映画鑑賞メモ保管場所 mottoは簡潔に
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
桃(タオ)さんのように、静かに、丁寧に暮らしたい ☆☆☆☆☆

20131008-2.jpg

60年もの歳月をひとつの家族の世話をしてきた桃さんは
毎日同じ市場で買い物をし、掃除をし料理をし、飼い猫と会話しながら暮らしてる。
なくてはならない空気のような存在でありながら、当然家族ではない。
雇主と家政婦という一定の距離を保ちながら労わり合う関係性が見事でした。
桃さんの生きる姿が凛として素晴らしい。

脳卒中で倒れ、誰の世話にもならないと入った老人施設は
埃ひとつなく綺麗に暮らしてきたものとはかけ離れた環境だったので悲しくなったけど
桃さんは黙って受けいれて、周りの人たちときちんとした関係を築いていくんだよね。
なんて素敵な人なんだろう。

ロジャーは息子のような気持ちで見守っていて
桃さんも訪ねてきてくれるロジャーを息子のように待ち焦がれながらも
主人と使用人という距離感は崩さない。
押しつけがましくなく、無理もせず、でもしっかりとした絆で結ばれている。

20131008-3.jpg

ロジャーは映画プロデューサー。
作業着のようなジャンバーを着て、バックを背負って歩き
空調作業員と間違えられたり、タクシーの運転手に間違えられたり
そして女っけはまったくない独身男性。
女の独り身を貫いてきた桃さんと、どこか似ているような気がして
この二人、きっとものすごく相性がいいんだよね、きっと。

20131008-4.jpg

桃さんの作る料理が本当に本当に美味しそうで
愛情と手をかけて作る食事は、この世の中でどんな贅沢にも勝るよね。
料理すること、食べること、暮すこと
大事に暮らしていきたいと、改めて思い直しました。

淡々と、そして静かに人生の終焉を描いた作品。
きっと何度も観たくなる、感動が静かに心にとどまっていつまでも残る作品です。



桃さんのしあわせ(原題:桃姐)  2011年  ☆☆☆☆☆
監督:アン・ホイ
出演:アンディ・ラウ、ディニー・イップ

広東省生まれの桃さん(ディニー・イップ)は、13歳から60年もの間梁家の使用人として4世代の家族の世話をしてきた。今は、生まれたときから面倒を見てきたロジャー(アンディ・ラウ)が彼女の雇い主で、彼は映画プロデューサーとして中国本土と香港を往復する多忙な日々を送っていた。そんなある日、桃さんが脳卒中を起こして倒れる。

⇒⇒ 公式HP

20131008-1.jpg  

 

 

Comment

 


じんわりと心の中に
暖かい感情が・・・・・・
いやぁ、しずかに、良い映画でした。

桃(タオ)さんが
実在の人物をモデルにしているというのを知ったことも大きいです。
こういう、一人の人物の
ささやかな人生が、
「この人のことを映画にしたい」という気持ちを
起こさせる何かを持っている、その事自体にも感動しました。

誰かを思い
誰かに思われる
極端に言ってしまうと
人間にとって本当に大事なことはそれ一つではないかとさえ
思います。
どんなに能力のある人か
どんなに地位のある人か   そんなことをはるかにしのぐ
人生において「誰かを心から大事に思った人か」ということですね。

心をこめて選んだ食材
心をこめてご飯を作り
心をこめて干してたたんだ洗濯物
そのひとつひとつに
桃さんの心が入っている

それを食べて着るロジャーは
いつも守られているよね

使用人、として決して見下すことをせず
桃さんを大事に大事にする簗家のひとびと
しかしそこに保たれている一線 慣れ合うことなく
踏み込み過ぎることなく 互いの立場でお互いを思う
それが見事でした。

老人ホームの人々とも
やはり暖かな繋がりを作り上げる桃さん
すてきだなぁ

「大げさでない死」という言葉を読んだことがあります
桃さんの最期はそういうものでしたが
桃さんが心をかけた人々の中にずっと、消えずに残って行く。
すてきな人生です。

良い映画を教えていただいて、ありがとう、オンニ。

NAME:トベニ | 2013.10.09(水) 16:53 | URL | [Edit]

 

トベニさん☆

「大げさでない死」
まさにそうでしたね
桃さんの人生の終焉は描いたけど
亡くなる場面はありませんでした
ロジャーさんは桃さんのことを思い出しながらも
今までと変わらず暮していく

そういう「死に様」に憧れます
どういう最期を迎えるかは
その人の人生そのものだと思うから

本当に静かな映画でした
静かだけど心の中に染み入ってきます

>誰かを思い
>誰かに思われる
>極端に言ってしまうと
>人間にとって本当に大事なことはそれ一つではないかとさえ
思います。

本当にそうですね
そういう人がいれば人は幸せになれます

あぁ、、本当に、しみじみと良い映画でした

NAME:るぴ | 2013.10.09(水) 18:33 | URL | [Edit]

 

るぴさん おススメみました!

タオさんの揺るがない生き方 素敵ですね
自分の立場をわきまえてて
それでいて ロジャーやその家族たちのことを思っていて
牛タン食べちゃダメって言ってても
大好きな煮込みをつくってくれて!
言葉は少ないけど しっかり愛情が伝わってきました
施設に入ってからも
きっと最初は抵抗あったはずなのに状況を受け入れられる
静かで温かい作品観られました☆

来年見たい映画見つかりました^^
またよろしくです~♪

NAME:たんたん | 2013.12.13(金) 19:00 | URL | [Edit]

 

たんたんさん☆

タオさんが素敵でした
あんな風に生きたい
でもなかなかあんな風には生きられないから
少しでも近づきたいって思います

人と人が寄り添う姿は幸せですね
家族じゃなくっても家族のように寄り添える
本当に静かで温かな気持ちになれました

おおっ!観たい映画みつかりましたか
むふ、うれぴい
じゃ新年早々に観に行きましょうね~(^o^)丿

NAME:るぴ | 2013.12.14(土) 16:28 | URL | [Edit]

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 はっぴーるぴなす別館, all rights reserved.

るぴ

Author:るぴ
復習し再考し記録する
モットーは簡潔に
sutakorasassaなとこは相変わらずです


++sutakorasassa++

日本映画 (133)
韓国映画 (452)
香港・中国映画 (5)
アメリカ映画 (24)
フランス映画 (1)
イギリス映画 (1)
インド映画 (2)
アルゼンチン映画 (1)
その他 (3)
INDEX (20)

このブログをリンクに追加する

海にかかる霧 2015.4.24~ TOHOシネマズ
国際市場 2015.5.16~ シネマート新宿
予告犯 2015.6.6~
海街diary 2015.6.13~
グラスホッパー 2015.11.7~
母と暮らせば 2015.12.12~
猫なんかよんでもこない。2016年

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。