映画鑑賞メモ保管場所 mottoは簡潔に
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
グリーンフィッシュ (1997年)
ペパーミント・キャンディー (1999年)
オアシス (2002年)
シークレット・サンシャイン (2007年)
ポエトリー アグネスの詩 (2010年)

イ・チャンドン監督作品、これにてコンプリート完了しました☆
全ての作品が素晴らしくて、やはりこの監督さんは別格だと思いました。

20140308-1.jpg


日本語字幕付きはVHSだけかと思ってたけど、どうやらDVDもあるらしいですね。
いずれにしても探しても見つかりませんでした。
仕方なくネットで探して字幕なしで鑑賞。緑を基調にした重みのある映像、、なんて感想を聞くとスクリーンで観てみたかったなぁ。

ハン・ソッキュ演じるマクトンという名前は末っ子と言う意味で、日本名すると「末男」とか「トメ吉」ですかね。
除隊後にヤクザの世界に入った男の話だけど、家族というのがとても大事なテーマになってる。

マクトンは家族揃って小さな食堂を経営して暮すことを夢見てた。
叶わずに死んでいったけど、ラストシーンではその夢が叶っていて、そしてヤクザの世界でかかわったボスと好きだった人が偶然にその食堂に来てサムゲタンを食べる。
俯瞰で眺める風景は、まるでマクトンが空から見ているようだった。

ボスがマクトンの兄さんを見て「会ったことありますよね」って言ったのは顔が似てたから?実は本当のハン・ソッキュのお兄さんが演じてるらしくて、そりゃどこか似てるよね(笑)

ハン・ソッキュがボスのさらにボスをトイレで殺害するシーンはリアリティがあって迫力があった。その後、公衆電話で家族に電話して、子どもの頃に緑の魚を獲りたかったという思い出話をする場面は本当に切ないです。

ボスに殺されて車のフロントガラスに顔を押し付けて絶命するシーンは圧巻だった。
目が凄い。
あの目はしばらく脳裏から消えない。
ハン・ソッキュはこの役で主演男優賞を総なめして演技派として認められたらしいけど、納得です。

ボスがマクトンを殺したのに、それでも恋人はボスのところから離れないのは何故?
ラストでお腹が大きかったのがマットンの子だったらドラマチックだと思うけど考えすぎかなぁ。ずっと彼に貰った写真を持ち歩いてたってことでしょ。
だって、そうでもなかったらマクトンが可哀そう過ぎる。

ソン・ガンホがチンピラその1的な役割で、そして卵売りの三男がチョン・ジニョン。
二人がとても若いんだけど、それにしてはハンソッキュってあんまり今と変わらないなぁ☆

20140308-2.jpg

⇒⇒ 『グリーンフィッシュ』 日本予告篇

グリーンフィッシュ(原題:초록 물고기) 1997年  ☆ヽ(*^ω^*)ノ 
監督:イ・チャンドン
出演:ハン・ソッキュ、ムン・ソングン、シム・ヘジン

軍隊を除隊して汽車で故郷へ向っていたマットン(ハン・ソッキュ)は、偶然ミエ(シム・ヘジン)と出会い、彼女のバラ色スカーフを拾う。都会で仕事を探していたマットンはナイトクラブで歌を歌っていたミエと再会し、彼女はペ・テゴン(ムン・ソングン)を通して彼に働き口を紹介してやる。ミエはペ・テゴンの女。そしてペ・テゴンは暴力団のボスだった。  

 

 

Comment

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 はっぴーるぴなす別館, all rights reserved.

るぴ

Author:るぴ
復習し再考し記録する
モットーは簡潔に
sutakorasassaなとこは相変わらずです


++sutakorasassa++

日本映画 (133)
韓国映画 (452)
香港・中国映画 (5)
アメリカ映画 (24)
フランス映画 (1)
イギリス映画 (1)
インド映画 (2)
アルゼンチン映画 (1)
その他 (3)
INDEX (20)

このブログをリンクに追加する

海にかかる霧 2015.4.24~ TOHOシネマズ
国際市場 2015.5.16~ シネマート新宿
予告犯 2015.6.6~
海街diary 2015.6.13~
グラスホッパー 2015.11.7~
母と暮らせば 2015.12.12~
猫なんかよんでもこない。2016年

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。