映画鑑賞メモ保管場所 mottoは簡潔に
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
20130218-2.jpg


出演者が豪華だった
登場時間は短くてもそれぞれキャラクタがしっかり描かれて話を繋いでた
 
2時間20分
映画としては長いけど、原作があるからギリギリ削ってこれが限界だったんでしょうね
原作は読んでないけど、どうしてもダイジェストの要素はあるんだろうと感じました

暦が主役だしね
難しい算術の話がもっと出てくるのかと思ったけど
そうでもなくて
日本独自の暦を作り上げて認知されるまでの話を
奇をてらうことなく真面目で作り上てたって印象でした
裏をかえすと、ちょっと退屈でもあるけど
それがいいんじゃないですかね、きっと

数学や星に夢中になる
主人公安井算哲が楽しそうだったなぁ

宮崎あおいさん
最近こういう奥様役が多いよね
しっかり者でいろんな人の内助の功してる
誰と組んでもピッタリはまります

岡田君は、んーー期待したけど
可もなく不可もなく
横山君にはちと荷が重そうだった




天地明察  2012年
監督:滝田洋二郎
出演:岡田准一、宮崎あおい、佐藤隆太、市川猿之助

江戸時代前期。安井算哲(岡田准一)の生まれた安井家は将軍に囲碁を教える名家であるものの、算哲自身は出世欲のない不器用な男だった。星の観測と算術の問いを解くことが好きで、あまりにも熱中しすぎて周囲が見えなくなることもしばしばだった。算哲は形ばかりの勝負となった囲碁に次第に疑問を抱き、真剣勝負の場に身を置きたいとの願いを持つようになる。そんな算哲を、将軍・徳川家綱の後見人である会津藩主・保科正之(松本幸四郎)は暦の誤りを正す任に抜擢する。800年にもおよび使われてきた中国・唐の時代の暦がずれてきたため新しい暦を作るというこの計画には、星や太陽の観測をもとに膨大な計算を必要とし、さらには本来なら朝廷の司る改暦に幕府が口を出すという朝廷の聖域への介入という問題をはらんでいた。算哲は師や友人、算哲を慕いやがて妻となったえん(宮崎あおい)や、彼のよき理解者であった水戸光圀(中井貴一)らに支えられながら、この難関に誠実に取り組んでいく。  

 

 

Comment

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 はっぴーるぴなす別館, all rights reserved.

るぴ

Author:るぴ
復習し再考し記録する
モットーは簡潔に
sutakorasassaなとこは相変わらずです


++sutakorasassa++

日本映画 (133)
韓国映画 (452)
香港・中国映画 (5)
アメリカ映画 (24)
フランス映画 (1)
イギリス映画 (1)
インド映画 (2)
アルゼンチン映画 (1)
その他 (3)
INDEX (20)

このブログをリンクに追加する

海にかかる霧 2015.4.24~ TOHOシネマズ
国際市場 2015.5.16~ シネマート新宿
予告犯 2015.6.6~
海街diary 2015.6.13~
グラスホッパー 2015.11.7~
母と暮らせば 2015.12.12~
猫なんかよんでもこない。2016年

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。