映画鑑賞メモ保管場所 mottoは簡潔に
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
キリマンジャロ(原題:킬리만자로)  2000年  
監督:オ・スンウク
出演:パク・シニャン、アン・ソンギ

キリマンジャロ


2回リタイアして3回目にしてやっと最後まで観終わった
なんか苦労した~(笑)
でも、観終わってみるとそこそこ面白かった、、かも

まぁ、でもこの頃の流行りなんだかなんだか
どうしてこんな人生なんだか、ホントこっちの方が聞きたい

ひたすら破滅に向かうだけ?

海で遊んで、駄菓子屋でつるんで
なんか小学生の男の子みたいで
男たちは永遠に大人になれないって言いたい?
「ソナチネ」で沖縄の海で遊ぶシーンを思い出しました

ヘチョルがいい奴だったってのがあんまり伝わってこないんですよね
それが伝わらないとなんでみんながヘチョルを慕うのかわかんない気がする

私がこの双子の母親だったら
こんな風に死んじゃうなんてオンマは悲しいよ(苦労して産んだのに~)

アンソンギさんのこういう役は嬉しいし
こういう映画嫌いじゃないけど
でもソンギさんとパク・シニャンが揃うともうちょっと歯ごたえのあるのを期待しちゃいます


キリマンジャロ

刑事のヘシクと双子の弟でチンピラのヘチョル。ある事件の容疑者としてヘシクに追い詰められたヘチョルはヘシクの銃を奪って自殺。それが原因で解職されたヘシクは彼の遺骨を持って故郷のチュムンジンへと向かう。犬猿の仲だったはずの弟の死に激しく動揺し、戸惑うヘシク。地元では有名なワルだったヘチョルに間違えられたヘシクはそのままヘチョルとして彼の仲間たちと過すうち、ある抗争へと巻き込まれていく。  

 

 

Comment

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 はっぴーるぴなす別館, all rights reserved.

るぴ

Author:るぴ
復習し再考し記録する
モットーは簡潔に
sutakorasassaなとこは相変わらずです


++sutakorasassa++

日本映画 (133)
韓国映画 (452)
香港・中国映画 (5)
アメリカ映画 (24)
フランス映画 (1)
イギリス映画 (1)
インド映画 (2)
アルゼンチン映画 (1)
その他 (3)
INDEX (20)

このブログをリンクに追加する

海にかかる霧 2015.4.24~ TOHOシネマズ
国際市場 2015.5.16~ シネマート新宿
予告犯 2015.6.6~
海街diary 2015.6.13~
グラスホッパー 2015.11.7~
母と暮らせば 2015.12.12~
猫なんかよんでもこない。2016年

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。