映画鑑賞メモ保管場所 mottoは簡潔に
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
シュロの木の森(愛の傷)(原題:종려나무 숲)  2005年  
監督:ユ・サンウク 
出演:キム・ミンジョン、キム・ユミ、チョ・ウンスク 



邦題は「愛の傷」
シュロの木の森じゃぁいけない事情があったんでしょうかね、謎(邦題酷すぎ)

仕事で巨済島に滞在していたインソは今はソウルにいて前日にお見合いをして強引に会いに来たソンジュに巨済島で出会ったファヨンの話をする
その話のなかでファヨンの祖母ポンエが丘いっぱいにシュロの木を植えた理由を話してきかせる
現在と2年前と30年前の3つの話が同時進行する手法が面白い
特に30年前に祖母ポンエが嫁に来て、2つ年下のファヨンの母と親子になった話が一番面白くて、日本昔ばなし、じゃなくて韓国昔ばなしの世界に入ったみたいな感覚でした

自分の意思を通すことができなかった女はずっと我慢して待つだけの存在で、そんな存在だったことの象徴をシュロの木に例えたんでしょうね
母と祖母はシュロの木に希望を託して生きてきたけれど、ファヨンが二人の人生を見届けたあとはシュロの木を消し去って自分の人生を生き直した話でしょ

どこかでこの映画を純愛ものみたいな説明してたところがあったし
ましてや邦題を「愛の傷」だなんて、なーーんか違うと思うんですけどね



これ2005年に公開された映画なんですね
2000年以前のものかと思った(笑)
エンターテイメントな映画の中では埋もれてしまいそうな映画
主役も地味(ファンの方ゴメンネ)だしな~



エリート弁護士のインソ(キム・ミンジョン)は仕事で訪れた巨済島(コジェド)の造船所でファヨン(キム・ユミ)に出会う。ファヨンは寝たきりの母と母を看病する祖母ポンエ(チョ・ウンスク)と暮らしていた。彼女の純粋さと内に秘めた激しさに急速に惹かていったインソは、ある日酒に酔ったファヨンを丘の上の彼女の家まで送り届ける、そして祖母からシュロの木の話を聞く。  

 

 

Comment

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 はっぴーるぴなす別館, all rights reserved.

るぴ

Author:るぴ
復習し再考し記録する
モットーは簡潔に
sutakorasassaなとこは相変わらずです


++sutakorasassa++

日本映画 (133)
韓国映画 (452)
香港・中国映画 (5)
アメリカ映画 (24)
フランス映画 (1)
イギリス映画 (1)
インド映画 (2)
アルゼンチン映画 (1)
その他 (3)
INDEX (20)

このブログをリンクに追加する

海にかかる霧 2015.4.24~ TOHOシネマズ
国際市場 2015.5.16~ シネマート新宿
予告犯 2015.6.6~
海街diary 2015.6.13~
グラスホッパー 2015.11.7~
母と暮らせば 2015.12.12~
猫なんかよんでもこない。2016年

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。