映画鑑賞メモ保管場所 mottoは簡潔に
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
レイトオータム

去年の正月に韓国で映画を観た時にこの映画の予告編が流れたらキャーって悲鳴があがってみんながため息ついてた。当時ヒョンビンはドラマがヒットして話題の人気者で、そして兵役間近の映画公開だったんですよね。確かに予告編で見るヒョンビンはムッチャ男前、タンウェイは韓国の映画祭で女優賞をたくさん受賞してたよね。そりゃもー観る前から期待が膨らみます。

「レイトオータム」は日本映画(岸恵子と萩原健一共演の「約束」)のリメイクかと思ってたけど、もとは韓国映画。1966年の映画「晩秋」は韓国で「オールタイム・ベストテン」にランクインされる名作だそうです。やっぱり期待するっちゅーの(笑)引越まで10日切った忙しい中、観に行っちゃいました。

あんまり期待して観ちゃだめってことでしょうかね~、期待以上ではなかった。
出会いから二人が近づくところがちょっと間延びして退屈しちゃった。
シアトルっていつもあんなに霧が立ち込める街なんですね、雰囲気のある街なんだからもっとシアトルの街を見たかったかな。もっと異国の街に立つ二人の心細さがでればいいのに。

レイトオータム

フンがアンナの元カレに「こいつはおれのフォークをつかったんだ!」とウソをついて責めた時、アンナは元カレの言葉を信じずフンの嘘を信じて「なんでヒトのフォークを使うのよ!」って食ってかかるシーンが面白かった。元カレがあの時アンナのところに来なかったこと怒りが爆発したのね。

遊園地のカップルの会話をフンとアンナのアテレコする場面もそうだけど、異国で出会う異国のカップルの現実的でない夢のような出会い。なんかねぇ、現実感なかったのよね。だから二人の切ない恋を感じなかった。

私が思うに、この場合、ヒョンビンがかっこよすぎたんだと思うんですよね。
だってフンはいわば出張ホステスの男版で全然まともな男じゃなくて、髪のセットを気にしたりして軽い男なわけでしょ。なのに、なにあのカッコよさ(笑)フンの軽さやふざけた感じがアンナの頑なな心をとかすと思うのよね。ちょっとダサくて軽い感じの男が影のあるアンナと出会うことで刹那な恋が生まれるっての、想像するだけで私的にはゾクゾクするんだけど、ヒョンビンは最初から絵に描いたようにカッコよくて、シャワーシーンなんてストリーに関係なく見惚れちゃったもんね(笑)

こんな結論、ヒョンビンに申し訳ないかしらん。いや、彼はすごく素敵に演じてたと思う。外国の風景に自然に馴染む俳優ってそんなにいないと思うのよね。
以前に映画「インタビュー」でパリの風景に似合ってるイ・ジョンジェが超かっこいいって書いたことあったけど、ヒョンビンもそんな素敵さがある俳優でした。



晩秋(만추)  2011年
監督:キム・テヨン
俳優:ヒョンビン、タン・ウェイ

DVの夫を誤って死なせてしまったアンナ(タン・ウェイ)。収監されてから7年。模範囚であった彼女は母親の訃報を受け初めて72時間だけ外出が許可される。葬儀に向かうバスに乗ると、誰かに追われている様子の男フン(ヒョンビン)が慌てて乗り込んでくる。持ち合わせのないフンは、同じアジア系のアンにお金を貸してほしいと頼む。そんなフンは寂しい女性たちを喜ばせる「エスコート・サービス」をしている、ひたすらよく喋る韓国人男性だった。  

 

 

Comment

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 はっぴーるぴなす別館, all rights reserved.

るぴ

Author:るぴ
復習し再考し記録する
モットーは簡潔に
sutakorasassaなとこは相変わらずです


++sutakorasassa++

日本映画 (133)
韓国映画 (452)
香港・中国映画 (5)
アメリカ映画 (24)
フランス映画 (1)
イギリス映画 (1)
インド映画 (2)
アルゼンチン映画 (1)
その他 (3)
INDEX (20)

このブログをリンクに追加する

海にかかる霧 2015.4.24~ TOHOシネマズ
国際市場 2015.5.16~ シネマート新宿
予告犯 2015.6.6~
海街diary 2015.6.13~
グラスホッパー 2015.11.7~
母と暮らせば 2015.12.12~
猫なんかよんでもこない。2016年

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。