映画鑑賞メモ保管場所 mottoは簡潔に
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
サニー

「過速スキャンダル」のイ・ヨハン監督作品
クスッと笑いながら観ることはたまにあるけど、こんなに声出して大笑いする映画って珍しい
ばか笑いして観ました
コメディ作品かって言われると全然違うんだけど、笑った記憶ばかり残る感じ

かつてサニーという名のグループだった仲間たちの話
40代になった彼女たちの今と、10代だった1980年代を行ったり来たりするんだけど
彼女たちの青春時代がキラキラしてて眩しかった

結末が大団円過ぎなんですけどね
それでもいいんだーって思っちゃった
だってそこで現実を突き付けられたってどうしたらいいのかわからないもん

7人の今と昔
誰が誰だかちょっと混乱するのよね
最後のひとりふたりがちょい迷いながら観てました

映画自体はちょっとチグハグだったり、突っ込みたいところもあるんだけど
全体としてはともかく笑って楽しく観られます
そしてテーマが誰にも当てはまるでしょ
エンディングロール見ながら何とも言えない感動があったのは
その普遍なテーマにしみじみするんだと思ったのでした



サニー 永遠の仲間たち(原題:써니)  2011年
監督:カン・ヒョンチョル
出演:ナミ→ ユ・ホジョン、シム・ウンギョン
   チュヌァ→ チン・ヒギョン、カン・ソラ、
   チャンミ→ コ・スヒ、キム・ミニョン
   チニ→ ホン・ジニ、パク・チンジュ
   クモク→ イ・ヨンギョン、ナム・ボラ
   ポッキ→ キム・ソンギョン     キム・ボミ
   スジ→ ユン・ジョン、ミン・ヒョリン

ナミ(ユ・ホジョン)は夫と高校生の娘に恵まれ、主婦として平凡だが幸福な毎日を送っていた。そんなある日、彼女は母の入院先の病院で高校時代の親友チュナ(チン・ヒギョン)と思わぬ再開を果たす。25年ぶりに再会した友人はガンに侵され、余命2カ月と宣告されていた。チュナの最期の願いはかつての仲間たちと出会うことだった。  

 

 

Comment

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 はっぴーるぴなす別館, all rights reserved.

るぴ

Author:るぴ
復習し再考し記録する
モットーは簡潔に
sutakorasassaなとこは相変わらずです


++sutakorasassa++

日本映画 (133)
韓国映画 (452)
香港・中国映画 (5)
アメリカ映画 (24)
フランス映画 (1)
イギリス映画 (1)
インド映画 (2)
アルゼンチン映画 (1)
その他 (3)
INDEX (20)

このブログをリンクに追加する

海にかかる霧 2015.4.24~ TOHOシネマズ
国際市場 2015.5.16~ シネマート新宿
予告犯 2015.6.6~
海街diary 2015.6.13~
グラスホッパー 2015.11.7~
母と暮らせば 2015.12.12~
猫なんかよんでもこない。2016年

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。