映画鑑賞メモ保管場所 mottoは簡潔に
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
痛み(原題:통증)  2011年  
監督:クァク・キョンテク
出演:クォン・サンウ、チョン・リョウォン

痛み


<2月11日公開日> 3度目の鑑賞後に再レビュー☆

同じ映画を見てるのにこれほど印象が変わるかと驚きました。昨年にプレミア公開時に見たときの第一印象は「ストーリがわかりにくい」
それが今回は3回目だったからなのか、わかりにくいという印象は全くなし。字幕がかわったりした?(謎)
そうするとナムスンとドンヒョンの感情にしっかり入り込めるのね。
一緒に行った友達の中でもかなり早い段階で泣き始めたわ~。集中しちゃうと本当に私ダメなのよね、感受性強すぎ。そこから泣く?っていつもみんなに笑われるくらいに早い泣きだしスタートするんですけど、久々にそれやっちゃいました(笑)

私とクァク・キョンテク監督との相性の悪さはここでいったん解消されたもよう。演歌ちっくなテイストの映画を作る監督さんという印象だったけど、今回はその粘っこい演歌な世界に気持ちよく浸らせていただきました。

チョン・リョウォンさんがはまり役でしたね。若くして、天涯孤独で、家もなく、父親の借金を返済しながら働き、そして血友病で、泣きたいのをじっと我慢しながら健気に生きてる様が似合ってた。そんな彼女だから、彼女を守ることで生きる意味を見出すナムスンの感情にもしっかり添えるのね。
「痛み」というタイトルから、痛みを感じないナムスンにこだわり過ぎてた部分もあるのかもしれない、孤独に生きる男女のラブストーリとして素直に見た方が単純に楽しめそうです。




以前に何回か書いた気がするんですけど
クァク・キョンテク監督は何故か私とあんまり相性が良くないみたいで
申し訳ない~、巨匠監督さんですから
もうこれは単なる私の好みの問題なんですけどね

無痛症の男と血友病の女
それだけで物語が成立するよね
十分にドラマチックです
極端な話、目があっただけで恋に落ちちゃってもいいと思う(私は、笑)
この二人なら雰囲気あると思うもん
そこが説明的だったりする気がするんですよね(そこが相性の悪さ?)

病院の苺のシーンが良かったわ
痛みを感じないってことは味覚もないのね
ゆっくりと苺を味わうナムスン
辛さがわからないナムスンに辛いビビンバを食べさせるシーンも良かった

ナムスンはゆで玉子ばかり食べてたから
想像するにたぶんかなり臭いと思うのよね
離れられない状態でトイレに行くシーンはきっと臭いだろうとリアルに実感(笑)

そんな二人の微笑ましさとか、体や心の痛みとか、孤立感とか
もっと感じられたらもっと感動したと思うんですよね
いかにも泣けそうな映画なのに、想像以上に泣かなかった

立ち退き問題の絡みがちょっとわかりにくくて
さらに借金の取り立ての仕事してるヒョンニムの奥さんが借金してるって
妙に複雑だし、、、

痛みを感じない悲しさを殴られることで表現したかったのね
だからナムスンが殴られる場面ばかりがクローズアップされるし
最後も結局そのことで物語が終わるんだもんね
男くさい映画を作る監督だから、そういうことなのかな




幼い頃に交通事故で家族を失い、後遺症で痛みを感じなくなった男、ナムスンは借金の取立てをしながら、毎日を無気力に生きていた。そんなある日、ナムスンは取立て先でドンヒョンという女と出会う。やがて、いがみあいながらも距離を縮めていく2人。ドンヒョンは事故のいきさつから、ナムスンはドンヒョンが血友病患者であることを知る。互いの“痛み”を知って、2人は相手への愛を深めていく。  

 

 

Comment

 

これって…Σ( ̄◇ ̄*)?

殴られ屋?もうすぐ公開の西島秀俊主演の【CUT】と似てるよ~な気がするのですが全く別モノですか?

あ、サンウssiとチソンの彼女の(笑)【悲しみより~】やっと観ました♪
私 めっさ好きかも~こ~ゆ~腐れ縁的な(笑)O(≧▽≦)O(いろいろ意見は別れるとは思いますが…)

ボムスオッパー目もあてられないくらい 可哀想過ぎる役を よく引き受けましたね~(笑)

最後 2人のサジンで終らせてほしかったのが心残り…切なかったな~(;_;)/

いや~しかし高校生役は…これで「最後」で(爆)
韓国の俳優さんらって三十路超えても「制服」着るのが凄いですよね~(毒)

NAME:マーブル | 2011.12.06(火) 18:56 | URL | [Edit]

 

マーブルさん☆

私も「cut」と似てるなぁって思ったけど
きっと似て非なるものだろうと、、想像してますがどーでしょ?

監督は無痛症の男と血友病の女って設定に惹かれたんでしょうね
原作は漫画らしいから、そこでは独特の世界観があるのかもしれないけど
殴られることの心の痛みはあまり伝わってこなかった

「悲しみより~」は独特な作品ですよね
監督が詩人なので、まさに詩のような作品なので好き嫌いがある気がします
私も嫌いではないです

ボムス兄さんは義理堅いからね~
友情出演作もすごく多いよね
制作が「コ死」と同じなので受けたんじゃないかと想像しておりますが
ファンとしては納得できない可哀そうな役回りよね(笑)

NAME:るぴなす | 2011.12.07(水) 01:25 | URL | [Edit]

 

あんにょん♪

るぴなすさん、あんにょん♪

昨日は、ありがとうございました。
ご一緒できて、楽しかったです。

隣で、鼻をぐすぐすさせる音が聞こえた時には、「およっ、ここでもうですか~」と思ってしまいましたが・・・(笑)
るぴなすさん、感受性が強くていらっしゃるのね。

レビューも、早速書き直してくださってうれしいです。
☆は3つのままなのが淋しいけれど・・・(あはっ)

ようやく字幕付きで見ることができて、感無量でした。
サンウが、この映画にとっても愛情を持っていたのがわかる気がしました。
不器用なナムスンが、本当に愛しくて愛しくて・・・
ささやかな幸せも消えてしまう二人が、せつなくて・・・
サンウの押さえた演技、良かったですよね。
韓国で、もう少しお客さんが入ってもよかったのに。。。

15:00からの回、お客さん10人ほどでした。。。(涙)
前の列に、一人の男性の若者。
大きな笑い声を上げていらっしゃいましたが、笑い所がランチの時に話していた韓国の方のツボ所。
韓国の方かなと思って、見ていました。

新しい作品毎に、新しい姿を見せてくれて・・・
でも、素では相変わらずお茶目で、アッパとは思えない少年ぽさがあって・・・
やっぱり、サンウが好きだ~と再認識。相変わらずのお花畑ファンです。

おじゃましました。また、遊びにきますね♪

NAME:doremi | 2012.02.12(日) 08:51 | URL | [Edit]

 

doremiさん☆あんにょん♪

わ~(^o^)丿
さっそく遊びに来てくださってありがとうございます

感動しちゃいまいした~☆
こういうジャンルは好き嫌いがあるのかもしれないですね
でもじっくりと浸るとなかなかいいもんです
ホント、、泣きすぎましたわ(照)

なんと、韓国系のツボで笑う男性(笑)
韓国の人かもね~

あ、☆3つ出てますか?
最近はレビューに☆をつけるのやめたんですよ
なのでレビューを追記してから消しました
もしかしたらdoremiさんのPCで以前のキャッシュが残ってるのかもしれないですね
そのうち☆は消えると思います

かわらずずっとファンでいられるって素敵です☆
また遊びに来てくださいね
お待ちしてます~♪

NAME:るぴなす | 2012.02.13(月) 20:57 | URL | [Edit]

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 はっぴーるぴなす別館, all rights reserved.

るぴ

Author:るぴ
復習し再考し記録する
モットーは簡潔に
sutakorasassaなとこは相変わらずです


++sutakorasassa++

日本映画 (133)
韓国映画 (452)
香港・中国映画 (5)
アメリカ映画 (24)
フランス映画 (1)
イギリス映画 (1)
インド映画 (2)
アルゼンチン映画 (1)
その他 (3)
INDEX (20)

このブログをリンクに追加する

海にかかる霧 2015.4.24~ TOHOシネマズ
国際市場 2015.5.16~ シネマート新宿
予告犯 2015.6.6~
海街diary 2015.6.13~
グラスホッパー 2015.11.7~
母と暮らせば 2015.12.12~
猫なんかよんでもこない。2016年

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。