映画鑑賞メモ保管場所 mottoは簡潔に
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
豊山犬(原題:풍산개)  2011年  ☆ヽ(*^ω^*)ノ
監督:チョン・ジェホン
出演:ユン・ゲサン、キム・ギュリ

豊山犬


面白かった~♪
久々に観終って満足した映画

現実にありえないような展開でも、向かってる方向にぶれがなければ納得しちゃうもんよね
そういう意味では、誰になんと言われようと超納得の映画
話がどこに落ち着くのかわからないので、最後まで必死に楽しんで観たという印象です

東京フィルメックスで鑑賞して、上映後のQ&Aに参加
映画も面白かったし、初めての経験なので興味深かった

南北分断の悲しさがテーマなんだけど、対立することのバカバカしさをブラックに笑わせる場面が随所にあって、客観視してるんですよね、それがこの映画の面白さなんだけど
監督は韓国で生まれのアメリカで育ちと聞いてなんとなくわかるような気がしました

狭い防空壕に閉じ込められた北の工作員と南の保安員が対立する場面が面白い
風刺的で本質をついてて、さらにそこで笑わせるところが凄いと思う

謎の男(ユン・ゲサン)とイノク(キム・ギュリ)の恋愛もののようなイメージだったけど違った
南と北を行き来する、南でも北でもない存在の豊山犬の煙草を吸う男の話
豊山犬とは北朝鮮にある煙草の銘柄だそうです

ユン・ゲサンのセリフが一言もないのは、言葉によって北か南かをイメージさせてしまうからだそうです
ケサン君が本当に良かった
こういう役がやれちゃうんだもんね、惚れるわ~

キム・ギュリも今まで観た中で一番好きかも
そこまで周囲が疑うなら恋愛しちゃうしかないっ!って感じ?(笑)
あの状況での強烈なキスシーンは理屈抜きでいいんじゃないかと、、良かったわ

オダギリジョーのカメオ出演は事前に知ってたので、一瞬の出演場面はちゃんとわかりました
静止画像にしないと本人確認できないくらいの登場シーンでした
8時間かけて撮影場所に移動して、撮影は15分だったそうです
出演するにあたって、友情出演のような扱いでなく、あくまでエキストラの一人としてのエンドクレジットの扱いにして欲しいという話は感心しました

後で知ったんだけど脚本を書いたキム・ギドク監督が会場にいらしたそうです
愛弟子のことが心配だったのね~
いろいろ話題は尽きないけど、結果として良いお弟子さんたちをたくさん育ててますよね
お会いしたかったなぁ、キム・ギドク監督

2012年の日本公開が決まったそうです
もう一回映画館で観たいと思える映画でした
お薦めです☆




南北朝鮮の国境を密かに行き来しながら物資を運ぶ謎の男(ユン・ゲサン)。男は韓国の諜報局の依頼で亡命した北朝鮮の高官の愛人イノクを脱北させる。数々の困難を克服して国境を越えるうち、二人の間には恋愛感情が芽生えるが、それを察知した元北朝鮮高官は男を諜報局に引き渡す。諜報局は男を拷問し、更なる任務を遂行すれば、イノクと一緒に解放してやる、と取引を持ちかける。それは、北朝鮮に潜入した韓国の諜報員を無事に連れ帰ることだった。かくして男は再び北朝鮮へと向かう。


クリック → 東京フィルメックス「豊山犬」上映終了後のQ&A  

 

 

Comment

 

待ってました~!

プンサンゲ!いやいや面白かったですね。
わたし、ケサン君ファンのチングと見に行ったんですけど。
今も脳裏にケサン君の南北の国境を超えて必死に走る姿が・・・

終わってみると、なるほど~って納得しましたね。
風刺映画って言ってもいいぐらい最後の戦うシーンは
こっけいでした。
監督の冷ややかに箱の外から「何やってんだ」っていう
視線が感じられるんですけど
はは~、アメリカ育ち。
どっぷり韓国で育ったらこういう演出はできないかもですね。

わたしは、キム・ギュリという女優さん、たぶん初めてだと
思うんですけど
よかったですね。
見終わってからの印象がどんどん厚くなるというか。
ふくよかな感じで品があって、北の方言がせつなくて・・・
ケサン君とのあのキスシーンは
ほんとうによかったです^^

オダギリジョー、後から聞いたのでわからなかった~(T_T)
どこだったんだろう。
またみよっかな?

NAME:SAMTA | 2011.11.28(月) 22:37 | URL | [Edit]

 

SAMTAさん☆

最後の狭い部屋で対立するシーン
あれは面白かったね
キドク作品って感じがすごくします

キム・ギュリは「美人図」とか「下流人生」が印象的だったけど
それほど好きだとは思わなかったんですよね
今回良かったわ~
北の方言がよかったですね
現実的でない設定も彼女とケサン君が演じることで説得力があった
ケサン君は絶賛したいです

オダジョーはたぶん、境界エリアで警備してる一番最初に映った北の兵士がそうだと思うよ
ほとんど顔は見えなくてシルエットでそう感じた程度だけど
ホント、言われないと誰も気がつかないようなご出演でした
キドク作品(悲夢)に出てたから、そのご縁なんでしょうね

NAME:るぴなす | 2011.11.29(火) 16:41 | URL | [Edit]

 

見たいよ~~

るぴなすさん、あんみょんです☆

「豊山犬」やはり良かったですか~!!
見たいですぅ~~~

確か主演のお二人、ノーギャラでご出演
でしたよね? すごいなー
キム・ギドク作品に出た!ということ自体に
大きな意味があるんですね

ケサンさんはセリフがないのですね
『ブレス』のとき
チャン・チェンさんにセリフがなかったんでしたが
言葉の違いを、ああいう設定で上手に
カバーした感じでしたよね
見たときに、
セリフが無いということは、
こんなにもその役者を際立たせるのか~って
思った作品でしたよ

ふつう役者と言ったら
どういうふうにセリフを言うか、ってことが
大部分を占めてくると思うのに・・不思議です

ギドク作品でとくに印象に残るのは
「春夏秋冬そして春」でした
湖に浮かぶ、お寺の姿の美しさ
監督ご自身も出演して
そのバックに流れるパンソリの歌声に
胸をかきむしられるような気持ちになったのを
覚えてます
あれにも、セリフと言えるモノは
すごく少なかった気がします

ギドク作品には、言葉っていらないのかも
観る者も、感じたことを言葉に置き換えるのが
むずかしい
ただ感じるのが一番合っているのだろうか
そんな気分になります。

これ、絶対見たぁ~~い~~!!!

NAME:トベニ | 2011.12.01(木) 23:29 | URL | [Edit]

 

トベニさん☆

「お金で作る映画もあるけれど、情熱で作る映画を作りたい」
監督さんがそうおっしゃってました
ギャランティなしで出演って最近よく聞くけど、厳しいですよね
プロの仕事なんだもん
日本も今映画業界厳しいですから
なんとか正当に評価されるようにならないですかねぇ

低予算で作られたって聞くと驚くぐらいにガッチリと作られた印象でしたよ
脚本がキムキドクなのでキドク色あり
でもチョン・ジェホン監督の個性も出てます
キドク作品よりわかりやすいです(笑)

言葉の少ない映画でそれでちゃんと伝わるということは
やはりいい映画ってことですよね
これは来年公開されるそうですから
楽しみです~♪

NAME:るぴなす | 2011.12.02(金) 12:33 | URL | [Edit]

 

あんみょんです~♪

観て来ました!素敵な映画ですよね
ケサンさん作品お初だったんですが
こんなに素敵な俳優さんだったとは☆☆☆

南北の争いをブラックに表現されてますが
それにつけても映像が、主演の二人が
キレイでうっとり見てしまいました ハハハ

キムギュリさん
見たことある女優さんだなと思ったら
イスンシンでミジン役されてたんですね!
ミョンミンさんとしっかり絡んでる!(うわぁ・・・)

フィルムメックスの質疑応答見ました
オダジョーさんが出てたなんて驚きでした
この場にいたかったです^^ 面白そう! 

NAME:kocco9 | 2012.11.25(日) 00:11 | URL | [Edit]

 

kocco9さん☆

ケサン君お初なんですねー
彼はね、お姿だけ見てるとわかんないんだけど
作品の中で見てると惚れちゃいそうになるのよね
この映画ではニコリともしないけど
笑うとむっちゃキュートで可愛いくて
いろんな役ができますよね
彼の出演作品は映画もドラマも好きだわ

ドラマ「愛に狂う」は相当はまりました
まだ見てないけど「兄嫁は19歳」はムチャムチャ可愛いらしいです

力のある作品ですよね
ホント良い映画でした

NAME:るぴ | 2012.11.28(水) 15:18 | URL | [Edit]

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 はっぴーるぴなす別館, all rights reserved.

るぴ

Author:るぴ
復習し再考し記録する
モットーは簡潔に
sutakorasassaなとこは相変わらずです


++sutakorasassa++

日本映画 (133)
韓国映画 (452)
香港・中国映画 (5)
アメリカ映画 (24)
フランス映画 (1)
イギリス映画 (1)
インド映画 (2)
アルゼンチン映画 (1)
その他 (3)
INDEX (20)

このブログをリンクに追加する

海にかかる霧 2015.4.24~ TOHOシネマズ
国際市場 2015.5.16~ シネマート新宿
予告犯 2015.6.6~
海街diary 2015.6.13~
グラスホッパー 2015.11.7~
母と暮らせば 2015.12.12~
猫なんかよんでもこない。2016年

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。