映画鑑賞メモ保管場所 mottoは簡潔に
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
分けあえる幸せ

20140528-1.jpg

なんかもー、感動しちゃったんですよね。
人は本来こんなふうに、大らか、で明るくて、強いんだよね。
許容する子供たちの懐の広さ。
笑顔が素晴らしかった。

みんながもってくるお弁当が美味しそうで、日本で見るお弁当風景とは全く違うの。
発想がいろいろで、カレーもある、ビスケットみたいなのもある。
お弁当って美味しさと幸せが詰まってる☆
食べてみたい~♪
後で知ったんだけど、前売り券の特典が3段重ねのスチール製のお弁当箱だったそうな。
ほ、、欲しかった!

豪華な弁当を持ってくる金持の男の子もいれば、スタンリーみたいに両親と暮らしてなくてお弁当が持てない子もいる。
でも子供たちは境遇の違いを素直に受け止めて誰かをいじめたりなんて絶対にしない。
もってこられない子は僕のを食べればいいよ。という精神。

スタンリーがクラスのみんなに愛されてて人気者で可愛かったね。

実はスタンリーの両親は事故で死んでしまっていて、飲食店を営む親戚の家にいて夜遅くまで店で働いていた。しかも、寝るのは厨房。
だからお弁当を持っていきたいとは言えなかった。
日本では考えられない境遇で暮らしているけれど、彼の瞳は何も悲観していない。
未来を真っすぐに見つめてる。
考えちゃうよね、私たちの国の子供たちはどうなんだろうって、、、
でも子供は本来そうなはず、未来は希望のはずだもん。

生徒のお弁当を取り上げる意地悪な先生と、それを阻止しようとする子供たちの駆け引きがコミカルに描かれてて心温まる作品なんだけど、
エンドロールでインドではたくさんの子供が労働を強いられているという実態が語られます。
純粋な綺麗な目をしたあの子たちが、学ぶこと食べること暮すことがきちんと確保されて、安心して大人になれますように。
いろいろと考えさせられる映画でした。

ヴァルマー先生というスタンリーをいじめてた酷い先生は、
実は監督さんでスタンリー役の坊やの実のお父さんなんだって。
なーんだ(笑)



スタンリーのお弁当箱(原題:STANLEY KA DABBA)  2011年  ☆☆☆☆☆
監督:アモール・グプテ
出演:パルソー、ディヴィヤ・ダッタ、ラジェンドラナート・ズーチー

いつも周囲を笑わせているクラスの人気者スタンリー(パルソー)は、家庭の事情によりお弁当が用意されることはなかった。昼食の間は一人で過ごし、水道水で空腹を満たしている彼を見かねたクラスメートたちは、自分のお弁当を少しずつ分けていた。しかし、その様子を見た先生の言葉に傷ついたスタンリーは、学校に行かなくなってしまう。
 

 

 

Comment

 

私にはこれ、初めてのインド映画でした。
子供たちが本当にすばらしかったですよねー。
え??あの憎たらしい先生役の方が
監督でパパだったの!? わー知らなんだ!
もー憎らしくて憎らしくて
後頭部をレンガでガツーんとやってやりたい!!と
思いながら見たのよ(笑)

長女が幼稚園に行っていたころ
インド人のお友達がいて
その子のお母さんが毎日、お弁当の時間に合わせて
あの、ステンレスの何段も重なったインドのお弁当箱を届けに、幼稚園に来るんですよ。それがもう、おいしそうでねぇ。

私もそのお母さんと仲良しになったので
いろんなお料理を食べさせてもらって。
宗教上の理由で肉も魚も卵も使わずに
こんなにおいしいものができるんだ!!って
驚きました。 インドのパン「プリ」や「チャパティ」
も、ステンレスの流し台の作業台でチャチャっと
粉をこねて、すぐ作ってくれて。豆のカレーとか
チーズ・ほうれん草のカレー、おいしかったなぁ
食器がすべてステンレスで、皆同じ形で重なるので
驚くほど収納場所がいらないのもすごい。

と言うわけでインドのお弁当ファンのわたし、
この映画を食いつくように見ました~

あまりにもインドのお弁当に私のアンテナが向いていたのか、
ふとテレビで見た番組で、「インドのお弁当配達」について
学ぶことができました。

お弁当屋さんがお弁当を配達するんじゃないんですよ。

「お母さんや奥さんが作ったお弁当を
昼食の時間に合わせて、ご主人の職場や子どもの学校へ運ぶ」業者。
インドでは、一大産業なんだって!!(驚)
すごいねぇ。

みんな例の、何段重ねのステンレスのお弁当箱です!
業者は惜しげもなく一つ一つのお弁当箱に
「ペンキで!」何やら3文字くらいの、暗号のようなものを書いちゃう。
(デザインとかオシャレとか、そんなの気にしない。笑)
それ見たら、どこのビルの何階のどの部屋に届けるか
ちゃんとわかるんだって!!!
それも、満員電車で乗りきれないから電車のそとに
ぶら下がったりしながら配達するのよ~~(驚)

お母さんや奥さんの手作りのお弁当を、
アツアツでたべてるんだねぇ。 すごいねぇ。

この映画を見ながら、
前にドキュメンタリーで見たインドの山村の女の子(8歳)
のことを思いました。
「私は女だから、学校へはいけないの。」といって
水汲みをしたり一日中働いていた。

学校でお弁当をたべられること、って
学校へ行けること
お弁当を作ってくれる人がいて
お弁当を作る材料が買えて・・

そういうことが全部そろってはじめて
出来ることなんですねぇ。

子供たちの純朴な表情を
どこまでも守ってあげられる人でありたいな。
と強く思った映画でした。

NAME:トベニ | 2014.06.18(水) 21:39 | URL | [Edit]

 

トベニさん☆

手作りのお弁当を熱々で食べる!
すごいなぁ。
お弁当を運ぶ業者が一大産業だなんてビックリだけど
需要があれば仕事になるわけで
食べるということをもっと大事に考える必要があるのかもしれないですよね。
見習いたいです。

ペンキで目印つけちゃうの?
面白いなぁ

話が変わっちゃうんだけど
私ね、最近流行のキャラ弁っていうのが苦手でね。
美味しそうに彩られる弁当は目指してるけど
食べ物でキャラクタを描くことが理解できなくて、
どっちかというと、ペンキで目印しちゃう精神の方が好きです(笑)

くりくりした大きな瞳の子たちが可愛くて
微笑ましくて笑って、心配して、
彼らからいろんなことを教えてもらった映画でした。

そう、監督さんでお父さんなんだって~
だってぇ、ありえない悪代官みたいな先生だった。

あ、スタンリーがお弁当を持ってこられるようになって、
自分のお弁当を先生やみんなにどうぞってしたでしょ。
美味しいものを分け与えられる幸せ。
自分のものだけって思わないココロ。
すごいなーって思いました。

NAME:るぴ | 2014.06.19(木) 00:03 | URL | [Edit]

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 はっぴーるぴなす別館, all rights reserved.

るぴ

Author:るぴ
復習し再考し記録する
モットーは簡潔に
sutakorasassaなとこは相変わらずです


++sutakorasassa++

日本映画 (133)
韓国映画 (452)
香港・中国映画 (5)
アメリカ映画 (24)
フランス映画 (1)
イギリス映画 (1)
インド映画 (2)
アルゼンチン映画 (1)
その他 (3)
INDEX (20)

このブログをリンクに追加する

海にかかる霧 2015.4.24~ TOHOシネマズ
国際市場 2015.5.16~ シネマート新宿
予告犯 2015.6.6~
海街diary 2015.6.13~
グラスホッパー 2015.11.7~
母と暮らせば 2015.12.12~
猫なんかよんでもこない。2016年

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。