映画鑑賞メモ保管場所 mottoは簡潔に
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
トンマッコルへようこそ(原題:웰컴 투 동막골)  2005年  ☆☆ヽ(*^ω^*)ノ
監督 :パク・クァンヒョン
出演 :チョン・ジェヨンシン・ハギュン 、 カン・ヘジョン




韓国で800万人の人が観た大ヒット感動作品
戦争ものなのに、夢があってファンタスティックで楽しく観られるのに
最後は泣けて
戦争がいかに無意味で悲しいことかをちゃんと伝えてくれてます

人民軍将校役チョン・ジェヨンさん、素敵でしたね~
(ともかくお髭の似合う人に弱いんだだす、、、ワタクシ)
純粋無垢さ知恵遅れの少女ヨイルを演じたカン・ヘジョンも本当に可愛くて

10人に会ったら10人に薦めたい映画
友達にDVD借りて観たけど、大きなスクリーンで観てみたいです




トンマッコルとは「子供のように純粋な村」という意味。朝鮮戦争が激しさを増していた1950年、太白山脈の奥地にトンマッコルという小さい村があった。村人は戦争が起きてることなど知らずに平穏に暮らしていた。ある日、村に3組の客がやってきた。空から飛行機と共に落ちてきたアメリカ軍兵士。ヘルメットを被った韓国軍兵士たち。そして韓国と対立している人民軍兵士たち。最初は敵対していた彼らは村に親しんでいくうちにいつしか互いの敵対心が消えていく。しかし戦争の脅威はこの村も迫っていた。  

 

 

Comment

 

この映画、世界中に見せたい。

るぴなす様! あんみょんです☆
先日この映画、NHK・BSで放送されたので、録画しておいたのやっと見たんですよ。
リリースされた頃にも一度見ていたんですが、
あの頃、何をみていたの??と思うくらい
新たに感動しまくって・・・。

最初にトンマッコルで会った、
韓国軍と人民軍が、銃を構えてそのままず~っと
対峙し続ける場面
知恵遅れの少女ヨイルが、年少の兵士の耳に、ふと
お花を飾るじゃないですか。
髪にお花を飾って銃を持っている姿っていうのが、これがすごいんです。

これ見て思い出したんですが
前に美輪明宏さんが(すみません美輪さん好きなのでたびたび出てくるんですが)
「『戦争』なんて都合のよい言葉を使わず、はっきり『人殺し』と言う言葉を使うべき。
そして世界中の兵士に、ピンクのひらひらのユニフォームを着せて、
頭にはお花をいっぱい飾ったヘルメットをかぶせればいい。
それだけで、戦う気持ちなんか無くなってくるんだ」っておっしゃったんです。 
この映画観てそれを思い出しました。

戦うことの無意味を、こんな方法で訴えられる映画を、
他に知りません。
最後に、あの純粋無垢な、大事なものを守るため、
韓国軍・人民軍・連合軍の兵士が必死になって団結し、
協力する。 自分達の命よりも、村を守る事ができて
それはしあわせそうだった。
北のひと、南の人。アメリカの人。
何が違うの? 皆、同じ人間。
たった一度のこの人生がよりよいものであるようにと願う、
同じ気持ちを持った人間同士。
「ヒョン。」(兄さん)と呼び合う、北と南の兵士たち。
軍服をぬぎ、村人が作ってくれたおそろいの着物を着ちゃったら、みんな一緒だった。どこも違わなかった。
みんなしあわせそうだった。

人間は、地球外生物から攻撃でもされない限り、
ひとつにはなれないのかな。 考え方、やり方の違うヒトを、
攻撃することをいつになったらやめられるのかな。
暴力でそれを解決できるなんていう妄想を、いつになったら
やめてくれるのかな。

大事な大事な、純粋無垢なもの。
トンマッコルと、少女ヨイルが見事にそれを表現して。
村にはどことなく宮崎駿さんの映画の雰囲気もあり、
映画もすばらしいが演劇でも大丈夫な感じ。(とくにおばば様)
見終わってエンドロールで気付きました、音楽は久石譲さんだったんですね~なんかうれしい。
衣装も素敵でした。ヨイルの着物がすてきだった。私、韓国のポジャギ・チョガっポなどが好きなんです。
冬になって綿入れの着物もよかった。

シン・ハギュンさんには以前「ウリ・ヒョン」(邦題マイ・ブラザー)の手紙のせりふ、
「オモニ~ サランハムニダ~」
でホントに泣かされましたが、このトンマッコルで見せる表情、またまたすばらしかったです。そしてチョン・ジェヨンさんにまたまた惚れ直し。
(私るぴなす様と多分好みが似てますな、おひげの似合う方、弱いです) この映画では完全に北のイントネーションに直していらしたんでしょうね、わたしジェヨンさんのセリフ、ほとんど聞き取れませんでしたよ!

ホントに、いい映画だった~~~。
あ~ 長々とすみません~! 

NAME:トベニ | 2011.10.23(日) 00:21 | URL | [Edit]

 

トベニさん☆

トベニさんのコメント読んで「うんうん」と頷きまくってます
まさにそう~!
いい映画ですよね
世界中に見せたい映画です☆

、、と言いつつ
>あの頃、何をみていたの??と思うくらい
>新たに感動しまくって・・・。

たぶん、私もそのパターンだと思います(笑)

評判のいい映画だったので、かなーり前に観ました
すごく感動して面白かったーってことだけしっかり覚えてるんですけど
詳細は記憶がないんですよね
(だからレビューが短い、笑)

だってあの二人の兵士がチョン・ジェヨンとシン・ハギュン だったなんて
映画観てかなり後から知りました
大好きな2人なのに~~
たぶん今観たらもっともっと面白くて感動するんだと思います~(#^.^#)

NAME:るぴなす | 2011.10.23(日) 12:22 | URL | [Edit]

 

見てたんですよ!

るぴなすさん トベニさん あんみょんです

うわわ、こんな事ってあるんですんねv-405
私もNHK・BS録画しててさっき見たんです!
流石みょんペン(笑)

ホント ファンタジーでしたね
戦争モノなのに(笑)

導入部なんてジブリですか?なんて思ってたら
久石譲さんの楽曲だったわけで・・・ 納得v-398

最近韓国映画でも濃い作品を見ていたせいか
何とも穏やかな気持ちで見てました
(日曜の午後にぴったりかも)

図らずも現実(戦争)と理想(トンマッコル)(って言うんですかね)
その狭間に立たされてしまった『5人の連合軍』
いい味出してました
チョン・ジェヨン 、 シン・ハギュン素敵でした

最後はスミス大尉の機転とかで
ハッピーエンドに持っていくのかと思いきや
無常な形で終わってしまって オモモv-356

そこは『現実』なんですよね
妙に説得力ありました

NAME:kocco9 | 2011.10.23(日) 18:09 | URL | [Edit]

 

わわ!

るぴなす様、またまたお邪魔しちゃっております、だって・・

一本の映画を見て、
思ったことをこんな風に語り合える場を、与えていただいていることが
すっごく嬉しくなってしまった~~
同じ日曜日に、
kocco9 さんも見ていらしたとは!
一緒に見に行った気分ですなぁ~♡

以前は、感動しても、それを自分の胸にしまって置くくらいでしたから。
なんか、嬉しくなってしまって。
るぴなす様、こんな素敵な場を、本当にありがとうございます。トベニ♡

ついしん
トンマッコル村で『先生』と呼ばれて子供たちに勉強を教えていた役者さんって、見たことがあるのですが、どなたでしたっけ・・・・?この方、気になりますわ。

NAME:トベニ | 2011.10.23(日) 23:38 | URL | [Edit]

 

お邪魔します~

トベニさん、私も嬉しいです
ほんと一緒に鑑賞した気分ですね うふふ♪

先生役のひとは
たしか不良家族でのドッコ兄貴じゃないですかね?
ダルゴンが慕ってるやくざの兄貴分です (^0^)

 

NAME:kocco9 | 2011.10.23(日) 23:52 | URL | [Edit]

 

ア~マッタ!!

るぴなす様、すみません、たびたびお邪魔いたしております。(ペコリ)
ちょっとこの場をお借りいたしますです。

そうでした!!
ドッコ ヒョン二ム!! そうだそうだ!!
わはは 
すっきりしました。
ず~っと気になっちゃって!
いい人ですよね、ドッコ社長。最後はペダル(配達)してた・・。

kocco9 さん おしえてくれて  ありがとう♡  
るぴなす様、ありがとうございました^^  トベニ^^

NAME:トベニ | 2011.10.24(月) 15:12 | URL | [Edit]

 

kocco9さん☆ トベニさん☆

すご~い、同時視聴☆
録画したのも同じ、そしてさらに同時視聴~(笑)
すご~い、まさに時を越えた愛~(^o^)丿

しかも見た映画がいい映画だもんなぁ
私もいつかまた、この映画見直してみます~♪
ドッコ兄貴も確認しなくちゃ(#^.^#)

NAME:るぴなす | 2011.10.24(月) 22:09 | URL | [Edit]

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 はっぴーるぴなす別館, all rights reserved.

るぴ

Author:るぴ
復習し再考し記録する
モットーは簡潔に
sutakorasassaなとこは相変わらずです


++sutakorasassa++

日本映画 (133)
韓国映画 (452)
香港・中国映画 (5)
アメリカ映画 (24)
フランス映画 (1)
イギリス映画 (1)
インド映画 (2)
アルゼンチン映画 (1)
その他 (3)
INDEX (20)

このブログをリンクに追加する

海にかかる霧 2015.4.24~ TOHOシネマズ
国際市場 2015.5.16~ シネマート新宿
予告犯 2015.6.6~
海街diary 2015.6.13~
グラスホッパー 2015.11.7~
母と暮らせば 2015.12.12~
猫なんかよんでもこない。2016年

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。