映画鑑賞メモ保管場所 mottoは簡潔に
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
容赦はない(原題:용서는 없다)  2010年  ☆☆ヽ(*^ω^*)ノ 
監督:キム・ヒョンジュン 
出演:ソル・ギョングリュ・スンボム、ハン・ヘジン

容赦はない


衝撃のラストが苦しい
今まで観た中で一番残酷で悲しい最期だったかもしれない

ジャンル的にはスリラー映画なのかなぁ
単純にサイコサスペンスと言えない
一番ぴったりするのはやっぱり「復讐劇」
「オールドボーイ」に近くて、オールドボーイもすごい映画だったけど
こっちのほうがもっとどうしようもない終わり方で辛い、辛すぎる!

体を切り刻むところは「カル」を思い出した
、、って簡単に書いてる自分がどーかと思うけど(笑)

女性刑事役を演じたハン・ヘジンが「撮影が後半に進むにつれて2人の先輩が言葉少なになり食事もしなくなったので心配した」と言ってたけど大変だったと思う
精神的どれだけ自分を追い込んだんだろうと想像するだけで辛いです

これは誰にでもお薦めできる映画じゃないです
駄目な人は絶対ダメ~~って言われそう
でも、私は面白かったんですけどね

最初は事件の糸筋や「断絶」という意味から「端緒」というタイトルでストーリーを展開していったが、修正を重ねるうち「端緒」は素材に過ぎず伝えたいことは「容赦」になった。

と、監督さんが言ってました
どうしても容赦できなかったのね

、、って書いた後もう一回観なおしたんだけど
ここまで残酷な復讐をするほど赦すことができなかったことが理解できなくて
そこがやっぱりサイコってことなのかな
怒りと悲しみから正常な精神でなくなったイ・ソンホ(リュ・スンボム)
ラストシーンの穏やかな表情が印象的です

そのあたりは字幕なしで観てるので、もっとしっかりと理解したいです
ぜひぜひ、、字幕付きでDVD発売をお願いしたいです

ここまで重いストーリは半端な演技力では無理よね
ソル・ギョングとリュ・スンボムが素晴らしいの一言です
リュ・スンボムが犯人であることは最初からわかってるけど動きもセリフも少ない
言葉遣いも妙に丁寧で、静かな口調で、殺人犯という怖さというよりも
さらに緊張感が伝わってきた
この年はスリラー物が流行ったけれど、サイコ犯としては彼が一番怖くて悲しい
最高です

娘を狂わんばかりに捜し歩くソル・ギョングと犯人のリュ・スンボム
二人を見てるだけで胸が締め付けられそうでした




科学捜査隊最高の実力派解剖検査医カン・ミノ教授(ソル・ギョング)。唯一の家族である娘と一緒により多くの時間を過ごすために仕事を整理した彼は最後の事件の依頼を受ける。それはクムガンで発見された切断殺害事件。六つに切り裂かれた美しい女性の死体、片方の腕が消えた前代未聞の事件だった。  

 

 

Comment

 

るぴなすさ~~~ん☆

お陰さまで観られました!!!
以前もここのサイトで『解決士』を観たのにな。。
探してるうちに『ミョン探偵』に出会ったりして・・i-278
寄り道してしまって探しきれませんでした。
結局るぴなすさんのお世話になりました。
コマウォヨ~~i-189

字幕なしはやっぱりキツイ作品でしたが、
大雑把には内容も把握できたかな。。

「容赦(許す)することが一番難しい」と犯人のソンホが最後に
言っていましたね。。
事件の実行犯や証言者に自分たちが味わった苦痛を知らしめるように
復讐していくことが人生の目標になり、最後の復讐をした後は
やはり、虚しさしか残らなかったように思います。
そして、その虚しさをまでカン教授に味あわせたかったんですね。
恐るべき復讐心と執念。。

ソル・ギョングとリュ・スンボムの真に迫った演技で
劇中の緊張感がダイレクトに伝わってきました。。
ソルさまの表情の一つ一つが堪らなくいい。

るぴなすさんのいうとおり、重い作品だからこそのこの二人だと思いました。
ハン・ヘジンさん。。出てたっけ??ってくらい観終わって印象に残らなかった。
いや、めちゃくちゃ出てるんですが・・なんだかやっぱり
この二人に持っていかれちゃったな~~という感じ。

結局のところ。。ソルさまに惚れ直してしまった!!の一言。

最初から最後まで(特に終盤)は苦しい!!
けど、見応えある映画でした。

るぴなすさん タシハンボン。。コマウォヨ

ソル連活動!!チュンソン!!

PS...『愛を逃す』で「耕運機」の謎を教えていただき
    ありがとうございます☆
    おかげでスッキリしました♪
    オンマ・・やっぱりイップダ♪

NAME:tamapi | 2011.09.12(月) 13:25 | URL | [Edit]

 

tamapiさん☆

ついに観れましたか!良かった~(^o^)丿

キツイ作品よね
昨日もう一度チラッと見たけど
彼の娘に起きた事実があまりにも惨くて
これは父親として耐えることができないと思いました

こんなに辛い映画も珍しい
ソル・ギョングとリュ・スンボムの真に迫った演技だけが救いの映画よね

これが興行がいまいちだったって言われても
そうかもなぁって思いますね
ここまで救いのない映画をわざわざ観に行くのかって思うもん
でも私はソル様とリュ・スンボムだから絶対に行きますけど~

ソル連活動☆極めましょうね
えいえいおーーー!(*^。^*)

PS☆「愛の逃す」のオンマ、可愛いです~♪

NAME:るぴなす | 2011.09.12(月) 18:04 | URL | [Edit]

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 はっぴーるぴなす別館, all rights reserved.

るぴ

Author:るぴ
復習し再考し記録する
モットーは簡潔に
sutakorasassaなとこは相変わらずです


++sutakorasassa++

日本映画 (133)
韓国映画 (452)
香港・中国映画 (5)
アメリカ映画 (24)
フランス映画 (1)
イギリス映画 (1)
インド映画 (2)
アルゼンチン映画 (1)
その他 (3)
INDEX (20)

このブログをリンクに追加する

海にかかる霧 2015.4.24~ TOHOシネマズ
国際市場 2015.5.16~ シネマート新宿
予告犯 2015.6.6~
海街diary 2015.6.13~
グラスホッパー 2015.11.7~
母と暮らせば 2015.12.12~
猫なんかよんでもこない。2016年

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。