映画鑑賞メモ保管場所 mottoは簡潔に
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
20131228-4.jpg

この映画のレビューだけは
どうやって書いてよいのか見当がつかず状態で
ずっと下書きにあって、消そうかどうしようか迷ったりしてたんだけど
大好きなニノの出演映画だしなぁ
しかも2作もあるし、、、
で、年末なのでこの際思い切ってなんか書いておこうと思い立ってやってみます

今、進撃の巨人の実写化の話があって、2015年公開予定らしいですね
当時のGANTZに関するあれこれは全く知らないんだけど
きっとこの話に似てるんでしょうね

アニメのあの世界観を実写で表現できるのかって話
GANTZの実写からはエロとグロが消えてたという話
進撃の巨人の人が喰われる残酷の極みがどう実写できるかって話

でも私は原作を未見でGANTZを観たのでその感想を書くのみなんですよね

20131228-5.jpg
エロはここまでが限界

死んでるのか生きてるのかわからない状態で
突然ギリギリの闘いを強いられる

わけのわからないガンツの世界感は充分楽しみました
出てくる星人たちもへんてこで気持ち悪くて面白かった

玄野がニノで、加藤が松ケンって
キャスティング的に逆じゃないの?って若干思いましたけどね

ニノファンとしては
挑戦的な役を選んだなぁって思ったのでした



GANTZ  2011年
監督:佐藤信介
出演:二宮和也、松山ケンイチ、吉高由里子、本郷奏多、夏菜

まったく就職が決まらない大学生の玄野(二宮和也)と、彼の幼なじみで正義感の強い性格の加藤(松山ケンイチ)は、電車にひかれて命を落としてしまう。しかし、黒い謎の球体“GANTZ”が彼らを呼び出し、“星人”と呼ばれる異形の敵との戦いを強いる。加藤は争いを避けるが、玄野はサバイバルに身を投じることを決意する。  

 

 

Comment

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 はっぴーるぴなす別館, all rights reserved.

るぴ

Author:るぴ
復習し再考し記録する
モットーは簡潔に
sutakorasassaなとこは相変わらずです


++sutakorasassa++

日本映画 (133)
韓国映画 (452)
香港・中国映画 (5)
アメリカ映画 (24)
フランス映画 (1)
イギリス映画 (1)
インド映画 (2)
アルゼンチン映画 (1)
その他 (3)
INDEX (20)

このブログをリンクに追加する

海にかかる霧 2015.4.24~ TOHOシネマズ
国際市場 2015.5.16~ シネマート新宿
予告犯 2015.6.6~
海街diary 2015.6.13~
グラスホッパー 2015.11.7~
母と暮らせば 2015.12.12~
猫なんかよんでもこない。2016年

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。