映画鑑賞メモ保管場所 mottoは簡潔に
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
力道山  2004年  ☆☆ヽ(*^ω^*)ノ
監督:ソン・ヘソン
出演:ソル・ギョング、藤竜也、中谷美紀、萩原聖人

力道山


感動しました! ソル・ギョング
すごい役者だなぁ
本物の俳優だなぁ
藤竜也も渋いよね~カッコよかった
良かった~なんで今まで観なかったんだろ~

ソル・ギョングは役作りのために30キロ近く(28キロ?)体重を増やしたそうです
しかもちゃんとプロレスラーの体を作ってる
体つきだけじゃなくて、実際のプロレスの試合もソル・ギョングがやっていてリアリティあって、見ごたえがあって、プロレスの試合を見てるだけで感動!あまりの凄さに唸ります!

セリフはほとんどが日本語
どうしても限度はあるし、日本語を上手く話しきってるとは言えないけれど
それでもここまで感情が伝わってくるというのは
ソル・ギョングの俳優としての力量のすごさですよね、本当に驚きです

実在した人の映画って単に人物史みたいに記録として表現するだけに終わっちゃう映画になりがちだと思うんだけど、この映画はそうじゃなかった
力道山のパトロン的存在だった藤竜也が演じた菅野武雄と力道山の関係が軸になっていて
この二人が本当にいいんですよ
裏社会にも通じながら実力者で日本のプロレスの立ち上げにも関わった菅野は、日本プロレスの発展を見据えて力道山に引退の花道を作ろうとする(同時に次のヒーローを作ろうともしていて、そのあたりの狡猾さもみせつつ)
でも力道山は突っ走ることしかできなくてぶつかるんですよね
上手く表現できないんだけど
在日朝鮮人である彼が戦後の日本のヒーローとして輝きながらも
どうしようもなく孤独で一人もがく姿がきちんと描かれてる
  実際の力道山がどういう人だったかということは別としてね
  なんとなくうっすらと持ってた力道山のイメージはもっと違う部分もあるし、、、


この映画、話題にはなったけど韓国でも日本でもそんなにヒットしなかったらしいですね
こんなにいい映画なのになぁ~
ソルギョング観るだけでも絶対に損しないお薦めの映画でした☆



昭和25年、生粋の日本人でなければ横綱になれないと告げられた相撲力士・力道山は、25歳の若さで髷を落とす。相撲しかできなかった彼は、酒と喧嘩に明け暮れる日々を過ごしていた。そんなある日、彼はアメリカに「プロレスリング」というスポーツがあることを知る。何の躊躇もなく太平洋を渡った彼は2年後にプロレスラーとなって帰国、さっそく日本初のプロレス事業を開始する。初試合は大成功を収め、アメリカ人選手を次々とマットに沈める彼は、敗戦で失意のどん底にいた日本人たちの英雄となってゆく。しかし、それと同時に彼の人生も徐々に狂い始めていた。

→→ シネマトゥデイインタビュー

 

 

 

Comment

 

るぴなすさん☆

本当に、なぜ今まで観なかったのか。。
なぜなら韓国映画のジャンルに無かったから。。
探せなかった。。店員さんに聞きました。。(敗北)

で。。良かった!!ソルギョングはすごい役者だとつくづく思いました。
というか、、惚れましたi-237
インタビューも良かった!!
体も完璧にレスラーだったし、プロレスシーンもド迫力!!
病室でのシーン。。あの表情。。うまいですよね。。
「実は辛い」は忘れられない名セリフ!!

ソルギョングにどっぷり嵌りたいけどレンタル少ないですね。。
アマゾンで見つけては自分との戦い。。
マウスを握る手が震えております。。
まだまだソルギョング祭りしていた~い!!

NAME:tamapi | 2011.07.14(木) 22:04 | URL | [Edit]

 

tamapiさん☆

いいっしょ~(#^.^#)
本当にソルギョングはすごい役者です
ソルさんは最初はこの映画を受けるのを固辞してたんだって
体を酷使する映画だしやりたくない~!って言ってたけど
いろいろあって仕方なく受けたって言ってました(期せずしてミョンたんと同じ)

あのプロレスラーの体!凄いよね
でも、あの後体重を落とすのが大変だったみたいよ
体重は落とせるんだけど気力まで落ちちゃうんだって
食べなきゃ人間元気でないもんね

出演した映画に努めて大きな意味をおかないようにしている
意味というのは観客が見つけるもの

この言葉に痺れました
カッコよすぎだわ~~☆

ってことで、別件でメールいたしました~♪

NAME:るぴなす | 2011.07.15(金) 13:50 | URL | [Edit]

 

るぴなすさん☆

メールありがとうございますi-176
感動です。。

このインタビューがたまらない!!!
出演映画に対する考えはミョンたんと似ているな。。
と思いましたが!!「ハリウッドの俳優は嫌い」って!!
このぶっきらぼうさがいいかも!?
ああ~~。。本当に。。嵌らざるをえません。。
ア~メン。。(意味なし。。懺悔!?)

こちらからヤフーメールで送りました。
届きましたでしょうか?


NAME:tamapi | 2011.07.15(金) 14:55 | URL | [Edit]

 

tamapiさん

(笑)なぜに懺悔、、
でも確かに陥らずにはいられません、ソル様☆
言葉少ななのに伝わってくる強さ
カッコいい!!

密かにソル様連合結成か!!(爆)
メール無事届きました~♪

NAME:るぴなす | 2011.07.15(金) 16:47 | URL | [Edit]

 

むふふ☆
・・賛成。。
連合長!!ご指導よろしくお願いしまっす!!

祭りじゃ♪祭りじゃ~~♪

NAME:tamapi | 2011.07.15(金) 19:00 | URL | [Edit]

 

tamapiさん☆

連合結成ねi-179 ラジャ~☆

NAME:るぴなす | 2011.07.17(日) 14:49 | URL | [Edit]

 

ソル・ギョングさん、尊敬します

ついに「力道山を」観ました。
ソル・ギョング、ここにあり。
どれほど努力したことか。。。。
すごい人だなぁ
役者と言う以前に、人として、尊敬します。

プロレスラーの体づくり。プロレスの技の修得
日本の俳優たちとの絆をつくって、一緒に仕事をしてゆくこと
そして日本語

「りきどうざん」ていう発音
韓国語話者には難しい音ですよね
「ざ」のおとを、一生懸命に練習して
完璧に仕上げてきた彼のその努力
あれだけ多くの日本語のセリフを
日本語を話さない俳優が覚えるということの
気が遠くなるような努力を讃えたい。
スゴイ、すごい役者さんだ。。。

力道山さんの生涯について何も知らなかったんです。
でもこれを見て、まず第一に、日本統治下の朝鮮半島から
日本へ渡ってきた多くの方々の、その心のうち
どれほどつらい目に会わなければいけていけなかったか
どれほど悔しかったか。それでもそのなかで
懸命に生きた在日一世の人たちの、その心が
痛いほど伝わってくる

今では外国人横綱も当たり前。
この時代には、「生粋の日本人」にしか許されなかった。
帰る場所もなく、すべてをそれにかけた彼に
横綱が許されなかったその不条理
「生粋の日本人」っていったいなんだろう
歴史を振り返れば、大陸・半島・日本は
いにしえから交流し、
数えきれない多くの人が、先祖を朝鮮半島に
もっているというのに
力道山が言った「私は世界人」
この言葉が胸にひびく

レスラーとして成功を手にし、
メイドさんのいる白亜の豪邸に住み始めるや、
手のひらからこぼれおちて行く小さな幸せ
失うものが多くなるうち猜疑心が芽生え、
肩書きなど関係なく、彼と言う存在を、まるごと愛してくれた妻の心さえも、失ってゆく。
小さなおうちで暮らしたころには確かにあった、二人の幸せ。

でも彼女は、本当に彼と言うその存在を、
愛していましたよね
神社のシーンが最後にあって、何か救われたような気持ちになりました。

藤達也さん・萩原聖人さんもすばらしかった。
「ペバ」のヨンギおじさん、パク・チョルミンさんが
力道山の友人役で出ていたのでその顔をみたら
なんだかなつかしい我が家に帰ったような気になりました(笑)

前に、エルビス・プレスリーの生涯のドラマを
観たことがあるんです。
華やかに、スターとなるにつれ
手の中に会ったささやかな、でも本当の幸せを
失ってゆく様は、力道山とそっくりで、思い出してしまいました。
エルビスも、彼の妻プリシラが、彼がスターかどうかは
全く関係なく、彼を愛していたのだと思ったからです。

この映画のできごとが、そんなに昔のことなんかでは無いことに
はっと気付いたのは
東京で仕事をしていた頃、通った道に
「R」と書かれたビルがあったのを思い出したからです。
それは、力道山が建てたビルだと、教えられたことを思い出し
なんだかじーんと、してしまいました。

一度は、自分が朝鮮半島出身であることを隠し、
「戦勝国アメリカ人レスラーをやっつける、
日本のヒーロー」として輝いた彼、
「朝鮮語を話す知り合いはいない」と言っていた彼
その、彼の、この映画の最後のセリフが
朝鮮語であったことが、ものすごく心にひびいて・・
忘れられません。

力道山さんのご冥福を心から祈り、
偉大なる俳優ソル・ギョングさんに敬意を表したい。
心からそう思いました。




NAME:トベニ | 2011.11.25(金) 00:36 | URL | [Edit]

 

トベニさん☆

この映画観ると尊敬しちゃいますよね
ホント、そういう映画です
ソル・ギョングさんって凄い俳優だなぁって思いました

>歴史を振り返れば、大陸・半島・日本は
>いにしえから交流し、
>数えきれない多くの人が、先祖を朝鮮半島にもっている

最近すごくそれを感じます
ソルさんはドラマ「聖徳太子」にも出演してますからね
日韓の関係を長いスパンで感じてるんじゃないかと、そんな話をしたことがあります

外国の言語で何かを伝えるって凄いことだと思うんですよね
でも演じるということは言葉の壁も超えてしまうんだということソル様が教えてくれてます

何でしょねー、ソル様の魅力☆
語っても語っても語り尽くせません(*^。^*)

NAME:るぴなす | 2011.11.27(日) 23:45 | URL | [Edit]

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 はっぴーるぴなす別館, all rights reserved.

るぴ

Author:るぴ
復習し再考し記録する
モットーは簡潔に
sutakorasassaなとこは相変わらずです


++sutakorasassa++

日本映画 (133)
韓国映画 (452)
香港・中国映画 (5)
アメリカ映画 (24)
フランス映画 (1)
イギリス映画 (1)
インド映画 (2)
アルゼンチン映画 (1)
その他 (3)
INDEX (20)

このブログをリンクに追加する

海にかかる霧 2015.4.24~ TOHOシネマズ
国際市場 2015.5.16~ シネマート新宿
予告犯 2015.6.6~
海街diary 2015.6.13~
グラスホッパー 2015.11.7~
母と暮らせば 2015.12.12~
猫なんかよんでもこない。2016年

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。