るぴ

Author:るぴ
復習し再考し記録する
モットーは簡潔に
sutakorasassaなとこは相変わらずです


++sutakorasassa++

日本映画 (133)
韓国映画 (452)
香港・中国映画 (5)
アメリカ映画 (24)
フランス映画 (1)
イギリス映画 (1)
インド映画 (2)
アルゼンチン映画 (1)
その他 (3)
INDEX (20)

このブログをリンクに追加する

海にかかる霧 2015.4.24~ TOHOシネマズ
国際市場 2015.5.16~ シネマート新宿
予告犯 2015.6.6~
海街diary 2015.6.13~
グラスホッパー 2015.11.7~
母と暮らせば 2015.12.12~
猫なんかよんでもこない。2016年

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。