映画鑑賞メモ保管場所 mottoは簡潔に
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
チョルラの詩 2010年
監督:川口浩史
出演:キム・ミンジュン、ソ・ドヨン、キム・プルン

チョルラの詩


日本人監督が韓国で韓国の俳優を使って作ったラブストーリー
詩を通して結ばれる3人の男女の話なんだけど
ソウルオリンピックを翌年に控えた韓国の経済発展や民主化の意識や
幸久、ヒョンスの二つの名前を持つ在日韓国人の主人公の葛藤も描かれてます

なにがいいって一番良かったのは
全羅道(チョルラド)の美しい風景
満潮の時には水没する干潟の中にある歩道が本土と繋がってる島の話なんだけど
その景色というか風土というか
静かなストーリ展開とその景色観てるだけで満足って言う気持ちになる映画でした

正直、ラブストーリの部分はいまいちインパクトが弱くて
あまり何かが起きなくても
詩をメインに淡々と話が進むだけの方が私的には好きだったかもしれない
キム・ミンジュン、死ぬことはないよな~~、、なんて(笑)

静かで情緒ある映画でした

 

more



1987年、韓国の全羅道では翌年のソウル五輪に向けて急ピッチで高速道路の建設が行われていた。その冬、日本で詩人を夢見ながら非常勤講師として働く在日韓国人のヒョンス(ソ・ドヨン)は祖父の葬儀に参列するためにその地を訪れる。幸久は久々に従兄弟のカンス(キム・ミンジュン)とも再会したが、カンスの幼なじみソンエ(キム・プルン)も戻ってきた。カンスは初恋の人ソンエにソンエの好きな詩をプレゼントしたいとヒョンスに相談する。

 

 

Comment

 

監督も主題歌も日本人なんですね。
でも、舞台と俳優さんは韓国なのかな。

この映画見てないんだけど。
映画の中で景色を見てるだけで満足っていうのが解る気がしました。

ずっとストーリーが面白くなくちゃ映画じゃないみたいに思ってたけど、最近は違うような気がしてます。
ワンカットでも好きなところがあればその映画は自分にとってはいい映画なんだなと思うようになりました。

私が今年の映画の中の好きだった風景は「パーマネント野ばら」の土佐の景色かなあ。
海が開けている景色とか、坂のある風景とか好きなんですよね。

今度この映画の中の景色も見てみたいな。

そうそう、「JSA」実は私も見ていないんです。
あまりにも話題になってると見た様な気がしてしまってそのままになるタイプ(笑)
こっちも必須のような気がしてきました

NAME:happa | 2010.12.07(火) 22:33 | URL | [Edit]

 

happaさん☆

日本の映画なのに舞台と俳優さんが韓国っていうのが珍しいよね
詩がメインのテーマだから、静かで、落ち着いた雰囲気で好きです

韓国の詩っていいよね
言葉の使い方がシンプルだからかなぁ
日本語として聞いても好きだし
ハングルとして音として聞いてもいいなぁって思います

JSAね、あまりにも話題の映画ってちょっと敬遠するでしょ?
まさにそんな感じでした
シュリもそう、シュリは遥か昔、韓流などという言葉もないころに、テレビの洋画の枠で見ました(たぶん吹き替えよね)
すごく面白かった印象なのに、最近見たらそうでもなかった
でもJSAは全くもって初めて見たんだけど、驚きの面白さでした
敬遠してたってことなら(笑)「王の男」
これもかなり面白かったです
観もしないで敬遠してゴメンナサイって
「JSA」と「王の男」には謝りたいです(笑)

NAME:ルピナス | 2010.12.09(木) 15:58 | URL | [Edit]

 

王の男

「王の男」見てなかったの?
私は映画館で観ました。
なにしろ、イケメン、BL系好きですから。
イジュンギも良かったけど、王様がよかったよね。

私の場合はホラー系がね。。。観もしないでゴメンナサイだけど。
嫌なものは嫌だからミョンたんが出ても観ないだろうなあ。

NAME:happa | 2010.12.09(木) 22:25 | URL | [Edit]

 

おもっ、映画館で観たの?
さっすがーーー(*^^)v
ジュンギ君良かったですわ

そう王様ね
はぴるぴにも書いたけど
この映画の監督と王様やったチョン・ジニョンの映画が来年の正月映画になるんだって
しかもジャンルまでモロ被ってるっぽい
どういうことでしょうねi-279
ミョンたん頑張れ~~☆

NAME:ルピナス | 2010.12.13(月) 12:12 | URL | [Edit]

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 はっぴーるぴなす別館, all rights reserved.

るぴ

Author:るぴ
復習し再考し記録する
モットーは簡潔に
sutakorasassaなとこは相変わらずです


++sutakorasassa++

日本映画 (133)
韓国映画 (452)
香港・中国映画 (5)
アメリカ映画 (24)
フランス映画 (1)
イギリス映画 (1)
インド映画 (2)
アルゼンチン映画 (1)
その他 (3)
INDEX (20)

このブログをリンクに追加する

海にかかる霧 2015.4.24~ TOHOシネマズ
国際市場 2015.5.16~ シネマート新宿
予告犯 2015.6.6~
海街diary 2015.6.13~
グラスホッパー 2015.11.7~
母と暮らせば 2015.12.12~
猫なんかよんでもこない。2016年

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。