映画鑑賞メモ保管場所 mottoは簡潔に
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
ウォンタクの天使(原題:원탁의 천사)  2006年  
監督:クォン・ソングク 
出演:イ・ミヌ、ハ・ドンフン、イム・ハリョン、キム・サンジュン

ウォンタクの天使


この方(アン・ギルガン)が天使になって羽を広げたときは笑いました
いつも強面な役ばっかりだからギャップが面白い

20110906-11.jpg

突然の死で家族に未練を残したお父さんの魂が誰かの体に宿って戻ってくるという
どっかで何回も見たようなありきたりな設定なんだけど
なんせ天使が彼↑なので、すんなり受け入れちゃったんですけどね
だって一番天使らしくない人だもん~
誰が演じるかって大事だわ(笑)

さあ、限られた時間を息子とどんな風に過ごすのかな~って思うと
なんだかダラダラゆるゆる、、なんにも起きない

このままツマンナイって終わるかと思ったけど
ラストはちょい泣けました
友達だと思ってたドンフンが実はお父さんだった、、ってわかる過程がなかなか良かったです
家族写真のエピソード
誰が見てもわかってる結末なんだけど
わかってても泣けちゃうから上手い
私も家族写真を撮ってみたくなりました




詐欺で服役中のカン・ヨンギュ(イム・ハリョン)が出所前日、脳震盪で命を落とした。天使は、高校生の息子ウォンタク(イ・ミヌ)との思い出を作る時間が欲しいというヨンギュの願いを聞き入れ、ウォンタクの同級生ドンフン(ハ・ドンフン)として生まれ変わらせる。  

 

 

Comment

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 はっぴーるぴなす別館, all rights reserved.

るぴ

Author:るぴ
復習し再考し記録する
モットーは簡潔に
sutakorasassaなとこは相変わらずです


++sutakorasassa++

日本映画 (133)
韓国映画 (452)
香港・中国映画 (5)
アメリカ映画 (24)
フランス映画 (1)
イギリス映画 (1)
インド映画 (2)
アルゼンチン映画 (1)
その他 (3)
INDEX (20)

このブログをリンクに追加する

海にかかる霧 2015.4.24~ TOHOシネマズ
国際市場 2015.5.16~ シネマート新宿
予告犯 2015.6.6~
海街diary 2015.6.13~
グラスホッパー 2015.11.7~
母と暮らせば 2015.12.12~
猫なんかよんでもこない。2016年

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。