映画鑑賞メモ保管場所 mottoは簡潔に
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
きみはペット  2012年
韓国:キム・ビョンゴン
出演:キム・ハヌル、チャン・グンソク

きみはペット

小雪と松潤のドラマが面白かったから比較しちゃうとハードルが高くなるよね。グンちゃんとグンちゃんファンのための作品だからハードルを高くしないようにと、グンちゃんファンの友達に軽く諭されての(笑)一緒の映画鑑賞となりました

こういうありえない甘々な設定の物語を2時間で納めるってのは難しいと思うんですよね、でもラブコメは韓国映画の得意技だもんね。可愛くて楽しく仕上がってる気がしました。
普通によくできたアイドル映画。途中でミュージカル風に歌のシーンが入るのはラブコメの定番、久々だったので懐かしかった。

日本のドラマの場合は才色兼備で肩肘はって仕事してる小雪が良かったのよね。潤君がどーんなに可愛くべたべたと甘えても、小雪がそこを上品に受け止めてたところが良いなぁって思ったんだけど、キムハヌルがちょっとぶりっ子過ぎ、それとミニスカートが短すぎじゃ。(笑)
ストーリーはドラマを踏襲してて、同じシーンもたくさんあったから見てて楽しかったけど、ダイジェスト版のようになってるからか心情的なものが伝わりにくい。それと、、率直な私の印象だけどグンちゃんはペットにするには、ちょっとガタイが大きすぎかも~。



エリート街道を歩んできた出版社勤務のキャリアーウーマン、チ・ウニは、恋人にフラれたうえに職場では左遷され、初めて味わう挫折に失意のどん底にいた。そんなある日、一文なしだがイケメンのダンサー、カン・イノと出会い、イノは友達でも恋人でもない「ペット」としてウニの家に暮らすことになる。  

 

 

Comment

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 はっぴーるぴなす別館, all rights reserved.

るぴ

Author:るぴ
復習し再考し記録する
モットーは簡潔に
sutakorasassaなとこは相変わらずです


++sutakorasassa++

日本映画 (133)
韓国映画 (452)
香港・中国映画 (5)
アメリカ映画 (24)
フランス映画 (1)
イギリス映画 (1)
インド映画 (2)
アルゼンチン映画 (1)
その他 (3)
INDEX (20)

このブログをリンクに追加する

海にかかる霧 2015.4.24~ TOHOシネマズ
国際市場 2015.5.16~ シネマート新宿
予告犯 2015.6.6~
海街diary 2015.6.13~
グラスホッパー 2015.11.7~
母と暮らせば 2015.12.12~
猫なんかよんでもこない。2016年

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。