映画鑑賞メモ保管場所 mottoは簡潔に
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
観終ってこんなにほのぼのと幸せ感漂う映画とは思いませんでした
ひとことで言うと
いろんなものがベストマッチした気持のいい映画
ビーチボーイズの「素敵じゃないか」の歌詞が嵌る~♪

20131015-11.jpg

原作は読んでなくて
これはネタバレなしで早めに観ないといけない気がする
そんな気がして公開初日に急に思い立って観てきました

正解でしたね
だからねぇ、私もあまり書けない
これから観る方にはできれば情報なしで観てほしいから

と言いつつ
最後の方になって驚く展開らしいけど
もう早々にファーストシーンでわかりました
まさかとは思うけど、きっとそうなんだって、、

若干、、なんじゃそれ!って(笑)

それが受け入れられるかどうか
大きい気がします
私はとても面白かったです

音楽がいいでしょ
江ノ島の風景に二人がとけこんでたし
新居も可愛くて
空気感というか
日差しの温かさというか
ともかく気持ちいい

潤くんと樹里ちゃんが悔しいくらいに相性ピッタリで
あの役は樹里ちゃんじゃないとダメって思うくらいにはまり役でした
樹里ちゃんが核にいて、潤くんが大きく受けとめてた

子役の(中学生の)二人もすごくいい

原作のラストは違うんだってね
(ネットで知ったけど、これもネタバレなので書けないなぁ)
幸せな終わり方だったけど
私はひとつ前のシーン
あそこで終わった方が断然好きだったなぁ(それもネタバレになるから言わない、笑)

ネタバレ無頓着に書く私がここまでこだわるのも珍しい

それくらいに
真っ白な気持ちで観てもらいたいと思う
そういう素敵な映画でした



陽だまりの彼女  2013年  ☆☆☆☆☆
監督:三木孝浩
出演:松本潤、上野樹里
原作:越谷オサム

取引相手を訪ねた新人営業マンの浩介(松本潤)は、そこで同じ中学校に通っていた幼なじみの真緒(上野樹里)と10年ぶりの再会を果たす。学年有数のバカとして名をはせ、何かといじめられていた彼女が、当時の姿から想像がつかないほど魅力的な女性になったことに驚く浩介。再会に運命めいたもの感じた二人は惹かれ合うようになり、結婚を決意するまでに。だが、真緒は誰にも知られてはならない、とんでもない秘密を持っていた。  

 

 

Comment

 

オンニ~☆

この映画、いいとは聞いていたけど
ほんっと、よかったなぁ

まず、この映画をね、実写版でつくってるってことがすごいと思った。

「映画で、夢を見て下さいね。」ってカンジ。
ほわほわ・ぬくぬくとした何かが通う。暖かい気持ち。

浩介の「真緒、お前、ブライアン○○○○!!!」って言うセリフが
暖かくて 感動した。
それ以外のどんな言葉よりもこの言葉がいい。
これを言う浩介に、涙がこぼれた。

ビーチ・ボーイズの wouldn't it be good
これがテーマ
そうか、すべては仮定の話、ということだよね
もし~~~だったら、すてきだろね!!!って、そういういう映画だよね

原作の文庫本の帯に2種類あって、↑の写真じゃないほうを
娘が買って来たんだけど、その潤くんの表情は
ホンっとに、「浩介」そのもので、ビックリしたほど。


一生懸命幸せになろうとする二人が 健気ですばらしい。

NAME:トベニ | 2013.11.05(火) 17:19 | URL | [Edit]

 

るぴ

トベニさん☆

ホントにいい映画なのよって
アイドルとか全く関心ないですって人にいい映画なのよって薦めてます
つい、薦めたくなっちゃう映画なのよねぇ

あの場面はいろんなことがようやく明らかになって
そしてやっと真緒を見つけたシーンでしょ
感情高ぶって見つめたり
思わず抱きしめたりしてもおかしくないんだけど
「お前、ブライアン〇○○○○」ってすごいよね
それを言えるって、浩介カッコいいよ

運命に抗わない
だけど二人とも強いし
お互いを信じてるっていうか
結局そうやって繋がった同士はどこかでまた巡り合えるって
究極のラブロマンスよね

記憶の遥か向こうにかすかに感じるトキメキが
もしかしたらこういうこと?って思うだけで
人生ってなんて素敵
素敵じゃないかって
ビーチ・ボーイズの曲が本当に素敵でした

NAME:るぴ | 2013.11.11(月) 16:35 | URL | [Edit]

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 はっぴーるぴなす別館, all rights reserved.

るぴ

Author:るぴ
復習し再考し記録する
モットーは簡潔に
sutakorasassaなとこは相変わらずです


++sutakorasassa++

日本映画 (133)
韓国映画 (452)
香港・中国映画 (5)
アメリカ映画 (24)
フランス映画 (1)
イギリス映画 (1)
インド映画 (2)
アルゼンチン映画 (1)
その他 (3)
INDEX (20)

このブログをリンクに追加する

海にかかる霧 2015.4.24~ TOHOシネマズ
国際市場 2015.5.16~ シネマート新宿
予告犯 2015.6.6~
海街diary 2015.6.13~
グラスホッパー 2015.11.7~
母と暮らせば 2015.12.12~
猫なんかよんでもこない。2016年

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。