映画鑑賞メモ保管場所 mottoは簡潔に
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
友へ チング(原題:친구)  2001年  
監督:カク・キョンテク
出演:ユ・オソン、チャン・ドンゴン、ソ・テファ、チョン・ウンテク



この映画が上映された頃、韓国の映画は観たこともなく
「チング」が友達という意味だということをこの映画で初めて知った
でも、チング=友達 ではないんですよね
ハングルの先生に聞いたら、友達のことを簡単にチングとは呼ばないんだそうです
親旧(チング)は長く親しい友人
そして、いくら親しくても年上や年下はチングとは呼ばないって言ってました
この映画、邦題をつけなくて良かったですね
「チング」以外のタイトルはなさそうです



チングは2回観た

正直に告白しちゃいますが、遥か昔に1回目観たときに
いつストーリが動き出すのかと思ってるうちに終わっちゃった
チャン・ドンゴンが主役と勘違いして観てたから
あら~、死んじゃった、ってとこでやっと主役が誰だか気がついた
韓国で818万人が観たっていう映画なのに
あぁ、、こんな感想怒られるかしら、、、(汗)



2回目に観た方がはるかに面白かった

ドンスが着ているヒョウ柄(?)の服
この時代の男の子がよく着てるけど、不良の間で流行った服とか?(推測ですが)
日本人が「ALWAYS 三丁目の夕日」で昭和を思い出すみたいな(私は見てないけど)
そういう感じかな
4人の悪ガキのなかに自分がいてチングがいて
昔を懐かしむみたいな映画なのかな



ドンスだけが、なぜあんな風に変わったんだろ
最後の衝撃の場面は迫力ありました




1976年夏プサン。地元の元締めを父に持つジュンソク(ユ・オソン)は口ベタながらケンカが強くて情にも厚く、みんなから一目置かれていた。葬儀屋の息子のドンス(チャン・ドンゴン)もケンカっ早いが憎めない存在だ。そして優等生のサンテク(ソ・テファ)とお調子者のジュンホ(チョン・ウンテク)、4人はいつでも一緒に遊んでいた。彼らは別々の中学に進むが、再び高校で顔を合わせ一緒につるむようになる。しかしある事件をきっかけにジュンソクとドンスは退学処分になり、やがて二人は裏社会に足を踏み入れ対立してゆくようになる。  

 

 

Comment

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 はっぴーるぴなす別館, all rights reserved.

るぴ

Author:るぴ
復習し再考し記録する
モットーは簡潔に
sutakorasassaなとこは相変わらずです


++sutakorasassa++

日本映画 (133)
韓国映画 (452)
香港・中国映画 (5)
アメリカ映画 (24)
フランス映画 (1)
イギリス映画 (1)
インド映画 (2)
アルゼンチン映画 (1)
その他 (3)
INDEX (20)

このブログをリンクに追加する

海にかかる霧 2015.4.24~ TOHOシネマズ
国際市場 2015.5.16~ シネマート新宿
予告犯 2015.6.6~
海街diary 2015.6.13~
グラスホッパー 2015.11.7~
母と暮らせば 2015.12.12~
猫なんかよんでもこない。2016年

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。