映画鑑賞メモ保管場所 mottoは簡潔に
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
リメンバー・ミー(原題:동감 )  2000年  ☆ヽ(*^ω^*)ノ
監督:キム・ジョングォン
出演:ユ・ジテ、キム・ハヌル 、ハ・ジウォン




いい映画でした
ハヌルちゃんが演じるソンウは私と年代が近いと思う(たぶん、笑)
彼女のその後の人生を実感をもって想像できるので「しみじみ度」が高いです
20年って長いけど、過ぎてしまうとアッという間(遠い眼、、、)
今ここに至るのも私の運命だったんだなぁ…なんて…



のび太がドラえもんの道具で未来へ行って、未来の自分と会うような話だわ
未来にも過去にも行くわけではないですけど
すごく自然な物語になってました

どんな些細なことでも自分の将来がわかってしまうのはきっとつらいことなんでしょうね
というか、決まっている未来なんて本当はないもの
自分の行動によって決まってくるんだものね
運命なんて終わってみて初めて言える言葉です

この映画は数週間の出来事だけど、長い人生を感じさせてくれます
途中でこの2人が親子だったらどうしよう…
なんて要らぬ心配しました
始まりは1979年のソンウの視点で話が進み
最後は1999年のインの視点で物語が終わるのも時間の流れを感じて面白かった



やっぱりジテさんですね~~
彼はうまいです
電源が入ってないのに交信できる無線機に「ボア?」って驚いた顔
ソンウと交信を始めた頃の楽しそうな顔
そして自分の一言で彼女の人生を変えてしまったことに気付くところや、現在のソンウと会うところなど、すべてにおいて光ってました

20年後のソンウ(ハヌルちゃん)が現れる時、おばさんが出てきたら
ハヌルちゃんが老け顔ででてきたらどうしようって心配しちゃいました
コントになっちゃいそうで…ここまで来たらきれいなままのハヌルちゃんでよかった
2人が会話をしないですれ違うのもよかったなぁ、、、
インの思いは通じたはずだし、ソンウが自分の人生を責任を持って生きてるって言ってるような気がしました

 

more



1979年に生きるソンウ(キム・ハヌル)は月食の夜、手に入れた古い無線機で大学生チ・イン(ユ・ジテ)と交信する。2人は同じ大学生の学生だったことがわかって大学で待ち合わせるが何故か会えない、、2人は違う時代に生きていたから。20年の歳月を隔てて毎日交信する2人。そこにそれぞれのラブストーリーが展開する。

 

 

Comment

 

泣いて鼻が詰まりました

るぴなす様

私はこの映画でユ・ジテにはまりました。
るぴなすさんの
「始まりは1979年のソンウの視点で話が進み
最後は1999年のインの視点で物語が終わるのも時間の流れを感じて面白かった」
を読んで、今更ながら「おお~!」、
私なんかただ観て、泣いてただけでした。

人の心は引き留められないんだなぁ~と、
だからせつなくて、涙でした。

NAME:tarujo | 2011.03.01(火) 00:42 | URL | [Edit]

 

tarujoさん☆

おおっ、この映画でジテさんおファンになったんですね
ってことはかなり前からファンなんですか

私がこの映画を観たのはかなり前なんですよね
面白く観た映画でした
まだこんなに韓国映画を観るとは想像もしてなくて
実はジウォンちゃんやヨンウが出てることも最近知ったんです
又観たいと思ってます~♪

NAME:ルピナス | 2011.03.04(金) 22:14 | URL | [Edit]

 

かなり前に観ました

たしか、初めてNHKのBSで「冬ソナ」が
放送された頃だったか、
家でグタグタしていて、TV欄のBSのところに
一行、「リメンバー・ミー」とあったので、
最初はアメリカ映画と思ってチャンネルを
あわせたんですよね。

そしてたら、韓国映画だったので
「あらっ」って思ったんですが、
「まぁ、いいや」と観たら、
のめり込んじゃってせつなさに涙で、それからユ・ジテいいなぁ~と。
どこか切れてるといやなので、
それからビデオ屋さんで借りて見直して、
また、涙、涙・・・。

ただ、ホラーっぽい物とか、グロイ系だめで、
観られません。
「純情漫画」も良かったです。
ヒットしませんでしたが「スターの恋人」
最初の数羽のテンポの悪さ我慢できれば、
内容的には胸キュンで、良かったです。
それで、久しぶりに「リメンバー・ミー」を
見返して、ジウォンさんが出てて、
「あらびっくり!」、結構からんでるのに、
あの二人以外見えてませんでした。

因みに、初めて観た韓国ドラマはNHKで放送された「風の丘を越えて」で、感動しました。
仕事先のおじさんは、この映画を観て感動して、韓国語始めました。
余談でしたね、ごめんなさい。

NAME:tarujo | 2011.03.07(月) 12:26 | URL | [Edit]

 

tarujoさん☆

実は私もこの映画はかな~り前に観たんですよ
ジテさんが好きで観たんですけど、すごく面白かったことは覚えてます
今観るとどんな風に感じるのかなぁって思って
もう一度観たい映画が何本かあるんですけど、その中の1本です

「風の丘を越えて」
初めて聞くタイトルだとおもったら、1993年の映画なんですね
イム・グォンテク監督作品ですね
知り合いの方はこの映画を観て感動して韓国語を始めたんですか?すごいですね
私もチャンスがあったらぜひ観てみたいです☆

NAME:ルピナス | 2011.03.10(木) 16:19 | URL | [Edit]

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 はっぴーるぴなす別館, all rights reserved.

るぴ

Author:るぴ
復習し再考し記録する
モットーは簡潔に
sutakorasassaなとこは相変わらずです


++sutakorasassa++

日本映画 (133)
韓国映画 (452)
香港・中国映画 (5)
アメリカ映画 (24)
フランス映画 (1)
イギリス映画 (1)
インド映画 (2)
アルゼンチン映画 (1)
その他 (3)
INDEX (20)

このブログをリンクに追加する

海にかかる霧 2015.4.24~ TOHOシネマズ
国際市場 2015.5.16~ シネマート新宿
予告犯 2015.6.6~
海街diary 2015.6.13~
グラスホッパー 2015.11.7~
母と暮らせば 2015.12.12~
猫なんかよんでもこない。2016年

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。