映画鑑賞メモ保管場所 mottoは簡潔に
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
20140217-1.jpg


「深夜のFM」というタイトルで韓国で上映してた時から、いつか観たいと楽しみにしてた作品をやっと見ることができました。
うん、評判どおり、期待どおりの面白さだった。

深夜の2時から始まるラジオ番組「真夜中の映画音楽室」の
放送時間内にリアルタイムに進む怖~~いサイコスリラー。

ジテさんが演じるサイコ殺人鬼は怖かった。
ファンを通り越してストーカーを遥かに通り越して性格異常者で
あんな風に番組やDJのファンになられたら恐ろしくてたまらない。
ストーリは想像通りに展開していくんだけど緊迫感があった。

スエが演じるコ・ソニョンが魅力的だったなぁ。
元TVアナウンサーで今は人気DJ。
娘の病気治療のため渡米するので放送は終了するけれど、いつかまたニュースの世界に戻ってくることも視野にある野心家でもある。
抜群の才覚を持つが、他人に対する情はバッサリと切り捨てる部分もある。。
妹が殺されて娘が人質に取られるという窮地に陥った時も、狼狽え恐怖に怯えながらも強靱な精神力で立ち向かおうとする。

娘を助けるためになりふり構わないやり方は、ヒロインとして必ずしも共感できるものではなかったけど、でも理解もできる。
逆にリアリティを持って感じることが出来て面白かった。

娘ちゃん役の子役の女の子が良かったんですよねえ。
恐怖に怯えながら冷静に行動する彼女の姿が本当に立派でした。

見応え十分な秀逸なサイコスリラーでした。




ミッドナイトFM(原題:심야의 FM)  2010年  ☆ヽ(*^ω^*)ノ
監督:キム・サンマン
出演:スエ、ユ・ジテ、マ・ドンソク、チョン・マンシク

病身の娘を治療させるための渡米を控え、DJを5年間努めてきた人気の深夜ラジオ番組を降板する元テレビアナウンサーのソニョン(スエ)。妹に娘を預けてオンエアに臨む彼女だったが、その最中に自分のリクエスト通りに曲を流さなければ家族を殺すという脅迫電話がかかってくる。ただのイタズラだと軽く受け流していたソニョンだったが、電話の主である謎の男(ユ・ジテ)が家族をとらえて人質にしていることが判明。激しくうろたえる彼女に、男はある要求を突き付けてくる。  

 

 

Comment

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 はっぴーるぴなす別館, all rights reserved.

るぴ

Author:るぴ
復習し再考し記録する
モットーは簡潔に
sutakorasassaなとこは相変わらずです


++sutakorasassa++

日本映画 (133)
韓国映画 (452)
香港・中国映画 (5)
アメリカ映画 (24)
フランス映画 (1)
イギリス映画 (1)
インド映画 (2)
アルゼンチン映画 (1)
その他 (3)
INDEX (20)

このブログをリンクに追加する

海にかかる霧 2015.4.24~ TOHOシネマズ
国際市場 2015.5.16~ シネマート新宿
予告犯 2015.6.6~
海街diary 2015.6.13~
グラスホッパー 2015.11.7~
母と暮らせば 2015.12.12~
猫なんかよんでもこない。2016年

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。