映画鑑賞メモ保管場所 mottoは簡潔に
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
20130221-1.jpg


愛した男を選ぶか
国を選ぶか
壮大なラブストーリでございました

凛とした美しさのキム・ソヨンに見惚れちゃった
イリッチと高宗の間で揺れ動く演技が素晴らしかったです

最初の内は誰が誰が仲間なのか
私まで疑心暗鬼で観ちゃいましたわ
歴史ものなのでもうちょっと難しいかと思ったけど
途中からは集中して観ることができました

高宗役のパク・ヒスンはさすがの存在感でした
誰も信じられない、いつ毒殺されるかもしれない不遇の王を名演しました
ちょっとカッコ良すぎかな
朝鮮王朝末期
フィクションの要素も多々ありでしょう
でも大韓帝国設立の過程を垣間見る面白さもあって楽しめました
(あくまでフィクション)←しつこい?

ラストはどうなるのか
多分こうなるだろうと予想しつつも
キュンキュンしちゃいました

久々(←久々?)韓国映画が面白かったです
「接続」「カル」の監督さんだって
流石~
原作はキム・タクファンの「ロシア珈琲」だそうです
定子って「黒い家」に出てたユソンだったのね
全然わかんなかった(日本語と着物姿に注意力をそがれた、笑)

高宗が建てた「徳寿宮静観軒」
いつかチャンスがあったら行ってみたいです

☆国境の愛
その通りではあります
☆GABI
これが珈琲を意味するとは思わない人多いんじゃ?
そのまま「珈琲」ってタイトルでもおしゃれで好きですけどね

余談ですが
日本人が登場する時にいつも思うんだけど
なんちゃって日本人の登場はまぁいいとして
聴き取りにくい日本語を話すのもいいとして
とりあえず日本語字幕版にするときは
日本語にも字幕つけてくれないですかね
耳からの情報はないも当然ですからね
ご一考を。。。。。




GABI-国境の愛-(原題:가비)  2012年  
監督:チャン・ユニョン
出演:キム・ソヨン、チュ・ジンモ、パク・ヒスン、ユソン

1896年動乱の朝鮮王朝。台頭する日本の影響力を逃れて、高宗王はロシア公館に避難し、そこで大韓帝国の建国を模索していた。一方、ロシアの貨物列車から金塊を盗んでロシア軍に囚われたイルチとタニヤは銃殺されるところを、朝鮮系日本人サダコ率いる日本軍に救われる。サダコは二人を利用して高宗王の動向を探り、朝鮮を日本支配下におくことを狙っていた。タニヤはロシア側に雇われた王室付きコーヒーバリスタとして、イルチは坂本という名の日本人に扮して、それぞれロシア公館に接近する。ただし、お互いの命を守るため、二人は決して言葉を交わせたり、お互いの目を見てもいけない。そして二人の究極の使命は高宗王の暗殺だった。二人の愛と絆が今、動乱の時代によって試される。  

 

 

Comment

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 はっぴーるぴなす別館, all rights reserved.

るぴ

Author:るぴ
復習し再考し記録する
モットーは簡潔に
sutakorasassaなとこは相変わらずです


++sutakorasassa++

日本映画 (133)
韓国映画 (452)
香港・中国映画 (5)
アメリカ映画 (24)
フランス映画 (1)
イギリス映画 (1)
インド映画 (2)
アルゼンチン映画 (1)
その他 (3)
INDEX (20)

このブログをリンクに追加する

海にかかる霧 2015.4.24~ TOHOシネマズ
国際市場 2015.5.16~ シネマート新宿
予告犯 2015.6.6~
海街diary 2015.6.13~
グラスホッパー 2015.11.7~
母と暮らせば 2015.12.12~
猫なんかよんでもこない。2016年

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。