映画鑑賞メモ保管場所 mottoは簡潔に
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
氷雨(原題:빙우 )  2000年  
監督:キム・ウンスク
出演:ソン・スンホン、キム・ハヌル 、イ・ソンジェ







はるか昔に井上靖の『氷壁』を読んだ気がするんだけど、似てるような違うような、それとも関係ない?
二人の男性と女性っていうのは同じだけど、女性は登山しないはず・・・でもほとんどストーリ覚えてないです
小説はものすごく深い心理描写があったような気がするけど、映画はそこまでは難しいよね
話がもっと展開するのかなぁって思ってるうちに終わっちゃいました

命をかける勢いで大恋愛をする(笑)スンホンしか見たことがなかったので、ギョンミン(ハヌル)に片思いするウソン(スンホン)がすごく新鮮でした
韓国では不倫ってものすごいことだと思うんだけど、おさななじみのギョンミンは不倫で苦しんでいて、純情な青年ウソンはで、ギョンミンが好きでも手も足もでない、相手になりませんって感じです
こんな可愛いスンホンを見たのは初めてです
大学生で野球してるウソン
野球のユニフォームがあまりにも似合っててビックリ、お尻が大きくないと似合わないはずだけど大きいのかな(^^)

ジュンヒョン役のイ・ソンジェはデイジーに出てましたね
派手な印象ではないのですが、ちょっと色っぽい男優さんです(いい感じの髭具合で、あぁ~、わたしゃ髭に弱いオナゴじゃ~^^)



ウソン(ソン・スンホン)は尊敬する先輩ジュンヒョン(イ・ソンジェ)たちとアラスカ・アシアク登山に参加する。しかし、途中で一行を猛吹雪が襲い仲間とはぐれたふたりは氷の洞窟に避難した。脚を痛めて身動きの取れなくなった先輩ジュンヒョンを気遣うウソン。ジュンヒョンは朦朧とした意識のなかで今なお忘れることのできない愛した女性の記憶を語りはじめる。しかしその女性はウソンが幼い頃から想いを寄せていたギョンミン(キム・ハヌル)だった。  

 

 

Comment

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 はっぴーるぴなす別館, all rights reserved.

るぴ

Author:るぴ
復習し再考し記録する
モットーは簡潔に
sutakorasassaなとこは相変わらずです


++sutakorasassa++

日本映画 (133)
韓国映画 (452)
香港・中国映画 (5)
アメリカ映画 (24)
フランス映画 (1)
イギリス映画 (1)
インド映画 (2)
アルゼンチン映画 (1)
その他 (3)
INDEX (20)

このブログをリンクに追加する

海にかかる霧 2015.4.24~ TOHOシネマズ
国際市場 2015.5.16~ シネマート新宿
予告犯 2015.6.6~
海街diary 2015.6.13~
グラスホッパー 2015.11.7~
母と暮らせば 2015.12.12~
猫なんかよんでもこない。2016年

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。