映画鑑賞メモ保管場所 mottoは簡潔に
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
JSA(原題:공동경비구역 JSA)  2000年  ☆☆ヽ(*^ω^*)ノ
監督:パク・チャヌク
出演:ソン・ガンホ、イ・ビョンホン、イ・ヨンエ、キム・テウ、シン・ハギュン

JSA


韓国映画鑑賞281本目にしてやっと観ました
あまりにも大作すぎてね、手が出なかったって感じでした
そろそろ観ようかと思ったら近所のレンタルショップから消えちゃって
幻の映画になってました
でも、たくさんの韓国映画を観てから
今やっと観たのはよかったかもしれないです

もちろん最初の頃でも感動したんだとは思うけど
たぶん今観る方が感じるものが何倍も何十倍も強かったかも
あまりにも感動しすぎて上手く言葉にできないっていうのが正直な感想です

南北分断という、そして結末がこの上もなく悲劇で
ものすごく重いテーマの映画なのに
なんと人間の温かみを感じる内容なんでしょう
大体のストーリは知っていたけど想像もしなかった視点で描かれてました

人が人と触れ合って心通わせて
ましてや同じ言語を持つ同じ民族なのに
何故ここに超えられない線があるのか
その思いが迫ってきます

北朝鮮兵のソン・ガンホ、シン・ハギュン
韓国兵のイ・ビョンホン、キム・テウ
素晴らしい俳優陣

音楽も最高なんですよね
キム・グァンソクの「二等兵の手紙」がとても気になって
彼の他の歌も少なからず衝撃でした

最高傑作だと思います

 

more







韓国と北朝鮮を分断している38度線。共同警備区域(JSA)で北朝鮮の兵士が韓国の兵士に射殺される事件が起きた。現場にいた韓国兵長と北朝鮮士官の二人は互いに全く異なる陳述を繰り返した。両国間の問題を穏便に解決するため、両国同意のもと中立国監督委員会が責任捜査官として韓国系スイス人である女性将校ソフィーを派遣した。彼女は生き残った南北の兵士たちと面会を重ね、徐々に事件の真相に迫っていく。そこには全く予想外の「真実」が隠されていた。

 

 

Comment

 

最初の映画です。

ルピナスさまv-10~あんみょ~んです!

ここでも「あんみょ~ん」でいいのですか?

えへ~やっとコメントしちゃいます!
いつもこっそり来るのですが、何だか緊張して
そ~~っと帰ってます(はは~おバカな小心者)

え~っと、(笑)
この映画は韓国もので初めて見た映画です。
当時、主人が見る!と言っていたのを「やだ!」と
嫌ってました。あまりにもリアルだと思い込んで
食わず嫌いですね。それで、見逃し続けてTVの
映画チャンネルで見たのですが、その頃は
冬ソナやチャングムの誓いなどから少しずつ
嵌っていった時期だったので、抵抗なく見れたんです。
そしたら!感動でした!リアルが嫌いって言った自分が
たちまちぞっこんになったのを覚えています。
ソン・ガンホさんが素晴しいです。

何故たった「線」の1つで世界が違わなければ
ならないのか・・・今の現状もそうですよね。
今、見た感動がもっと大きいのは私も同じ思いです。
これを越える作品って・・・分からない・・・
そもそも見た作品が少ないから(笑)

またお邪魔させて下さい!v-16

NAME:reo18 | 2011.01.08(土) 00:52 | URL | [Edit]

 

reo18さん☆

いらっしゃいませ、あんみょ~~ん☆
いやぁ、、たくさん映画を観てきているreo18さんに遊びに来ていただけるなんて嬉しいです~(#^.^#)

日本で韓国映画が認識された原点のような映画ですよね

「JSA」「シュリ」「シルミド」

私は韓流なんて言葉もなかったころに「シュリ」を観ました
たぶん民放の洋画劇場で吹き替えで観たんだとおもうんだけど
ものすごく面白くてどきどきしながら観たような気がするの
最近もう一度観たんですけど、思ったより面白くなかったんですよね(何でかな~)

「シルミド」は最近観たんですけど
出演している俳優さんが好きな人ばかりで
これはいろいろ韓国映画を観てからで良かったと思いました
韓国映画を観始めてからすぐの頃だったら印象が違ったかも、、

で、ここにきてやっと「JSA」を観て(やっと本題、笑)
これはたぶん2000年当時に観ても
今観ても、誰が観ても面白い映画ですよね
ソン・ガンホを知らなくてもビョンホ氏を知らなくても面白い
最高傑作じゃないかと思いました

また遊びに来てね
待ってます~~♪

NAME:ルピナス | 2011.01.08(土) 18:45 | URL | [Edit]

 

お邪魔しちゃいました!

るぴなす様~! はじめてこちら別館に遊びに来ちゃいましたトベニです^^
数ある中でなんでこの作品のところへ・・??かわからないのですが
るぴなす様の「ナヌン ペウダ」ノミネート俳優が2人入っているからかな?

別館におじゃまさせていただいた感想2つです
① 私の見た映画はほとんど全部、るぴなす様がご覧になっている!
② 同じ映画なのになぜか韓国のレーベル・ポスターのほうが、
   ず~~っとかっちょいい!
   ↑なぜ違うんですかね・・そのままじゃ、だめ??権利上の問題
   でもあるのかな?

この映画、私は、多くの皆さんと同じ様に、韓国映画としては一番最初に見た一本でした。スゴイ衝撃でした。心をガシガシ揺さぶられる感じ。 ガンホさん、ハギュンさん、ビョンホンさん、ヨンエさん、どの方もすべて、しっかり深く印象に残りました。それにしても、すごいメンバーの映画を一番最初に見たんだなぁ。 チョコパイを口から出すガンホさんの表情に惚れ、ヨンエさんの英語の発音に感心し・・(彼女はドイツ語も話すのですね・・なんで韓国の方たちってそんなに多才なのでしょう~?)ハギュンさんもビョンホンさんも、いつまでも表情が忘れられず。


この作品から、韓国映画という、芸術のなかに、一本通った筋の様に存在する「悲しみ」(韓国の方なら「恨(ハン)」と表現するかもしれない)に触れました。 あの、ものすごい「パワー」と何とも言えない「せつなさ」は、その根底にある『悲しみ』が原動力なのだろうか、と、考えた作品でした。


るぴなすさんの「ナヌン ペウダ」のお陰で、これまで見てこなかった作品もまた見たくなり、見た作品ももう一度見直したくなってきてウズウズしています。やりたいこと、見たいものが多すぎて 時間がいくらあっても足りません~!! この素敵な別館にもまたお邪魔させてください♡ トベニ。


NAME:トベニ | 2011.08.29(月) 19:46 | URL | [Edit]

 

トベニさん☆

わ~~~い、いらっしゃいませ~(^o^)丿
別館にお越しいただいて嬉しいです~☆

私もいつも思ってました
韓国版のポスターの方が断然素敵なんですよ
なんででしょうね?
予告編も同じのもありますが、日本版はちょっと違う視点で映画を捉えてると感じたり
あっ、、日本で人気の方が脇役の場合、脇なのにまるで主役のように見せたりもあります^_^;
タイトルも全然違う!!っていう邦題がつけられたり
まっ、、それも含めて韓国映画の楽しさなんですけどね

もちろんドラマも好きで、ミョンミンさんのドラマを観てファンになったわけですが
最近はすっかり映画体質になってしまいました
韓国映画が楽しくてたまらないんですよ~(生活の一部みたいです(#^.^#))

JSAはいい映画ですよね
ベスト1といってもいいくらい感動した映画でした
出演している俳優さんも好きな方ばかりです
(個人的にはキム・テウとシン・ハギュンが好き~)
いつかまたこういう映画に出会うことを楽しみにしています

トベニさんも遊びに来てくださって、ますます楽しくなりそうです
また来てくださいね、お待ちしてます~♪

NAME:るぴなす | 2011.08.30(火) 17:10 | URL | [Edit]

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 はっぴーるぴなす別館, all rights reserved.

るぴ

Author:るぴ
復習し再考し記録する
モットーは簡潔に
sutakorasassaなとこは相変わらずです


++sutakorasassa++

日本映画 (133)
韓国映画 (452)
香港・中国映画 (5)
アメリカ映画 (24)
フランス映画 (1)
イギリス映画 (1)
インド映画 (2)
アルゼンチン映画 (1)
その他 (3)
INDEX (20)

このブログをリンクに追加する

海にかかる霧 2015.4.24~ TOHOシネマズ
国際市場 2015.5.16~ シネマート新宿
予告犯 2015.6.6~
海街diary 2015.6.13~
グラスホッパー 2015.11.7~
母と暮らせば 2015.12.12~
猫なんかよんでもこない。2016年

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。