映画鑑賞メモ保管場所 mottoは簡潔に
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
20120706-1.jpg


歌って踊るインド映画仕立てのような
「愛と誠」
けっしてお薦めするものではありません
が、、面白かったわ
笑えた
嫌いでない
っつか、むしろ好き

こういう、妻夫木君曰く「なかなかふざけた映画」って
ともかくヘンですから
中途半端な芝居されると観るに堪えなくなると思うんですよね
ご本人はインタビューではこれでいいのか迷いながら演じてたみたいだけど
最初から最後までぶれない妻夫木君は流石だと思った☆

早乙女愛役の武井咲は、もうちょっと頑張れって感もあったけど
贅沢言ってはいけません
あの美貌は早乙女愛にピッタリでした

感動ポイントは、やっぱり歌って踊るシーンよね

のっけからの妻夫木扮する太賀誠の「激しい恋」はいきなり歌い踊りだしたので
それだけで魅入っちゃいました(笑)
私的には老け顔の番長・座王権太役の伊原剛志の「オオカミ少年ケンのテーマ」と
ガム子と呼ばれるスケ番を演じた安藤サクラ「また逢う日まで」が良かったわ

ガム子さんはなぁ、ガム噛んでるからガム子さんなんだよ
笑った~
いつ見ても抜群の安定感☆
安藤サクラ好っきだわ~~♪

「君のためなら死ねる」と早乙女愛への愛を誓う岩清水弘役の斎藤工
昨日観たドラマ「ボーイズ・オン・ザ・ラン」に出て人なのね
あんまりイメージが違うからビックリしたのでした






愛と誠 2012年
監督:三池崇史
出演:妻夫木聡、武井咲、斎藤工、大野いと、安藤サクラ

富豪のひとり娘で天使のように純真無垢なお嬢様・早乙女愛(武井咲)は、復讐を誓い単身上京した、額に一文字の傷がある不良の誠(妻夫木聡)の鋭い眼差しを一目見たときから恋に落ちる。身の上も性格も何もかも違う二人。境遇の違いをまざまざと感じさせるような出来事や命を賭して彼女を愛するという岩清水(斎藤工)の存在もあるが、愛は決して一途な心を曲げない。己の拳以外誰も信じない頑なな誠に、全身全霊をかけて愛する愛の心は通じるのか。  

 

 

Comment

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 はっぴーるぴなす別館, all rights reserved.

るぴ

Author:るぴ
復習し再考し記録する
モットーは簡潔に
sutakorasassaなとこは相変わらずです


++sutakorasassa++

日本映画 (133)
韓国映画 (452)
香港・中国映画 (5)
アメリカ映画 (24)
フランス映画 (1)
イギリス映画 (1)
インド映画 (2)
アルゼンチン映画 (1)
その他 (3)
INDEX (20)

このブログをリンクに追加する

海にかかる霧 2015.4.24~ TOHOシネマズ
国際市場 2015.5.16~ シネマート新宿
予告犯 2015.6.6~
海街diary 2015.6.13~
グラスホッパー 2015.11.7~
母と暮らせば 2015.12.12~
猫なんかよんでもこない。2016年

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。