映画鑑賞メモ保管場所 mottoは簡潔に
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
ハードロマンチッカー  2011年
監督:グ・スーヨン
出演:松田翔太

ハードロマンチッカー


下関に暮らす在日のグー
喧嘩に明け暮れる毎日
日常にヤクザがいて警察がいて
生まれたところがそこならそこで生きるしかないけん
ハードな日常だわ

暴力描写やセックスやきつい場面もあったけど
ぎりぎりなところで処理されてて、思ったより見やすかった

なんたってグーが結局のところいい子なんだもん
まともだよ、ええ子だわ~

誰ともつるまんから孤立していくけど

飄々としたところとか、力抜けた会話とか
ハードなのに脱力系(笑)
もっとグイグイくる内容かと思ってたけど
グーのキャラのせいか、思いっきりすかされた感じで
それはそれで面白かった

誰と誰が対決してたのか
途中であんまりそこは意味がないような気がしてきて
まぁ、ずっと松田翔太を楽しんでましたわ
この映画はそこに尽きるよね
中村獅童氏がかなーり笑えました、迫力もあるし

しかし、暴力に明け暮れる男たちだけど
グーもそうだけど、顔なじみのヤクザの庄司とかね
「純愛」なんて信じちゃってる可愛いヤツらなんだけど
女のほうがぜんぜんハードでしたね
純愛?なにそれ?って感じ

グーのばあちゃんの淡路恵子さん、存在感あるね

誰にでも薦められる映画じゃないけど
面白かったです☆




下関に生まれ、街を歩けば幼いころからの顔なじみのヤクザの庄司(真木蔵人)に危険な物を無理やり渡されたり、刑事の藤田(渡部篤郎)に絡まれたりするフリーターのグー(松田翔太)。 ある日、友人の金子(川野直輝)から、後輩の辰(永山絢斗)とマサル(柄本時生)が敵対する“チョー高”(朝鮮高校)のキムチョンギ(遠藤雄弥)の家を襲撃したと聞く。キムチョンギは不在であったがそのバアさんを撲殺、しかも火を放ちマサルは逃げ、辰は警察に捕まった。


++おまけ++
 

 

 

Comment

 

グ監督だから…(^_^;)

実は あまり期待しないでマーブルも観て来ました(笑)

と、言うのも昔 ARATA目当てでグ監督の【プルコギ】観て…アニ 観ながら寝てしまった!という苦い思い出あり るぴなすさん的に言うなら(笑)相性が良くない監督?に自分の中で位置づけてましてm(__)m

が、翔太君のポスターを夏頃見かけて~気になってたんです 確かに所々 観てるのがキツイ痛いシーンもありましたが全体的には私も→「嫌いじゃないけど…特にお薦めする程ではない映画」に収まりました(笑)

松田翔太君のでは来年公開予定の【アフロ田中】に密かに期待しちゃってます★

NAME:マーブル | 2011.12.06(火) 18:14 | URL | [Edit]

 

マーブルさん☆

グ監督だから、、(笑)
なるほど(#^.^#)

予告編の印象からはもっとガンガン攻めてくるくるのかと思ったんですけど
意外とそうじゃなかったですね
女の子がボコボコに殴られるのは日本映画では珍しいとは思いましたけど、、

アイデンティティーを探す、、云々という解説を読んだり
「日本で生きる道はない」なんてセリフもあるけど
そこまで深くえぐった印象はなくて
この土地で生まれてこの土地で生きてる彼らの話って感じで

面白かったです
が、強く薦めるのではない
ぬはは~同じくです~(#^.^#)

NAME:るぴなす | 2011.12.07(水) 01:08 | URL | [Edit]

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 はっぴーるぴなす別館, all rights reserved.

るぴ

Author:るぴ
復習し再考し記録する
モットーは簡潔に
sutakorasassaなとこは相変わらずです


++sutakorasassa++

日本映画 (133)
韓国映画 (452)
香港・中国映画 (5)
アメリカ映画 (24)
フランス映画 (1)
イギリス映画 (1)
インド映画 (2)
アルゼンチン映画 (1)
その他 (3)
INDEX (20)

このブログをリンクに追加する

海にかかる霧 2015.4.24~ TOHOシネマズ
国際市場 2015.5.16~ シネマート新宿
予告犯 2015.6.6~
海街diary 2015.6.13~
グラスホッパー 2015.11.7~
母と暮らせば 2015.12.12~
猫なんかよんでもこない。2016年

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。