映画鑑賞メモ保管場所 mottoは簡潔に
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
春の日は過ぎゆく (原題:봄날은 간다)  2001年  ☆ヽ(*^ω^*)ノ
監督 ホ・ジノ
出演 ユ・ジテ、イ・ヨンエ




風の音、波の音、川の流れる音
自然の音が重要な役割をしているので
ゆったりと静かに流れるようなとても心地良い映画でした



どこにでもあるような出会いと別れなのに
いや、どこにでもありそうだからジーンとくるのかなぁ

ジテさんは、陽だまりのように暖かな、心の優しい青年サンウでしたねぇ
川の音を録音している時にウンスが気持ちよさそうに鼻歌を歌って
それに気付いたサンウは嬉しそうにこっそり録音する
その時のサンウの愛おしそうな優しい笑顔がすごく良かった

若い頃にこういう作品を残せたジテさんって幸せな俳優さんだわ
しかも相手はイ・ヨンエだし(笑)

ウンスから「別れましょ」といわれた時のサンウ
しばらく黙ってから「なぜ愛は変わるんだ」ってつぶやくシーン
「優しくするから」「僕を愛してる?」って、、、
若いから愛に一直線なサンウが可愛く切ないです



失恋して苦しんでるサンウに、痴呆のおばあちゃんが
「つらいんだね」「バスと女は去ったら追うもんじゃないよ」って慰めるのもよかった
呆けちゃって昔の楽しい思い出だけに生きるおばあちゃんが可愛い

成熟した大人の寂しい女を演じるウンスはとても魅力的で素敵でした
(イ・ヨンエさんってなんともいえず上品で本当に綺麗ね~)
「キムチ漬けられる?」というサンウにとっては何気ない言葉でも
ウンスにはいろんなものが見えちゃったのね
結婚生活は愛だけじゃ成り立たないから
リアルな問題です(笑)
真っ直ぐなサンウの気持ちが眩しかったと思うのよね
でも同時に負担でもあって、、

両方の気持ちが理解できるのよね
結婚は相性もあるしタイミングもあって
縁なのよ、、(おばちゃんがよく言う台詞だわ、笑)




録音技師のサンウ(ユ・ジテ)とラジオ局のDJ兼プロデューサーのウンス(イ・ヨンエ)は番組制作のための取材で初めて出会う。年上で離婚経験のあるウンスはサンウを自分のアパートへと誘い二人は恋におちる。人生は「孤独」だと考えるウンスと「変わらぬ愛」を信じるサンウ。二人はしだいにすれ違い、そして別れていく。  

 

 

Comment

 

e-291るぴなすさん あんみょ~ん
教えてもらったの観ました~!(^^)!

ジテさん 優しくて 純粋でよかった~
あの衝撃のままだと 大変でした(笑)
「キムチ漬けられる?」のシーンが 二人の考え方を表してましたよね 
サンウの想いが大人のウンスには負担になってしまったのかなぁ。。。

風、水、鳥の音が 心地よくてずっと聴いていたい気分になりました♪
ウンスが口ずさむイタリア歌曲の歌詞が 話の内容とマッチしていて
ニクイ演出でした(タイトルは愛の喜びなんですけど喜びは一瞬っていう歌詞なんです^^;)

それから特典映像を見たら 劇中お父さんやサンウが唄ってる曲って
ほんとに「春の日は過ぎゆく」っていう曲なんですね!
しかも 『鳥肌』のカラオケシーンで ジニョンさんも唄ってる!!って
あったので はからずも『鳥肌』2回目の鑑賞となりました~~v-315
確かに唄ってた~~e-343
途中 サングラスをかけた評論家?の役の人が
『鳥肌』の制作に名前がありましたね またつながりみっけ(笑)!
なんかね るぴなすさんに導かれて すっごく楽しい時間でしたよe-454
宝探しの気分でした(^_^)v
もしかして このことまで教えてくれようとしたんですか~☆
もうひとつ観たので そちらにも遊びに行きますねv-355

NAME:たんたん | 2011.02.17(木) 18:56 | URL | [Edit]

 

たんたんさん☆

「鳥肌」でジニョンさんがカラオケで歌ってたのは覚えてるけど
それ「春の日は過ぎゆく」って歌なの?(そういえば歌詞出てたような)
この映画と同じ歌を歌ってるとは、面白い~~♪

この映画はかなり昔に観たので、まだあまり俳優を知らない頃だったんですよね
ボムス兄さんも出てましたね
サングラスの人、、誰だろ(笑)
いつかまた観なくちゃ~

気持ちのいい映画ですよね
森林浴してるみたいな心地よさがある映画です

NAME:ルピナス | 2011.02.17(木) 21:31 | URL | [Edit]

 

本当に音が印象的でした

るぴなす様

ミョンミンさんにはまる前からユ・ジテ好きで
観ましたが、特にこの映画では、
竹藪の風に揺れる笹の音や
雪の降る音など、いろいろな音を
聞いているだけでも、心が安まって・・・。
最後の場面の無心な柔らかい笑顔なんて観てると、女なんていらないじゃん、音があるからいいじゃないの、なんて思ってしまうほどの笑顔。
まぁ、ここまでくるには、大声で歌うことで
やり場のない気持ちぶつけたり、一人苦しんで、


イ・ヨンエさん美しく魅力的で、確かに若い男は惹かれるよね。でも、見終わると美しさはあるけどなんか物足りない感じの役に思いました。

風景と音が本当に印象的で、それだけでも
十分楽しめました。
役だったような気がして

NAME:tarujo | 2011.03.01(火) 00:03 | URL | [Edit]

 

tarujoさん☆

静かでいい映画でしたよね
どこかにいそうな二人で
どかかでありそうな別れで
心地よく観ました

私もジテさん好きです"^_^"
オールドボーイとか深夜のFMでも強烈な役みたいですけど
それもいいけど
私は好青年な雰囲気のジテさんの役が好きかなぁ
あっ、「野獣」の検事役のジテさんも好きです~♪

NAME:ルピナス | 2011.03.04(金) 22:05 | URL | [Edit]

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 はっぴーるぴなす別館, all rights reserved.

るぴ

Author:るぴ
復習し再考し記録する
モットーは簡潔に
sutakorasassaなとこは相変わらずです


++sutakorasassa++

日本映画 (133)
韓国映画 (452)
香港・中国映画 (5)
アメリカ映画 (24)
フランス映画 (1)
イギリス映画 (1)
インド映画 (2)
アルゼンチン映画 (1)
その他 (3)
INDEX (20)

このブログをリンクに追加する

海にかかる霧 2015.4.24~ TOHOシネマズ
国際市場 2015.5.16~ シネマート新宿
予告犯 2015.6.6~
海街diary 2015.6.13~
グラスホッパー 2015.11.7~
母と暮らせば 2015.12.12~
猫なんかよんでもこない。2016年

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。