映画鑑賞メモ保管場所 mottoは簡潔に
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
私たちは、幸せになるためにいっしょにいるんじゃない

20140505-11.jpg

先ずは余談ですが、かなこ(真木よう子)が働いている奥多摩温泉のもえぎの湯。
旦那が温泉好きなので、夫婦で何回も行くお気に入りの温泉なの。
かなこがサンダルと落とした吊り橋も行ったことあって、
知ってる場所が出てきて驚きました。

大森立嗣監督って「ゲルマニウムの夜」の監督なのね、いつか観たいと思ってる作品です。そして大森南朋の弟さんなんですね、知らなかった。

20140505-22.jpg

幼児殺人事件を取材する記者(大森南朋、鈴木 杏)が事件を追う過程で
隣の家の夫婦が15年前の集団レイプ事件の被害者と加害者であることがわかる。

復讐なのか愛情なのか、、、夫婦同然のように暮す不思議な愛の形は考えさせられるものがありました。
夫を犯人と繋がりがあるかもしれないと警察に密告した後の
ガラス越しの夫婦の日常的な会話(豆腐の賞味期限)は面白かった。

スポーツ選手あがり、という繋がりに意味があるかと思ったけどそうでもなかったですね。
記者の夫婦関係が修復に向かう過程も理由がいまいちだったかな。

痛ましい出来事から人生が変わってしまったかなこは気の毒としか言えないけれど、
全てがうまくいかない八方塞がりな人生は、正直ちょっと気が重くなりました。
何処にも進めるところがなかったのね。
だからと言っても、何があっても許しを得たい加害者の俊介に、究極に甘えているかのように見えたりもして
それも愛情の裏返しなのかな。

でも彼女は自分の人生に決着をつけたね。
最後に、かなこに出会わなかった人生と、レイプ犯としても出会った人生とどちらを選ぶと問われて、夫が答えないまま終わったことが印象的です。
きっと、彼はかなこを探し出すと思うよ。そう思えるラストで良かった。
被害者としてではなく、自分自身の名前で彼と出会ってほしい。

エンドロールで流れる真木よう子の歌が
今までの重苦しさを消してくれるかのような素朴で可愛い声で
「今日はなにかいいことがありそう」と歌っていて
その言葉に救われた気なれてよかったです。



さよなら渓谷  2013年    
監督:大森立嗣
出演:真木よう子、大西信光、大森南朋、鈴木 杏
原作:吉田修一

緑が生い茂る渓谷で幼児の殺害事件が発生し、容疑者として母親が逮捕される。隣の家に住んでいる尾崎俊介(大西信満)がその母親と不倫していたのではないかという疑惑が、俊介の妻かなこ(真木よう子)の証言によって浮かぶ。事件を取材する週刊誌の記者、渡辺(大森南朋)がさらに調査を進めていくうちに、尾崎夫妻をめぐる15年前の衝撃的な秘密にたどり着く。  

 

 

Comment

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 はっぴーるぴなす別館, all rights reserved.

るぴ

Author:るぴ
復習し再考し記録する
モットーは簡潔に
sutakorasassaなとこは相変わらずです


++sutakorasassa++

日本映画 (133)
韓国映画 (452)
香港・中国映画 (5)
アメリカ映画 (24)
フランス映画 (1)
イギリス映画 (1)
インド映画 (2)
アルゼンチン映画 (1)
その他 (3)
INDEX (20)

このブログをリンクに追加する

海にかかる霧 2015.4.24~ TOHOシネマズ
国際市場 2015.5.16~ シネマート新宿
予告犯 2015.6.6~
海街diary 2015.6.13~
グラスホッパー 2015.11.7~
母と暮らせば 2015.12.12~
猫なんかよんでもこない。2016年

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。