映画鑑賞メモ保管場所 mottoは簡潔に
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
悪魔を見た(原題:악마를 보았다)  2010年  
監督:キム・ジウン
出演:イ・ビョンホン、チェ・ミンシク

悪魔を見た

韓国では当初上映許可がされなかったとか(許可された映画館が実質ない)
周知のとおり、もろもろな話がたくさんあった映画
ネットで最初の10分くらいをみたらかなり怖かったので
覚悟して映画館に観にいったのですが、、、
ん~~~、、、恐怖感ゼロの映画でした
ぜんぜん怖くないよ~~
綺麗でもないし、監督が言う純愛映画にも見えなかった

観終って最初に友だちと交わした言葉が
「チェミンシクって韓国のデニーロって思うくらい名俳優で好きだけどゲテモノ役するよね」
あれは悪魔っていうよりゲテモノに近いかも
ちっとも怖くないんだもん
汚いばっかしで
げげげっ!!とは何回も思ったけど、、
もうちょっと笑えるならそれも面白いと思うけど
それも中途半端なんですよねぇ

でもあの役をあそこまで演じられる俳優は他にはいないよね~
そういう意味ではチェミンシクはやっぱり凄い

ビョンホン氏は好みのタイプじゃないっていう(似たもの同士の)二人で見たんだけど
同じく観終わった後の感想は
「イ・ビョンホンはいいよね、どんな映画でも絶対に彼は裏切らない」
はい、今回もやっぱりビョンホン氏は良かったです~
一応この映画のテーマと思われる「復讐のために悪魔と化した自分」の悲劇は感じました

あの内容で最後まで観きったのは
二人の俳優のあまりにもな、ものすご~~い演技力と
ある意味監督の演出力なんだろうけど、、
日本向けにかなり編集されたりしてるんだろうか(詳しくは知らないけど)
なんであんなに怖くないの?
やっぱりひとことで言うと、、、
ここまでやれるんだなぁと感心した究極映画かなぁ、、




悪魔のような連続殺人魔、そして彼に婚約者を奪われ苦痛の日々を送る男。彼らの狂気じみた対決が始まる。国家情報院警護要員スヒョン(イ・ビョンホン)は婚約者ジュヨン(オ・サンハ)が残忍な方法で殺害され、自身の最も大切な人を守れなかったという自己恥辱感と怒りから復讐することを決心する。スヒョンは連続殺人魔チャン・ギョンチョル(チェ・ミンシク)が犯人であることを突き止め凄まじい復讐を始める。  

 

 

Comment

 

見ましたよ

ルピナスさん
 私は面白かったですよ。そして怖かったです。
 だって、いるじゃないですか・・・ギョンチョルみたいに何も悪いことしてない子を襲って殺しちゃう人。
 もし娘があんなのに遭遇しちゃったらと思ったら怖くて怖くてたまらなくなりました。

 ストーリー自体は大したことなかったけど、映画としては良く出来てたと思います。
 演出力と演技力が優れてました。
 
 しかしこの映画が純愛映画って?v-12それはないわ。
 サイコバイオレンスですよね、ジャンル分けすれば。
 こうしたアクション系が好きなので面白く見られましたよ。
 ビョンホンさんのアクションはカッコイイですよね。
 ミンシクさんも怪しくて言うこと無しです。

 部分的にわからないことがあって、映画ってこういうことが良くありますが、やっぱりカットされてるんでしょうか。
 ノーカットで見たかったです。

NAME:harp | 2011.03.08(火) 15:28 | URL | [Edit]

 

harpさん☆

面白いかどうかって言われたら、まあ(←まあ?)面白かったんですよー
俳優は文句なしで素晴らしかったです
あそこまですごいシナリオだと、逆に頑張っちゃうかもしれないですね
あそこまでやれちゃう演出力もすごいなぁって思いました

単純にサイコバイオレンスとして怖がって楽しむ映画ですよね~
半端ないですからね~(笑)
被害者の妹や親までですかー!!って驚きです
で最後はそこにくるかーーって感じだし
全員が悪魔と化した映画ですから、そういう意味では納得です

エンディングは違うパターンもあったらしいですよ
DVDではそれも収録されてるって監督さんが言ってました
できれば韓国でカットされた分も全部ありのノー編集版で観たいですね
観る方は覚悟して観ますから、大丈夫です(笑)

NAME:ルピナス | 2011.03.10(木) 16:38 | URL | [Edit]

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 はっぴーるぴなす別館, all rights reserved.

るぴ

Author:るぴ
復習し再考し記録する
モットーは簡潔に
sutakorasassaなとこは相変わらずです


++sutakorasassa++

日本映画 (133)
韓国映画 (452)
香港・中国映画 (5)
アメリカ映画 (24)
フランス映画 (1)
イギリス映画 (1)
インド映画 (2)
アルゼンチン映画 (1)
その他 (3)
INDEX (20)

このブログをリンクに追加する

海にかかる霧 2015.4.24~ TOHOシネマズ
国際市場 2015.5.16~ シネマート新宿
予告犯 2015.6.6~
海街diary 2015.6.13~
グラスホッパー 2015.11.7~
母と暮らせば 2015.12.12~
猫なんかよんでもこない。2016年

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。