映画鑑賞メモ保管場所 mottoは簡潔に
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
BIG BANG!~撃ちまくれ~(原題:쏜다)  2007年  
監督:パク・チョンウ
出演:カム・ウソン、キム・スロ、カン・ソンジン

BIG BANG!~撃ちまくれ~


原題が『撃つ』
邦題も『撃ちまくれ』
予告編見てもあらすじ読んでも、破れかぶれなハッチャけたイメージ
確かに本編もドタバタアクションコメディーな雰囲気はあるんだけど
破れかぶれな状況になればなるほど
スッキリしなくて、逆にストレスがたまるのはなぜなんでしょ

そんな予感が的中して、結末は想像以上に悲しい状況でおわりました
ほれ、、やっぱりドタバタアクション映画じゃなくて
シリアスな映画だったんじゃん、、って内心思ったもん

映画のイメージと受ける印象のチグハグさが居心地悪かったんだわ
ラストになってやっと納得
キムスロがこんな世の中嫌だったって呟いたラスト10分間だけちょっと感動しました

主人公は2人のようだけど実は3人よね

ちょっとスリムになって若返ったカン・ソンジン
いつも何かに苛立ってる警察官で問答無用な横暴な態度が苛々してなかなか良かったわ
カム・ウソンが暴れるたびに刑の予想をするキム・スロも面白かった

カム・ウソンのキャラが一番苛ついた
自分で正当化してるけどあなたはやっぱり世の中から浮いてます
そんなこと感じる私も汚れてるのか
その年齢で父親の教えから逃れられないのは韓国男性の常?

世の中に憤懣やるかたない怒りを持つ3人の主人公の話
あんなラストを迎えるならもっと激しく撃ちまくってもよかったかも~




誰よりも真面目に生きてきたパク・マンス(カム・ウソン)。ある日突然妻から「真面目過ぎて刺激がないから離婚する」と宣言され、職場では上司の不正に融通を利かさなかった為「リストラ」の対象に。父親の言いつけ通りに真面目に生きてきた人生を後悔するマンスは生まれて初めて立小便をしてしまうが、何とそこは派出所の垣根。マンスはそのまま現行犯で逮捕される。一方、ヤン・チョルゴン(キム・スロ)は、病気の母の入院費を稼ぐために罪を犯し、ほとぼりを覚ます為に軽い罪を犯しては刑務所に入るという生活を送っていた。今回も、無銭飲食を犯して自ら派出所へ。生まれて初めて派出所に捕えられたマンスと刑務所に入りたいチョルゴンは強行班から左遷されて、機嫌が悪いマ・ドンチョル刑事の執拗な取調べを受ける。家に帰りたい一心のマンスは移送されるパトカー内で暴れ、とっさにドンチョル刑事の銃を奪取して手錠につながれたチョルゴンと一緒に脱走してしまう。  

 

 

Comment

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 はっぴーるぴなす別館, all rights reserved.

るぴ

Author:るぴ
復習し再考し記録する
モットーは簡潔に
sutakorasassaなとこは相変わらずです


++sutakorasassa++

日本映画 (133)
韓国映画 (452)
香港・中国映画 (5)
アメリカ映画 (24)
フランス映画 (1)
イギリス映画 (1)
インド映画 (2)
アルゼンチン映画 (1)
その他 (3)
INDEX (20)

このブログをリンクに追加する

海にかかる霧 2015.4.24~ TOHOシネマズ
国際市場 2015.5.16~ シネマート新宿
予告犯 2015.6.6~
海街diary 2015.6.13~
グラスホッパー 2015.11.7~
母と暮らせば 2015.12.12~
猫なんかよんでもこない。2016年

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。