映画鑑賞メモ保管場所 mottoは簡潔に
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
「あなたも、あの国も大っ嫌い」
「あの国で、私もあなたのお兄さんも生きているんです」


20130607-1.jpg

「かぞくのくに」を観ました
泣きすぎて息が苦しかった

ヤン・ヨンヒ監督のドキュメント番組を録画したものを頂いてたので
続いてそれも見させていただいたんだけど

国境は
分断したり区切られているけれど
それは政治によるもの
映画を作る立場から見ると
国境はつなぎ目だと思いたい
だから渡れるもの
ひょいと越えられる糸みたいなもの
越えるものだと思っている


監督の心からの切望ですよね
北朝鮮で暮すお兄さんや姪と会えない
自分の作品を観てもらうこともできない

劇中で大きなスーツケースを見つけて
これを持って自由に好きなところへ行くんだって言った
オッパの言葉が悲しかった

そして母心が、、
貯金してお金を送ってあげることだけなんだよね
できることは
ヤン同志にスーツを用意して
息子をよろしくお願いしますと言う母の心に
涙するしかなかったです



かぞくのくに  2012年  ☆☆☆☆☆  
監督:ヤン・ヨンヒ
出演:安藤サクラ、井浦新、ヤン・イクチュン、津嘉山正種、宮崎美子

日本に住むリエ(安藤サクラ)と帰国事業で北朝鮮へ帰った兄ソンホ(井浦新)。離れて暮らして25年が経ち、ソンホが病気の治療のために日本に帰国することになった。期間は3か月。家族や仲間はソンホとの再会を喜ぶ一方、担当医には3か月では治療は不可能と告げられる。しかし、滞在延長を申請しようとした矢先、本国から「明日帰国するよう」と命令が下る。  

 

 

Comment

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 はっぴーるぴなす別館, all rights reserved.

るぴ

Author:るぴ
復習し再考し記録する
モットーは簡潔に
sutakorasassaなとこは相変わらずです


++sutakorasassa++

日本映画 (133)
韓国映画 (452)
香港・中国映画 (5)
アメリカ映画 (24)
フランス映画 (1)
イギリス映画 (1)
インド映画 (2)
アルゼンチン映画 (1)
その他 (3)
INDEX (20)

このブログをリンクに追加する

海にかかる霧 2015.4.24~ TOHOシネマズ
国際市場 2015.5.16~ シネマート新宿
予告犯 2015.6.6~
海街diary 2015.6.13~
グラスホッパー 2015.11.7~
母と暮らせば 2015.12.12~
猫なんかよんでもこない。2016年

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。