映画鑑賞メモ保管場所 mottoは簡潔に
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
<韓国の三大迷宮入り事件>
・華城連続殺人事件 
   86~91年に華城市近辺の小さな村で起こった連続強姦殺人事件
  「殺人の追憶」で映画化
・ヒョンホ君誘拐殺人事件 
   91年にソウル江南区で起こった9歳の少年の誘拐事件
  「あいつの声」で映画化
・カエル少年失踪事件
   91年に大韓民国大邱のソンソ国民学校に通っていた5人の小学生が失踪した事件
   本作で映画化

カエル少年失踪殺人事件


見ごたえある骨太な映画でした
俳優陣も良かった
見終って満足感たっぷり(ストーリの悲惨さは別として)

事実は事実として描きながら、犯人に迫る部分はきっとエンターテイメントとして見せてるだろうなぁ
私なんかは根が真面目なので(笑)、事実じゃないなら犯人は出さないで欲しいって思っちゃいましたケド

真っ赤なマントで駆けていく少年の姿が悲しい
この映画に一貫して流れる思いは、親たちのやりきれない悲しみや怒り
そしてどこかで生きているかもしれないという最後までの願い
そこが辛い
殺人の疑いをかけられる親の役のソン・ジルとキム・ヨジンが良かった
最後の最後に明かされるギョンホの母の告白は、、胸に迫るものがありました
さすがキム・ヨジンだわ
そこが一貫してるから大丈夫なんだけど、でも前半と後半で違う話になってるよね

前半は大邱に左遷されたPDが手柄を立てて本社に戻ろうと「カエル少年事件」をネタにして番組を作ろうとして、親を犯人扱いしてしまう話
後半は少年たちの遺体が発見され、PDが事件のその後を追いかけて警察が逮捕できない犯人に迫っていく話
だからか、すごく長く感じた

前半は要だった大学教授役のリュ・スンリョンは後半は出てこないし
犯人探しも、あそこまで顔を明らかにしながらそのままになっちゃって
最後は親たちの悲しみに焦点が当たって終わるんですよね
そこんところが、もったいない!
出てくる俳優さんたち、全員が最高に良かったもん
パク・ヨンウはテレビのドキュメンタリー番組のPD(プロデューサー)役
ちょっと顔が丸い?(太った、笑)
でも、よかったわ~
やっぱり好きだわパク・ヨンウ

当時の韓国は軍事政権末期
様々な状況から軍人関与説を信じている人は少なくないらしいです

見終って言葉少なになる映画
ずっしりと、、
いい映画でした



カエル少年失踪殺人事件  2011年 
監督:イ・ギュマン
出演:パク・ヨンウ、リュ・スンリョン、ソン・ドンイル、ソン・ジル、キム・ヨジン

1991年3月26日統一地方選挙日、大邱近郊・トアプ山のある麓の村で、カエルを捕まえると言って出かけた5人の小学生が行方不明になる事件が発生する。事件を暴いて特ダネをスクープしようとするMBS放送のカン・ジスン、犯人像を分析するファン・ウヒョク教授、子供たちを必死になって捜しまわる刑事パク・ギョンシク。彼らはそれぞれの思惑で事件を追いかけるが、失踪した子供の一人、ジョンホの父親が犯人と疑われる。
 

 

 

Comment

 

るぴなすさん 続いて これも!

3大迷宮入り事件のひとつだったんですね
全部観たことになりました
ガッチリしたつくりで 俳優さんも豪華でしたね!!
るぴなすさんのナンバー2さんだし!

もっとヨンウさんが 真相を追及していくのかと思ってたら
後半はスピードが少し落ちちゃった ような気もします、、、
解決してないから しょうがないですかね。。。
大学教授の出番もなくなってましたね(笑)

ラストは 疑わしい人物がいたのか
あえて違うのか わかりづらかったんですが
被害者のお母さんの ウソをついてでも生きててほしい
っていう言葉は 胸をつかれました

最近は 家で映画の状態なんですが
やっぱり映画館でも観たいです~
そのうち 暑気払い(笑)おねがいします~^^

NAME:たんたん | 2013.07.19(金) 18:18 | URL | [Edit]

 

No title

たんたんさん☆

やっとコメ返です
その間、何回会ったでしょ(笑)

私のナンバー2さん、素敵でしょ(*^。^*)
派手さはないけど良いんですよね~

後半ちょっと不思議な展開になりましたよね
そー、何故か教授も出てこなくなって、、、
ノンフィクションって難しいところがあるのかもしれないですね

次は映画観ましょうね~☆

NAME:るぴ | 2013.09.04(水) 18:56 | URL | [Edit]

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 はっぴーるぴなす別館, all rights reserved.

るぴ

Author:るぴ
復習し再考し記録する
モットーは簡潔に
sutakorasassaなとこは相変わらずです


++sutakorasassa++

日本映画 (133)
韓国映画 (452)
香港・中国映画 (5)
アメリカ映画 (24)
フランス映画 (1)
イギリス映画 (1)
インド映画 (2)
アルゼンチン映画 (1)
その他 (3)
INDEX (20)

このブログをリンクに追加する

海にかかる霧 2015.4.24~ TOHOシネマズ
国際市場 2015.5.16~ シネマート新宿
予告犯 2015.6.6~
海街diary 2015.6.13~
グラスホッパー 2015.11.7~
母と暮らせば 2015.12.12~
猫なんかよんでもこない。2016年

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。