映画鑑賞メモ保管場所 mottoは簡潔に
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
達磨よ、遊ぼう!(原題:달마야 놀자) 2001年  ☆☆☆
監督:パク・チョルグァン
出演:パク・シニャン、パク・サンミョン、カン・ソンジン、キム・スロ 
    チョン・ジニョン、イ・ウォンジョン、イ・ムンシク、リュ・スンス、キム・インムン 




「達磨よ、ソウルに行こう!」の前作にあたる映画
2001年の映画なのに全く古さを感じない、今年公開って言われてもわかんない
   そういえば出演者のみなさんが若干若いか~

パク・シニャンが率いるヤクザの面々が
パク・サンミョン、カン・ソンジン、キム・スロ、ホン・ギョンイン 
キム・スロはちょい役なのにむっちゃインパクトある脇役が多いけど
今回はまとも(な風貌)で普通だったしちょい役でもないかった(笑)

迎えうつチョン・ジニョンが率いるお坊さんの面々が
イ・ウォンジョン、イ・ムンシク、リュ・スンス

もーもーこの俳優陣を見るだけでこの映画楽しそうって思う

チョン・ジニョンは「楽しき人生」と「達磨よ、ソウルに行こう!」を見てすっかりファンになっちゃいました
もうすぐ公開されるグンソク君と共演の「梨泰院殺人事件」も楽しみだわ☆



「達磨よ、ソウルに行こう!」を先に観たので、(フラフープとか)いつ対決が始まるのか
って思っちゃったけど、そういう映画じゃないのね(笑)
続編の方がはっちゃけててコメディ映画としては笑えて楽しかったけど
逆にこちらの方はストーリがしっかりとある作品になってました

ヤクザやお坊さん、登場人物がたくさんいて
それぞれのキャラクタもしっかりわかって、それぞれのエピソードも描かれてるのに
違和感なくストーリが進むのが気持ちいい

途中、ヤクザたちが大真面目に作戦会議を開いて
お坊さんたちを「只者じゃない」って分析するんだけど
本当に只者じゃなかったのね、ワケありな人たちなのかしらん(笑)
お坊さん達の格闘シーンはなかなか迫力でした



「底の割れた甕に水を満たせ」の住職のとんちは
自慢じゃないけど私はすぐのピンときました(←自慢か、笑)

住職が味方になるはず、といって簡単に答えてしまったお坊さんチームと
ガムシャラにチームワークで頑張った意外と真面目なヤクザさんチーム
この映画は「信頼」がテーマかしらね
いつでも「パンモゴ?」て言ってる気がする住職(キム・インムン)のラストは驚きました



暴力団の主導権争いで激しい抗争をしていたジェギュ(パク・シニャン)たちだったが敵の圧倒的な襲撃を受けて退却し山奥の小さなお寺に身を潜めることにした。組織の連絡も途絶えてしまったジェギュたち居場所となったその山寺には慈悲と真理を修行中の僧侶(チョン・ジニョン)たちが住んでいた。静寂だった山寺は不意に訪れたジェギュたちのために騒然となる。  

 

 

Comment

 

僧侶もヤクザモ同じ、基本は一緒?

この映画は「パリの恋人」観終わった時、
「パク・シニャンっていいわぁ~」と思って、
DVD借りて観ました。


山奥で暮らしていてもそれほど隠棲的でもなく、
淡々と暮らしていた修行僧と、
世俗のドロドロを抱えたヤクザが、
自分の立場を優位にするため花札したり、
武道対決したり・・・・。
お互い進むべき方向が違っても、
同じ人間なんだってところがいい。
戦ってゆくうちに、お互いを認め合ったりして。
ラストも納得できたし、面白かった。

日本でもお寺・僧侶物といえば、「雁の寺」
「金閣寺」と原作同様ヘビーですが、
好きなのは原作が漫画の「ファンシーダス」
(古くてすみません)でした。

でも、私の浅い韓国知識では、現代韓国の
お寺・仏教がいま一つ把握できません。
「達磨よ、ソウルに行こう!」も観た方が
いいでしょうか?




NAME:tarujo | 2011.04.05(火) 13:40 | URL | [Edit]

 

tarujoさん☆

私も詳しくはないんですけど
韓国ってキリスト教のイメージもあるけど、仏教の方がはるかに多いらしいです

そそっ、僧侶とヤクザの対決っていうのが面白いですよね
でも宗教知識がなくても全然楽しめる映画よね
私は「達磨よ、ソウルに行こう!」を先に観たの
パクシニャンがゲストでワンシーンだけ出演してたけど
特に繋がりはなかったので、それぞれ単体で楽しめると思います
どっちかというと「達磨よ、ソウルに行こう!」のほうが好きです
だってお坊さんたちが可愛いんだもん~☆

このシリーズはともかく出演しているオッサン俳優(笑)さんたちが宝物(#^.^#)
観てるだけで楽しいです~♪

NAME:ルピナス | 2011.04.05(火) 17:32 | URL | [Edit]

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 はっぴーるぴなす別館, all rights reserved.

るぴ

Author:るぴ
復習し再考し記録する
モットーは簡潔に
sutakorasassaなとこは相変わらずです


++sutakorasassa++

日本映画 (133)
韓国映画 (452)
香港・中国映画 (5)
アメリカ映画 (24)
フランス映画 (1)
イギリス映画 (1)
インド映画 (2)
アルゼンチン映画 (1)
その他 (3)
INDEX (20)

このブログをリンクに追加する

海にかかる霧 2015.4.24~ TOHOシネマズ
国際市場 2015.5.16~ シネマート新宿
予告犯 2015.6.6~
海街diary 2015.6.13~
グラスホッパー 2015.11.7~
母と暮らせば 2015.12.12~
猫なんかよんでもこない。2016年

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。