映画鑑賞メモ保管場所 mottoは簡潔に
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
デッドマン・ウォーキング(原題:Deadman Walking) 1995年  ☆☆☆☆☆
監督:ティム・ロビンス
出演:スーザン・サランドン、ショーン・ペン

20101022-1.jpg


面白かった 見ごたえあった

ちょいと言い方が変だから誤解を受けないといいんだけど
手当たり次第に韓国映画を見続けて(勝手に)食傷気味になってたところで
こういう映画が観たいなぁってイメージしてたのがあって
やっとその望みどおりの映画を観たといいますか、そーんな満足感、満腹感☆☆

Deadman Walkingとは死刑囚が独房から処刑場へと連れられていくその最後の歩み、もしくは、監獄から処刑場まで出発の合図、ネット検索したらそんな意味のようです

宗教的な話は詳しくないからわからないけど
あの状況で死刑囚とあんなふうにゆるぎない姿勢で向き合えるってことは、凄いことだと思って信仰の力を感じた
人が人を裁くことはどういうことか(死刑制度に対する是非)
人はどうやって憎しみと対峙してくか
いろんな問題を投げかけてくるんだけど

それよりもなによりも、もー何が良いって
スーザン・サランドンとショーン・ペンの演技力の素晴らしさがケタが違う
登場した時のショーン・ペンの顔、怖かったよー
絶対に殺人犯の顔だった(笑)

堪能させていただきました
じっくり見てじっくり楽しんだって感じ
あー、満足☆  面白かった~~☆



ルイジアナ州ニュー・オーリンズ、セント・トマスの希望の家で働くシスター・ヘレン(スーザン・サランドン)は死刑囚マシュー・ポンスレット(ショーン・ペン)から手紙を受け取る
マシューは相棒と二人でカップルを惨殺し州立刑務所に収監されていた
死刑囚と会うのは初めての経験だったがヘレンはマシューの求めに応じ刑務所を訪れ彼と面会する
 

 

 

Comment

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 はっぴーるぴなす別館, all rights reserved.

るぴ

Author:るぴ
復習し再考し記録する
モットーは簡潔に
sutakorasassaなとこは相変わらずです


++sutakorasassa++

日本映画 (133)
韓国映画 (452)
香港・中国映画 (5)
アメリカ映画 (24)
フランス映画 (1)
イギリス映画 (1)
インド映画 (2)
アルゼンチン映画 (1)
その他 (3)
INDEX (20)

このブログをリンクに追加する

海にかかる霧 2015.4.24~ TOHOシネマズ
国際市場 2015.5.16~ シネマート新宿
予告犯 2015.6.6~
海街diary 2015.6.13~
グラスホッパー 2015.11.7~
母と暮らせば 2015.12.12~
猫なんかよんでもこない。2016年

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。